丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

信長時代、急速に広まった戦国期の貨幣経済とは?

日本史を紐解いてみると、今では当然のものになっている貨幣が、その存在感を確立したのは江戸時代であることが判っている。貨幣制度を改革し、その立ち位置を固めるために、かの織田信長が大きく関わっているそうだ。日本統一を目前まで成し遂げた偉人が、どのようにして貨幣の存在価値を高め、日本経済に影響を及ぼしたか見ていくことにしよう。

貨幣の登場と黎明期

そもそも日本で貨幣が登場したのはいつのことだったかを、最初に見ておこう。 史料に残っている限りでは、弥生時代には既に石や貝殻ではなく金属の硬貨が用いられていたようだ。これは当時、文明が発達していた中国からもたらされていたものである。日本は慢性的に金属貨幣の原料が不足しており、古代は鋳造技術も不足していたために、弥生時代から輸入に頼る傾向が強かったのだ。

この流れは平安時代の日宋貿易で加速することになった。日宋貿易は平清盛が博多に港を建設するなどして盛りたて、それに伴って宋銭と呼ばれる中国産の通貨を大量に輸入することになっていく。宋銭は輸入されるとそのまま、日本の貨幣として通用していた。 これは経済的に見てると、日本国内でせっかく経済発展があっても、貨幣を確保するためには中国からの輸入が必要となる構図である。輸入する分、利益が中国に流れることになって差損が生じ、我が国からすると望ましい形ではない。更に貨幣の入手先が国外に限られているわけだから、もしも輸入が止まれば混乱に陥りかねない状況である。この危機的とも言える状況を前に、改善が進むのはかなり後のことだ。

徐々に下落する貨幣の信頼性

鎌倉時代になっても貨幣の輸入は続いていたが、中国の方は宋の時代が終わり、明の時代へと変化していった。この明の時代には「永楽通宝」と言う金属貨幣が日本にもたらされている。ちなみに日本で江戸時代に流通していたのは「寛永通寳」なので、混同に注意しよう。

「永楽通宝」がかなり大量に輸入されたいた鎌倉時代には日本経済の成長も著しく、これだけでは貨幣が不足するようになっていた。併せて、米や織物などの現物ではなく、銅銭を使って納税する風潮が広まったことも貨幣不足の一因とされる。
貨幣不足は厄介な問題だった。国内でも鋳造が試みられたものの、一向に改善の兆しは見えず、やがて「びた銭」と呼ばれる粗悪な貨幣が出回るようになっていく。悪貨は良貨を駆逐するとの言葉があるわけだが、この「びた銭」が蔓延すれば貨幣の信頼は失われ、経済は混乱に陥りかねない状況にあったわけだ。後醍醐天皇は紙幣を発行することで、硬貨不足を補う計画を考えついた。しかし、実行に移す前に政権が転覆したために、水泡に帰してしまう。

鎌倉時代から室町時代にかけては、貨幣に対する需要の高まりを受けて、土倉や酒屋と呼ばれる金融業も繁栄を極めていた。土倉などは暴利を貪って肥大化し、室町幕府に対抗しうるほどの資産を得たほどであったとされている。

やはり訪れた危機と国内製造の勃興

これまで見てきたように、貨幣に対する需要は過熱気味だったわけだが、日本が戦国時代に入ると大問題が生じることになる。明が行った海禁政策のために、日本に入ってくる銅貨が著しく減少したのだ。

併せて先述の「びた銭」を巡る問題も深刻化しており、日本の貨幣制度は窮地に立たされることになった。「びた銭」の問題はもはや看過ならない状況にあり、大内氏や室町幕府に加えて織田信長らの諸大名らもこぞって、撰銭令を出している。しかし「びた銭」を禁じても、貨幣の絶対量が増えるわけではない。しかも当時は戦国時代であり、軍備のための支出も諸大名にとって大きな課題であった。このために日本国内で、いよいよ独自に金属貨幣を製造する機運が高まることになる。

これを受けて金山銀山の開発が進むことになったのだが、ここで登場するのが今日でも有名な石見銀山や佐渡金山だ。これらは現在では廃れてはいるものの、後の江戸幕府の財政をも支えて来た財源である。また、この時に金銀の鉱脈が確保できていなければ、さすがの豊臣秀吉も金閣寺建立は不可能だったかも知れない。それくらい、日本経済史にとって大きな転換期であったと考えられるだろう。

信長による貨幣改革について

先述の撰銭令では、織田信長の存在が際立っている。信長は撰銭令によって強引に「びた銭」を廃止するのではなく、きちんと交換レートを定めることで貨幣の信用・価値の低下を防いだ。関所廃止の際には比叡山を焼いてしまった男ではあるが、必要に応じて柔軟な措置も取ることが出来る、クレバーな一面も併せ持っていたようだ。

信長は大胆不敵で、かなりアグレッシブな行動が目を引く人物ではある。しかし、経済政策ではうってかわり、堅実で実務的な能力を発揮していた。米の量を均一に測る公定枡の導入や検地の実施は、後の豊臣秀吉が政権運用の際に引き継いだ政策でもある。目立たない面ではあるが、信長の功績はこのような部分でも、後世に大きな影響を与えていると言えるだろう。

貨幣の方は、天下統一を引き継いだ豊臣秀吉が「天正大判」を発行するも、流通は広がらなかった。貨幣が日本国内に行き渡り、正式な通貨としての側面を持ち始めるのは、徳川家が率いる江戸幕府の時代に「寛永通宝」が発行されてからのことである。

歴史から学ぶお金の大切さ

今の日本はブレトン・ウッズ体制の崩壊を受け、変動相場制の管理通貨制度に移行している。この記事では弥生時代から続いてきた、日本の貨幣の歴史を概観してきたが、こうやって見てみると、人々の暮らしとお金の関係は変化しつつも、国家と言う集団で大切な役割を果たしてきたと考えられるだろう。歴史を振り返ることで気づくことは意外と多いものである。他の記事にも面白い発見が詰まっているので、是非、目を通してみてほしい。


 PAGE TOP