あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

【名場面】黒田官兵衛と関白・豊臣秀次との対話

秀吉が聚楽第に後陽成天皇の行幸を迎えたとき(1588年)、豊臣政権の家臣内の序列は徳川家康(大納言)、織田信雄(内大臣)、豊臣秀長(権大納言)、秀次の順であり、秀次は4番目に位置していた。
その後、秀吉が小田原征伐(1590年)で北条を滅ぼし、信長の成し得なかった天下を統一すると、恩賞に不満をもった織田信雄は改易された。さらに、その翌年には秀吉の実弟で政権の要であった豊臣秀長が死没し、秀吉の嫡男・鶴松も同年に早世した。

こうした背景から秀次は秀吉の後継者に一躍浮上し、官位は一気に上昇させられて関白職をも引き継いだのである。

これはそんな二代目関白・豊臣秀次と黒田官兵衛が対話したときの話である。

▼主な登場人物

  • 黒田官兵衛アイコン

    黒田官兵衛

  • 豊臣秀次アイコン

    豊臣秀次


-- 文禄元-4年(1592-95年)頃 --

秀次

官兵衛。今川義元公の教訓をみたか?とても面白いものだぞ!

豊臣秀次アイコン
黒田官兵衛アイコン

官兵衛

まだ一見しておりませぬが、それは君には必要のないことでございます。今川を真似ようとなさるより、太閤殿下を真似なさるべきではござりませぬか?

秀次

そうは言っても太閤殿下のようにはなかなかできるものではない。だから今川などを真似てみたいのだ。

豊臣秀次アイコン
黒田官兵衛アイコン

官兵衛

それはやせ我慢(=卑下すること)と申しましてよくない事でござりますぞ!
殿下にも勝ろうと思うべきことに存じまする。

秀次

では聞くが、そなたは自分でどの程度の器量をもっていると思っているのだ?

豊臣秀次アイコン
黒田官兵衛アイコン

官兵衛

・・・中ぐらいに思いまする。

秀次

中ぐらいとは?そのわけを言うてみよ。

豊臣秀次アイコン
黒田官兵衛アイコン

官兵衛

それがしが上でしたら太閤殿下に仕え、そして天下を取ります。
また、下ではありませぬから、いまはこうして国を取って国持ち大名になっておるのです。

と答えたという。


あわせて読みたい
黒田官兵衛
豊臣秀吉トップ / 登場人物伝
【超入門】5分でわかる今川義元
今川義元トップ / 入門
黒田官兵衛の名言・逸話まとめ
豊臣秀吉トップ / その他の記事
黒田官兵衛の家紋
豊臣秀吉トップ / その他の記事
5分でわかる豊臣秀吉の生涯
豊臣秀吉トップ / 入門
豊臣秀次
豊臣秀吉トップ / 登場人物伝

 PAGE TOP