丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「刀狩令」秀吉、天下を目前にして農民の武装解除を徹底する!
──天正16年(1588年)

刀狩りというのは、農民から刀を取り上げて一揆を防ぐことを目的とした政策である。歴史書を紐解けば、鎌倉から明治時代にかけて、さまざまな大名や権力者たちが、刀狩りやそれに準じたことを行ってきた事実が記されている。中でも特に有名なのは、水攻めで有名な第二次太田城の戦いなど、天才的な戦略で国の頂点に立った天下人「豊臣秀吉」が行った刀狩りであろう。
本稿では秀吉の刀狩りについて記す。

秀吉の「刀狩り」とは?

豊臣秀吉の天下が目前となっていた天正16年(1588年)、秀吉はあらゆる農民や僧侶などから、刀、槍、弓、鉄砲、鎧など、武具の類を取り上げた。「武器を持つな」「没収した武器は大仏の釘や鎹(かすがい)に使う」「百姓の幸せとは耕作に励むこと」の三か条を元に発せられたこの政策こそが、世に言う秀吉の「刀狩り」である。

実際の目的は、全ての農民から武器を奪い武士にのみ武装させることで、農民たちの一揆を防ぎ天下統一の時期を遅らせないことが背景にあったといい、この日本中の農民から武器を取り上げるという政策は、後に言う武士の子どもは武士に、農民の子どもは農民になるという近世封建体制の礎となったとも言われている。

戦国時代も終盤とはいえ、自分たちの身は自分たちで守るという意識が農民にも根強かったこの時代に、護身の武器を奪うこの政策は、武装することに慣れてしまっていた多くの農民を不安がらせたに違いない。だが、秀吉が行った刀狩りには一揆を防ぐよりもさらに重要な目的があったのだ。

兵農分離で国力を高める

兵農分離という言葉を聞いたことはあるだろうか。兵農分離とは兵士と農民、それぞれの役割をはっきり分類させることで、身分の区別を明確にすることを目的とした政策である。

これは武士と農民の役割が明確に分かれていなかった戦国時代から大きな変化をもたらす。戦国時代の武士は自らも畑や田んぼを持っている者が多く、戦中でも刈り入れ時などには農業のために地元に戻らねばならないというケースも少なくなかった。刀狩りによる兵農分離は、農民と武士の役割をはっきりと明確に分けられたことから、武士は武術で国を守る、農民は農業に専念するという兵農分離という新たなる暮らしのカタチを確立した、新時代の政策であったと言える。

治安面では農民による一揆を防ぎ、同時に国力の土台である農業の土台をしっかりと固める。このことを考えれば、度重なる戦で日本中の人々が身も心もボロボロになっていたこの時期に、天下人秀吉が最初に取り組んだ政策が刀狩りであったのは不思議ではないだろう。事実、農民から全ての武器を取り上げる刀狩りも、始めの頃こそ反発があったものの、天正18年(1590年)に秀吉が奥州仕置により天下統一を果たした後には、多くの農民から支持されることになる。一度合戦となれば、農業が忙しくても家族が病気でも戦場に駆り出されていた生活を考えると、この政策は合戦という恐怖と怯えからの解放を農民らにもたらしたといえるだろう。

その後の影響

やがて秀吉が没し、徳川の世が始まっても、刀狩りがもたらした兵農分離という思想は消えることはなかった。武士は武士の仕事を、商人は商人の仕事を、農民は農民の仕事を全ての人間が例外なく行う。兵農分離が徳川幕府250年の大平の歴史を築く礎となったことは間違いないだろう。

同時にこの時代、身分階級の格差はさらに進み、それは日本史に稀に見る強力な封建制度を生み出すこととなる。農民たちは発言権を失い、武士や大名たちが街中を闊歩する時代が長年続いたのである。
生まれた家で人生が決まりそれは絶対に覆せない。そんな時代が流れる中、秀吉が刀狩りに託した「国を豊かにする」という当初の目的は、次第に色褪せていくこととなる。その後、明治時代に行われた帯刀禁止令(通称、廃刀令)は、かつて秀吉が行った民の力により国力を豊かにすることを目的とした刀狩りとは趣を異にする、対外国を意識した近代国家を目指すための規制であった。この廃刀令が発令された後、明治時代の終わりと共に封建制度は崩壊し、同時に武具を携帯する習慣も日本からは消滅することとなる。国力を高めるために弱き者たちから武器を取り上げた刀狩りは、最終的に全ての日本人から武器を奪い、代わりに平和を願う心を与えることで、その役割を果たしたのかもしれない。


 PAGE TOP