あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

加藤清正の名言・逸話まとめ

逸話・人物像

福島正則・石田三成との仲

福島正則とともに豊臣氏配下の最有力の武将の一人で、正則とは親しかったとされている。石田三成とは豊臣政権下での朝鮮出兵をきっかけに文治派、武断派が形成されるにつれ、関係が悪化していった。

一番槍の功を譲る

天正11年(1583年)、秀吉が滝川一益を攻めたときのこと。
秀吉家臣らは競って城へよじ登ったが、これに城兵の近江新七という者が鉄砲で応戦してきた。これに木村三十郎が槍をあげて新七を突き刺そうとしたとき、清正がかたわらから出てきて新七の肩を先に刺したものの、これに三十郎はひどく怒り、新七の腹を貫いて新七を倒した。
清正は「拙者が先に刺したが、倒したのは貴殿だ」と言って一番槍の功を取らなかった。このことに秀吉は清正を誉めたたえ、2人に恩賞があったという(『名将言行録』)。

肥後国を望んだときのこと

豊臣政権下で佐々成政が肥後国の失政によって死罪を命じられ、一方で讃岐国の尾藤知定が追放となったときのことである。
これにより、当時わずか三千石の知行であった清正は知定の武器をもらって讃岐国を領すか、肥後国の約半分にあたる25万石を領すかを秀吉から問われた。
このとき清正はのちの朝鮮出兵の先鋒になることを望み、肥後国の拝領を願い出た。これに諸将らは「身の程知らずの高望みだ」と評したが、秀吉は「あの佐々成政ですら収めきれなかった肥後国を望むとは見どころのある奴だ!」と言ったという(『名将言行録』)。

朝鮮出兵の逸話

  • 清正は朝鮮出兵の地で「鬼上官」と呼ばれ、大いに恐れられたといい、「鬼上官が来た!」と言えば敵は戦わずに逃げるようになったという。朝鮮では今日に至るまで子供が泣いているときに「鬼上官が来る」というと泣きやんでしまうとか。。(『名将言行録』)
  • 虎退治:朝鮮出兵中のある夜に虎が現れて小姓がかみ殺されてしまった。清正は翌日に虎狩りを行なうと、一匹の虎が清正に向かって近づいてきた。兵たちが鉄砲を構えて撃とうとしていたが、清正はこれを制止し続け、ついには口を開けて飛びかかってきたところを、自ら喉に鉄砲を撃ち込んで倒したという。
  • 小西行長との仲:小西行長とは朝鮮出兵の際に先鋒をめぐって争ったことや互いの領地が隣り合わせであったため、常に境界線をめぐって争ったといい、仲が悪かった。
    秀吉死後、朝鮮に渡海していた諸将が帰国する中で、行長だけは帰れなかった。清正は諸将を励まして行長を迎えるように尽力したという。
    これに行長は感泣して「全くこのようなご好意にあずかるとは思ってもいなかった。貴殿の義に厚きこと、ここまでとは思わなかった。何卒これまでの恨みをお忘れ下され。」と言うと、清正は笑って「貴殿のためではなく、我が国のためにしたことだ。貴殿は石田三成と"ウマ"が合うお方であり、拙者とは到底仲よくなることはない。」と言ったという(『名将言行録』)。
  • 遺言は不要:朝鮮から諸武将らが連判の書を秀吉に提出したとき、清正の花押(=署名の代わりに使用される記号・符号)の画数が多かったため、福島正則が嘲笑って「重篤になって遺言状を書く時にそれでは難しかろう」と言うと、清正は「戦場に屍を晒したとしても、蒲団の上で死のうとは思っていない。だからそもそも遺言状を書くこともない」と答え、これに正則は言葉を失ったという。
  • 朝鮮出兵の際、清正はもち米や水あめ・砂糖などを原料とした長生飴というものを非常食として常備していた。それが元で長生飴は朝鮮飴と名を変え、今では熊本の銘菓となっている。また、セロリを日本に持ち込んだといい、セロリの異名の一つが「清正人参」という。

地震加藤

慶長元年(1596年)に伏見大地震が起き、秀吉がいた伏見城は倒壊して数百人もの死者をだした。清正はこのとき朝鮮出兵で石田三成との対立が原因で伏見に蟄居中であったが、200人の手勢を率いて秀吉のもとにいち早く駆けつけると、秀吉に朝鮮での自分の冤罪を述べて、秀吉の警護にあたった。
のちに石田三成も駆けつけるが、とき既に遅く入城できなかった。しかし、それを知った清正は特別に三成だけを城に入れた。
翌日、秀吉は清正に海外の状況などを質問しながら涙し、「阿虎(=おとら。清正の幼名)よ。そちはおむつのころからわしの側で育った。だからこうしてわしに仕えておるのだ」といい、朝鮮での罪を許されたという。

関ヶ原合戦

  • 関ヶ原の決戦にて、加藤嘉明・黒田長政・細川忠興の三人が家康の側におり、福島正則の隊が敵に追い立てられて無様な姿をさらしているのを見て、嘉明は「見苦しき福島勢の姿だ」、そして、長政も「何という見苦しき姿だ。加藤清正などはそれがしと不仲ではあるが、あのように見苦しく追い立てられはしないであろうに」と言ったという(『名将言行録』)。
  • 関ヶ原で敗れた兵が城に入ろうとしていたところ、これを捕えて追求すると、母を助けるために忍んできたという。
    これを聞いた清正はその兵の縄をほどいて助命し、城に入れるのを見逃したという。 その兵が関ヶ原での敗戦のあり様を語ると、城兵たちは落胆してついに清正に降参した。清正は約束通り、籠城した将たちに食禄を与えたので、みな清正に恩を感じて、先鋒になることを願い出たという(『名将言行録』)。

家康の天下、認める

清正は豊臣氏への忠義を終生忘れなかったが、家康を恐れておりその天下も認めていた。福島正則が家康の子・徳川義直が入る尾張名古屋城の普請を命じられたとき、「大御所の息子の城普請まで手伝わなければならないのか」と愚痴をこぼしたのに対し、清正は「嫌なら領国に帰って戦準備をしろ!」と告げたという。

清正の遺命

清正は熊本に千人が入るほどの大きな屋敷をかまえた。そして、死の間際には子の忠広に豊臣秀頼をその屋敷に迎え取るようにと言ったという。大阪の陣で秀頼は自害したが、ひょっとすると大阪城落城の際に忠広がひそかに秀頼を迎えて船内に隠して連れ帰った、ともいわれるようになったという(『名将言行録』)。

その他人物像・逸話

  • 日蓮宗の信徒:熱心な日蓮宗の信徒でもあり、領内に本妙寺をはじめとする日蓮宗の寺を数多く創設した。そのほか、いわゆる「三振法(清正当時の呼称ではない)」を取り入れたことで知られている。これは武士のみが対象であったが、軽微な罪や式典で粗相を3回起こすと切腹を申し付けられるものであった。
  • 口の中に拳:口の中に拳を入れる事ができたという逸話があり、新選組局長・近藤勇も憧れていた清正にあやかり、真似をして拳を口に入れていたという。


あわせて読みたい
織田信長の名言・逸話まとめ
織田信長トップ / 入門
島津義弘の名言・逸話まとめ
島津義弘トップ / 入門
真田幸村の名言・逸話まとめ
真田幸村トップ / 入門
徳川家康の名言・逸話まとめ
徳川家康トップ / 入門
福島正則の名言・逸話まとめ
豊臣秀吉トップ / その他の記事
毛利元就の名言・逸話まとめ
毛利元就トップ / 入門
上杉謙信の名言・逸話まとめ
上杉謙信トップ / 入門
明智光秀の名言・逸話まとめ
織田信長トップ / その他の記事

 PAGE TOP