あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

家臣団の職責

譜代と外様

譜代(ふだい)は代々にわたって主君である戦国大名に仕えた家臣をさします。 武家社会において譜代の家臣は信用、重用されました。
それに対し、外様(とざま)は、主君と緩い主従関係を持った家臣をさします。

家老

家老(かろう)は重臣らの中で主にトップクラスに位置する役職をさし、一族や重臣の中でも家格が高く、優秀な人材が家老に任命。複数人いて合議によって政治・経済を補佐・運営しました。
戦時は部隊のリーダーとして軍勢の指揮をまかされ、平時には領国経営や外交などの内政面でも手腕をふるいました。

大名家や時期によって呼称や職権は異なり、織田氏や伊達氏では宿老(しゅくろう)、大友氏では年寄(としより、おとな)、その他、執事(しつじ)家宰(かさい)などと称されました。
老や年寄などの字は年齢をさすものではなく、身分の高さを意味しました。

家宰は室町時代の武家に多く見られた一家あるいは一門内の職責の一種で、関東管領の上杉家では家臣の中で最も重要な職務を家宰と称しました。

※家老となった主な人物

  • 織田氏:林秀貞・平手政秀・羽柴秀吉・柴田勝家・丹羽長秀・池田恒興など
  • 徳川氏:酒井忠次・石川数正など
  • 上杉氏:直江兼続など
  • 北条氏:大道寺政繁、遠山綱景、松田憲秀など
  • 毛利氏:吉川元春、小早川隆景、福原貞俊、日羽通良など

守役

守役(もりやく)は通常、武家の子孫の誕生とともにその養育係、側近となる家臣をさします。

※守役となった主な人物

  • 平手政秀:織田信長の守役
  • 平岩親吉(ひらいわ ちかよし):松平信康の守役:
  • 飯富虎昌(おぶ とらまさ):武田義信の守役
  • 国司元武(くにし もとたけ):毛利輝元の守役
  • 前田利長:豊臣秀頼の守役:


 PAGE TOP