丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

室町・戦国期に頻発した「一揆」はナゼ起きたのか?

一揆のイメージ画像
「一揆」という用語は本来 "一致協力" を意味する。しかし、戦国史においては室町中期以降、支配者に抵抗するために結集した百姓らの組織や、彼らが起こす反乱を指す。ここでは一揆勃発の背景とともにその概要・歴史・各事例などをみていきたい。

惣村と一揆

室町中期以降、幾内を中心に頻発したという一揆だが、それは何故だろうか?

当時の室町幕府は、権威が失墜して無秩序になり、民衆たちは自分の土地は自分で守ろうと武器をとった。というのも惣村(そうそん)」と呼ばれる自治組織が形成され、団体行動がしやすかったからである。

室町時代、農業技術の発達によって農業生産力が向上。乱世から村を守るため、惣村は独自の規約「惣掟」を定めて農民の生活を規制し、農業を進めるために用水や入会地の管理、行事などの重要事項は寄合(=いわゆる話し合い)で決めた。
この惣村は近畿を中心にして見られるようになり、日本各地に次々に生まれて農民たちは自身の力を強めていった。その一方、荘園領主はその力が次第に弱体化していき、惣村は領主たちに対してしばしば抵抗するべく立ち上がるようになったのである。

なお、一揆には様々な形態があり、主に土一揆・国一揆(国人一揆)・一向一揆・百姓一揆などに分類できる。時系列でみると、最初は国人一揆や土一揆が多く登場し、やがて戦国期に突入すると一向一揆も発生、最後は江戸時代に入って百姓一揆となる。

それでは次の項において、各一揆の意味合いや事例をあげていくことにしよう。

土一揆

土一揆は室町時代中期から後期にかけて発生した民衆の政治的要求活動を指す。つまり、民衆の一揆の目的は、権力者たちに抵抗することではなく、自分たちのやりたいことを通すことである。
徳政一揆はこの土一揆に分類され、徳政令(=朝廷や幕府などが土倉などの債権者・金融業者に対し、負債の帳消しを命じた法令)の要求を目的とした。

土一揆の代表的なものに、正長の土一揆や嘉吉の徳政一揆などがある。

正長の土一揆は正長元年(1429年)に勃発、農民がはじめて起こした一揆とされている。当時、4代将軍足利義持の死去によって政局が不安定となり、同時にともに飢饉と流行病が広まっていた頃、大津の馬借が徳政令を求めて一揆を起こした。これが京都にも波及していって近畿一円にも広まると、室町幕府は徳政令を出さずに制圧に乗り出したため、さらに一揆勢が激化して高利貸しをどんどん襲って借金の証文を奪う事態となった。結果的に幕府からの徳政令は出されなかったが、借金の証文破棄により、徳政令と同様の法的効果を持つに至った。

一方、嘉吉の徳政一揆は徳政令を求めて嘉吉元年(1441年)に農民が蜂起したもの。数万人にものぼる農民が参加して京都が包囲され、京都の中に食糧が運ばれることがなくなって室町幕府は徳政令を出さざるを得なかった。

国一揆(国人一揆)

国一揆は南北朝から室町時代にかけ、国人(国衆)が領主権を確保するために結成された地域的連合組織を指し、国人一揆ともいわれる。

具体的な例として山城国一揆・伊賀惣国一揆・安芸国人一揆などがある。

山城国一揆は文明17年(1485年)に山城国の南部で勃発。当時、応仁の乱が終結してからも各地で小競り合いが続いており、山城国の南山城も例外ではなく、畠山政長と畠山義就が合戦を続けていた。こうした状況から地元の名主とも言うべき国人が農民とともに集会を開き、両軍を撤退させて自分たちで国を支配することを決定し、それらを掟法として定めた。
この組織は惣国(そうごく)と呼ばれ、彼らは両軍を撤退させることに成功している。以後の山城国は守護不在のまま8年間、「三十六人衆」という国人らが南山城を支配したのである。

伊賀惣国一揆は伊賀国の国人や小領主が団結した一揆であり、織田信長の時代に成立したとみられる。ただし、天正9年(1581年)に信長の伊賀攻めで敗北・解体となった。

安芸国人一揆は毛利元就が加わったことでよく知られている安芸国の国衆の集合体である。

なお、山城国一揆や伊賀惣国一揆と、安芸国人一揆では性質が異なるという見方もある。
前者2つの目的はあくまで外部勢力の侵攻を阻止することであり、国衆・土豪・有力農民による連合戦線であった。一方、後者は外部勢力の阻止だけではなく、内部の支配も目的にした。わかりやすくいうと、力をつけてきた農民に対し、国人たちが自領内の農民を支配するために国人一揆を組織したということである。

一向一揆

一向一揆はその字のとおり、一向宗門徒(=浄土真宗本願寺教団の信徒)による一揆を指す。戦国期に入ってから宗教組織による一揆が頻発するが、その代表的なものが一向一揆である。

室町時代、応仁の乱以前は低迷していた一向宗だが、本願寺八世の蓮如が北陸地方に活動の場を求めて盛んになり、越前国や加賀国に多くの信者が誕生。やがて各地で一向宗の教団組織が強化されていき、彼らは守護大名や戦国大名の領国支配と対立した。 もっとも有名なのは、織田信長と本願寺顕如が10年にもわたってを各地で繰り広げた石山合戦であろう。

いくつかの代表例を時系列であげていくと、長享2年(1488年)から100年近く続いた加賀一向一揆、徳川家康を苦しめた永禄6-7年(1563-64年)三河一向一揆、石山合戦の一つとしても知られる元亀元年-天正2年(1570-74年)の伊勢長島一向一揆天正2-3年(1574-75年)越前一向一揆などがある。これらの事例の詳細は各リンク先をたどってみてほしい。

まとめ

これまで述べたように、室町から戦国期にかけては様々な一揆が多く発生したが、乱世が終わり、徳川幕府の世になっても一揆の流れは続いた。幕藩体制下の領主への反抗として百姓らが起こした百姓一揆は、江戸時代を通じて約3000件も確認されている。


 PAGE TOP