あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

【名場面】生け捕りのときの石田三成(1600年)

※『名将言行録』『常山紀談』ほか

慶長5年(1600年)の9月、関ヶ原で敗れた三成は、近江浅井郡に逃れ、再挙を図ろうとしていたが、ついに田中吉政の家臣・田中長吉に捕らえられることになった。

-- 浅井郡脇坂にて --

田中長吉に捕えられたとき、三成は兄のことを尋ねた。

石田三成アイコン

石田三成

兄の石田木工頭(=石田正澄)やその他の者がどうなったか知っているか?

田中長吉

木工殿は妻子を刺殺し、自らも潔く自害なさいました。

家来アイコン
石田三成アイコン

石田三成

ふっ・・。ざっと済んだな。

そして次のように言った。

石田三成アイコン

石田三成

我らもこのように落ち行くことになったが、大坂城に何とか入ったならば、もう一度同じことをしたであろう。

と・・。やがて三成は井ノ口村に連れられ、田中吉政に引き取られての対面となった。

-- 井ノ口村にて --

吉政は三成に対して親密な様子で会釈し、言った。

田中吉政

こたびは天下分け目の戦で上方の諸将、数万の軍兵を率いられて戦ったことは、実に末代まで語り伝わることであろう。
敗れたのは本望ではないであろうが、軍の合戦の勝敗は天の命であり、後悔はしておられないであろう。

家来アイコン
石田三成アイコン

石田三成

フッ。。秀頼様のために害を排き、太閤秀吉様の恩に報いようとしたのだから、運が尽きてこうなったことを何故に後悔するのか。

そう言うと、三成は貞宗の脇差を取り出した。

田中吉政

!?

家来アイコン
石田三成アイコン

石田三成

これは太閤秀吉様より賜わった切刃政宗の脇差だ。形見としてそなたにお渡ししよう。

そう言って吉政に与えた。

三成はこのとき縄に掛かりながらも、田中吉政のことを、これまでと同じように「田兵」と、打ち解けた呼び方をしていたという。


あわせて読みたい
石田三成の名言・逸話まとめ
豊臣秀吉トップ / その他の記事
石田三成の家紋・家系図
豊臣秀吉トップ / その他の記事
石田三成
豊臣秀吉トップ / 登場人物伝

 PAGE TOP