丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「中国大返し」明智討伐に向けた秀吉軍団の大・大・大行軍!!
──天正10年6月(1582年)

秀吉が主君・織田信長の死を知り、弔い合戦のために本能寺へ急行したという「中国大返し」。本記事ではその全貌に迫る。

中国大返しとは?

天正10年6月2日(1582年)の朝、羽柴秀吉の主君である織田信長が本能寺の変によって明智光秀に討たれた。──

当時、秀吉は備中で毛利方の高松城を包囲していたが、信長の死を知ってすぐに明智討伐、すなわち全軍を京都へ向かわせるのだが、この秀吉軍団による京都への大行軍のことを「中国大返し」、または「備中大返し」と呼んでいる。

現在の岡山県岡山市の備中高松城から、京都府乙訓郡の山城国山崎までは235キロメートルもある。今のように便利な交通手段も無い戦国時代にも関わらず、秀吉たちは本能寺の変が起きてからおよそ10日しか経過していないという異例の早さで山崎まで到着することができたのだった。

秀吉が信長が亡くなったという知らせを聞いたのは、6月3日の夜から4日未明にかけてだと言われている。しかし、秀吉が出発した日がいつなのかはハッキリとはわかっていない。仮に最も有力だとされている6日に出発していたとしたら、13日には山崎に着いていたので約8日間で移動したというわけだ。したがって、毎日およそ25キロメートルの道のりを移動していたことになる。指揮官たちは馬に乗っていたにしても、兵卒は歩きだったと思われるから、疲労も相当なものだっただろう。

中国大返しのスケジュール

では、具体的にどんな風にして移動をしたのか。

まず、6日に高松城からスタートし、沼城まで約22キロメートルの道のりを経て到着。7日におよそ80キロメートルの道のりを高松城から姫路城まで移動したという文献が残されている。
これは、おそらく毛利軍がいつ追いかけてくるか分からない状況だったので、秀吉としては一刻も早く姫路城に到着しておきたかったのではないかと推測されている。さらに、姫路城に到着しておけば、全員がゆっくりと休息することもできると考え、多少無理をしてでも姫路城に向かったのだろうと言われている。

しかし、秀吉としてはそれだけの理由で移動を急いでいたわけではない。様々な武将たちに織田信長の敵討ちを行うことを書状を用いて知らせることによって、味方につけるという狙いがあった。そのため、一刻も早く書状を送る時間を作れるよう姫路城に早めに到着しておきたかったというわけだ。

そして、9日には約35キロメールほど移動して明石に到着する。明石に到着してからは、毎日の移動距離が30キロメートル以下になる。これは、光秀の味方となっている兵士たちからの攻撃を警戒しながら進むと同時に、秀吉たちが織田信長の弔い合戦に向かっていることを周りに広く知らせるためでもあったようだ。加えて、池田恒興を始めとして中川清秀、高山重友たちの摂津の諸将、織田信長の一族の織田信孝、丹波長秀たちと合流をしたかったと考えられている。

翌10日は明石から兵庫に向けて約18キロメートル移動し、11日には兵庫から尼崎へ約26キロメートル移動している。 続く12日には尼崎から富田へと約23キロメートルほど移動した。
このとき秀吉は、信長の敵討ちに向かっている自分たちのことを知らせながら移動していただけでなく、先遣隊も先発させていたようだ。何故なら、秀吉たちが12日に富田に到着した時、既に光秀たちの勝竜寺城に襲撃をしている部隊がいたからである。これは、光秀たちのもとに秀吉軍が到着したことをスピーディーに知らせ、味方を集めるためだったと考えられる。また、光秀たちを慌てさせる狙いもあっただろう。

山崎の戦いでの勝利は中国大返しにあり!

その後、13日の昼には富田から約6キロメートル移動し、山崎へ到着。梅雨の時期だったことから、この日は雨が降っていたと言われている。秀吉が山崎に到着したときには、秀吉が敵討ちをすると知らせながら移動したことが良い結果につながり、摂津の諸将らをはじめ、諸勢力が秀吉軍に合流。秀吉の出発当初、軍勢は2万人だったといわれているが、200キロメートル以上もの道のりを超えて山崎まで到着したときには、4万もの軍勢となっていたのだから、中国大返しはまさに大成功であった。
スピーディーな移動と無傷で山崎へ移動していることをアピールするという情報操作も巧みだった。 この日、明智軍と戦った山崎の戦いで秀吉が勝利したことは周知のとおりであろう。秀吉は時間や諸将らを上手く味方につけたことが功を奏し、勝利を収めることができたのだろう。

この戦いが終わった後、25日には秀吉は美濃・尾張に織田信孝と一緒に入り、光秀軍の残党を一掃したとされる。主君だった信長の敵討ちのために指揮を執り、見事に光秀軍に勝利した秀吉。その後まもなく行なわれた清須会議では、中国大返しと明智討伐の実績が認められ、秀吉の発言力が強く、織田家臣筆頭の柴田勝家をも凌ぐ所領を手に入れることになったのだ。

中国大返しが秀吉の天下統一を現実のものにさせたと言っても過言ではないだろう。


 PAGE TOP