あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

竹中半兵衛:秀吉の参謀として活躍した天才軍師

竹中半兵衛の肖像画

秀吉の参謀として活躍し、黒田孝高(黒田官兵衛)とともに「両兵衛」「二兵衛」と称された竹中半兵衛(1544-1579年)。 戦国時代を代表する軍師として名高かった彼の事績をみてみよう。


半兵衛は天文13年(1544年)に誕生。
幼少のころ、美濃国・斎藤氏の家臣である父・竹中重元が菩提山城を築城して居城を移したときに、これに従う。

永禄3年(1560年)、父の死後に家督と菩提山城主を継承し、美濃国主・斎藤義龍に仕えたが、翌永禄4年(1561年)に義龍が亡くなると、後継者の斎藤龍興に仕えるようになる。

このころから織田信長による美濃侵攻が本格的に開始されるが、半兵衛は永禄6年(1563年)に新加納で織田方と戦って勝利するなど、独特の伏兵戦術で織田勢の前に立ちはだかって苦しめた。

半兵衛の容姿は痩身で女性のようであり、出陣するときも静かに馬に乗っているだけだったという。こうしたことから、主君の斎藤龍興をはじめ、家中では侮られていたようだ。

龍興は一部側近のみを重用し、半兵衛や西美濃三人衆を遠ざけていたため、半兵衛は永禄7年(1564年)安藤守就らと共謀して斎藤氏の居城・稲葉山城を奪取した。

稲葉山城のっとりについては次のような逸話がある。

--半兵衛は龍興の寵臣・斎藤飛騨守にやぐらの上から馬鹿にされ、小便を顔にかけられたことがあった。
数日後、飛騨守が龍興居室の宿直を務めていたとき、半兵衛は稲葉山城に詰めていた弟・重矩の看病のためと称し、武具を隠した数箱などをもって入城し、そして重矩の居室で武装して宿直部屋に居た飛騨守を斬殺して稲葉山城を乗っ取ったという。--

この乗っ取り事件から半年後には、龍興に返還して斎藤家を去った。その後、北近江の浅井長政の客分となり、しばらくして旧領に戻り、ひっそりと暮らしたという。

信長の美濃平定によって斎藤氏が滅亡すると、木下秀吉から勧誘を受け、織田家臣となった。永禄10年(1567年)のことである。

信長が浅井長政と対立した際には、かつての浅井家臣団との人脈を利用して主に調略活動で活躍した。

姉川の戦い(1570年)、長篠の戦い(1575年)などで功をたてた。

長篠の戦いでは、武田軍の一部が向かって左側に移動すると、秀吉は回りこまれるのではないかと焦ったが、半兵衛は織田勢の陣に穴を開けるための陽動ではないかと進言したという。
このとき秀吉は、半兵衛の進言に従わずに迎撃準備のために兵を動かしたが、半兵衛は反対して手勢と共に持ち場を動かなかった。まもなくして武田軍が元の位置に戻り、秀吉が不在の地点に攻め寄せてきたため、半兵衛が守っている間に秀吉もあわてて帰還したという。

秀吉が中国攻め(1577-82年)の総大将に任じられた際にはこれに従軍し、軍師として秀吉を支えた。

天正6年(1578年)には宇喜多氏の備前八幡山城を調略によって落城させた。同年、信長に処刑を命じられた黒田官兵衛の嫡男・松寿丸(後の黒田長政)を匿って命を助けている。

あるとき、秀吉が半兵衛の功績に報いるため、加増を約束した書状を渡そうとしたが、「このような物は不用です。もし私の子が自身の不覚悟を忘れ、父にはここまで殿は懇意にされていたのに、なぜ私にはと恨みに思うようなことがあっては災いとなります」と言い、破り捨てたという。

半兵衛はいつも貧相な馬を買い、それに乗馬していたという。
これをみた秀吉が「貴殿の身分でその貧相な馬はなかろう」と言うと、「名馬を買うと、いざ戦おうとする時にその名馬を他人に盗まれはしないかと惜しんで馬を下りられずに戦機を逃がすことになるから、馬は乗り捨てる覚悟なのでこれがいいのです」と言ったという。

半兵衛の最期は、天正7年(1579年)の三木合戦での攻囲中、陣中で病没した。享年36。

半兵衛の死の間際、秀吉は京で養生するように戒めたが、半兵衛は「陣中で死ぬこそ武士の本望」と断ったという。また、半兵衛死後、三木城は兵糧攻めによって陥落したが、この策は半兵衛が秀吉に授けたものという。

墓所・史跡

竹中半兵衛の墓

半兵衛は三木合戦(1578-80年)の最中、平井山の陣中で病死した。このため、半兵衛の墓は三木城跡の近く、本陣のあった山に続いた平井山観光ぶどう園の中にある。

栄運寺(えいうんじ)

栄運寺の裏にも半兵衛の墓所がある。

  • 所在地:兵庫県三木市志染町安福田

禅幢寺(ぜんとうじ)

禅幢寺は竹中氏の菩提寺。半兵衛死後に嫡子・竹中重門が創建した寺。ちなみに小西行長の墓も同寺にある。

  • 所在地:岐阜県不破郡垂井町岩手1038-1




 PAGE TOP