あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

福島正則の家紋と家系図:出自から子孫まで

正則の家紋

正則が主に使用した家紋は福島沢瀉(ふくしまおもだか)。
植物である沢瀉をモチーフにした「沢瀉紋」は葉の形が矢尻(=矢の先のとがった部分)に似ていることから「勝軍草」(かちいくさぐさ)の別名をもっている。

「沢瀉紋」は豊臣秀吉が桐紋を使用する以前に家紋にしていたとみられ、元々は秀吉正室・おねの実家の家紋と推定されている。
秀吉は正則ら多くの家臣にこの家紋を与えたが、最後まで使用していたのが正則であっため、現在「福島沢瀉」と呼ばれているといい、一般的な「沢瀉紋」と比べると全体的に細長くて花が咲いていて描写が細かい。なお、豊臣秀次が秀吉から拝領し、秀次が自害する際に正則が譲り受けたという説もある。

「福島沢瀉」福島正則の家紋

福島沢瀉

「三頭右巴」福島正則の家紋

三頭右巴

「五七桐」足利氏の家紋

五七桐

この他の正則の家紋として、三頭右巴(さんとうみぎどもえ)や五七桐(ごしちぎり)がある。

三頭右巴は秀吉の旧姓・木下氏の家紋とみられている。正則の故郷の寺院・菊泉院に伝わっている福島正則画像にこの紋が描かれている。また、五七桐は秀吉から賜ったものであり、平安時代には皇室紋であり、室町時代には足利将軍家や一門も使用した名誉紋である。

正則の家系図と福島一族の概要

正則の出自は諸史料によって異なっており、混沌としている。

『系図纂要』では、清和源氏で源頼光の流れを汲むというが、『寛政重修諸家譜』では元々は平氏だと伝えている。 また、正則の父は福島正信で尾張国海東郡に居住していたといい、母は秀吉の伯母だといわれている。だが、これらの情報が史実かどうかは定かでなく、伝承の域をでない。福島氏は正則によって有名になったから仕方ないかもしれない。

秀吉の縁戚だった正則は、幼い頃より秀吉に仕えて功を重ね、やがて尾張国清洲に24万石を与えられるほどに出世。秀吉死後の関ヶ原合戦では、徳川家康の東軍に属し、戦後には安芸国広島と備後国鞆を併せて49万石の大大名になった。しかし、豊臣恩顧の大名だったことから家康に警戒され、その後の福島氏は苦難の道をたどることになる。

慶長19-20年(1614-15)の大阪の陣では、福島一門の中に豊臣方に味方した者もいた。正則は徳川幕府から出陣を許されず、江戸留守居役とされている。そして元和5年(1619)には、広島城の無断修繕を理由に信濃国高井野藩に減転封され、わずか4万5千石に。しかも正則の死後はそれすらも没収されている。

正則の子孫は?

正則の死後、所領を失ってしまった福島氏のその後はどうなったのだろうか?

正則の嫡男・忠勝は元和6年(1620)に父に先立って死去しており、寛永元年(1624)に正則が没すると、末子の正利が3千石あまりの旗本として家を存続させた。だが、嗣子がなかったために一旦は断絶を余儀なくされている。その後、忠勝の孫にあたる正勝が天和元年(1681)に幕府に召し出され、2千石を与えられて福島氏が再興すると、以後は旗本として代々家名を繋いでいった。

高校教諭の福島正秀さんは、正則から13代目の直系の子孫で、正則の側室の流れを汲む末裔だという。正則が信濃川中島に減転封の命を受けた際、側室の子は2歳だったといい、その後は広島で商人になる道を選んだらしい。

正則の末裔は現代にまで続いていたのである。


おすすめの記事



 PAGE TOP