あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

福島正則の家紋

家紋

植物である沢瀉をモチーフにした「沢瀉紋」は葉の形が矢尻(=矢の先のとがった部分)に似ていることから「勝軍草」(かちいくさぐさ)の別名をもつ。多くの武将に好まれて使用された。

福島正則の家紋(福島沢瀉)
福島沢瀉(ふくしまおもだか)

この紋は豊臣氏の副紋であったといい、正則が秀吉から拝領した家紋である。秀吉は正則だけでなく、多くの家臣にこの紋を与えたが、最後まで使用していたのが正則であっため、現在「福島沢瀉」と呼ばれているという。
この紋は一般的な沢瀉紋と比べると全体的に細長く、花が咲いていて描写が細かい。

福島正則の家紋(三頭右巴)
三頭右巴(さんとうみぎどもえ)

秀吉の旧姓・木下氏の家紋とみられている。正則の故郷の寺院・菊泉院に伝わっている福島正則画像にこの紋が描かれている。

足利氏の家紋(五七桐)
五七桐(ごしちぎり)

秀吉から賜ったもの。平安時代には皇室紋であり、室町時代には足利将軍家や一門も使用した名誉紋。


あわせて読みたい
豊臣秀吉の家紋・家系図
豊臣秀吉トップ / 入門
北条氏康の家紋
北条氏康トップ / 入門
前田利家の家紋・家系図
織田信長トップ / その他の記事
直江兼続の家紋・家系図
上杉謙信トップ / その他の記事
斎藤道三の家紋・家系図
その他の将トップ / 美濃斎藤氏
政宗の家紋・家系図とそのルーツ
伊達政宗トップ / 入門
家康の家紋・家系図とそのルーツ
徳川家康トップ / 入門
今川義元の家紋・家系図
今川義元トップ / 入門

 PAGE TOP