あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

増田長盛

増田長盛(ました ながもり、1545-1615年)は豊臣政権五奉行の一人に数えられる。五奉行第三席。

秀吉の近江長浜城主時代に秀吉に仕えたとみられ、信長死後は取次や奉行など、石田三成らとともに秀吉の能吏として頭角を現していき、秀吉の晩年には五奉行の一人に任命されている。
関ヶ原合戦(1600年)では石田三成に味方するも、保身工作も講じており、最期は家康に高野山へ追放となったものの、助命された。
しかし、最期は大阪の夏の陣(1615年)息子・盛次が豊臣方に味方したため、その責任をとらされて自害した。

経歴

天文14年(1545年)に尾張国・中島郡増田村で誕生したとされるが、異説に近江国・浅井郡益田郷の出身という説もある。

天正元年(1573年)、浅井氏滅亡後に羽柴秀吉がその旧領を拝領して近江国の長浜城主となったころに、長盛は秀吉に仕え、石田三成や浅野長政ら同僚とともに近侍したとみられる。
また、このころに信長家臣・森可成の娘を正室に迎えたとされる。

天正5年(1577年)からは秀吉が中国攻めの指揮官に任命されるが、長盛もこれに従って従軍したとみられ、天正9年(1581年)の鳥取城攻めでは「陣中萬の物商の奉行」を命じられている。

信長死後、奉行衆として躍進

天正10年(1582年)に本能寺の変で信長が横死すると、秀吉は中国方面から京へ戻り、謀反人の明智光秀を討ったが、このとき長盛も秀吉本隊に属していたようである(山崎の戦い)。

その直後には初めて秀吉の奏者として、上杉景勝との外交交渉などを務めたとされる。

当初200石で秀吉に仕えていた長盛は、天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いで先陣として功をあげたことで、2万石に加増となる。

天正13年(1585年)に秀吉の紀州攻めに大谷吉継と共に従軍しており、同年、秀吉の関白就任に伴って従五位下・右衛門尉に叙任されている。

天正15年(1587年)の九州征伐に従軍し、また、天正18年(1590年)に北条氏を滅ぼした小田原征伐においても兵1500ほどを率いて従軍している。
このとき安房国の里見義康に対して差出検地の施行と知行宛行状の発給などを担当している。

戦後には下野国・常陸国・安房国の大名に対する豊臣政権の取次を任されており、なお、戦後の国替えによって近江国水口6万石を与えられている。

長盛は太閤検地で石田三成、長束正家らと共に中心的な役割を担っており、翌天正19年(1591年)には同じ奉行衆の長束正家らとともに近江の検地を指揮している。

文禄元-2年(1592-93年)の朝鮮出兵の際には関東の宇都宮・里見・那須・成田氏らの軍勢を従えて、石田三成・大谷吉継らとともに朝鮮に渡海して漢城に駐留した(文禄の役)。
長盛らの役目は朝鮮での戦略等の秀吉の上意を諸将らに伝えて徹底させるとともに、戦局を秀吉に報告することであった。

文禄4年(1595年)の4月に豊臣秀長の後を継いだ豊臣秀保が没し、7月には関白・豊臣秀次が謀反の嫌疑をかけられて自害した。
この秀次事件の際には長盛ら奉行衆がその真偽を秀次に詰問している。

長盛は同年に秀長・秀保父子の旧領・大和国郡山城 20万石を秀吉から与えられており、 その後は城の周囲に総堀をめぐらす大規模な普請を実施している。

慶長元年(1596年)には紀伊国・和泉国の蔵入地の管理を任され、翌慶長2年(1597年)には安房国の検地を実施するなどしている。

慶長3年(1598年)の秀吉の死の直前には石田三成や浅野長政らとともに五奉行の一人に任じられている。

関ヶ原では・・・

秀吉死後は五大老の徳川家康が諸大名らと婚姻関係を結んでいった。これは秀吉の遺命に反するものであったため、長盛ら五奉行は 秀頼の後見人であった前田利家を立ててこれに反発する。

しかし、慶長4年(1599年)にはその利家も病没すると、三成と対立していた加藤清正や黒田長政ら武断派が石田三成襲撃事件を起こした。

家康はこの事件の仲裁に入って三成を蟄居とすると、その後は五大老筆頭の地位を乱用して前田利長や浅野長政らを処罰、さらに慶長5年(1600年)に入ると、上杉景勝に謀反の嫌疑をかけて上杉討伐にでたのであった。

こうした家康の専横に石田三成が挙兵を計画すると、長盛ら他の五奉行はこれを支持して、諸大名らに家康の違約を訴えた書状を送る作戦にでた。

こうして関ヶ原の戦いとなるのだが、長盛は一方で家康重臣の永井直勝に三成の挙兵の状況を知らせているのである。この長盛の行動は "保身工作"とも、家康をかく乱させるための "駆け引き"ともみられ、真相はわかっていない。

また、関ヶ原本戦では大阪城に留まって秀頼の守備についたことで毛利輝元とともに出陣はせず、敗戦後は出家して家康に謝罪したが、家康に許されずに改易されて高野山へ追放された。

最期

慶長19年(1614年)に徳川と豊臣の間が急速に悪化した際、家康から和睦の仲介を依頼されたがこれを断っている。

同年の大阪冬の陣では尾張藩主・徳川義直に仕えていた長盛の子・増田盛次が徳川方の将として参戦して功をあげたが、翌慶長20年(1615年)の大阪夏の陣では義直の了承を得て尾張国を離れて大阪城に入城し、豊臣の将として参戦して討ち死にしている。

戦後、息子が大阪方に味方したこの一件で家康から咎められ、長盛は自害を余儀なくされた。享年71。

略年表

天文14年(1545年)
誕生。
永禄7年(1564年)
側室との間に長男・長勝を儲ける

秀吉に仕える

天正元年(1573年)
この頃、羽柴秀吉に300石で仕え、森可成の娘を正室に迎える。
天正5-10年(1577-82年)
秀吉の中国攻めに従軍
天正8年(1580年)
正室との間に嫡男・盛次を儲ける

秀吉の奉行として台頭

天正10年(1582年)
山崎の戦いに従軍。戦後、初めて奏者を務める
天正12年(1584年)
小牧・長久手の戦いでは先陣を務め、戦後に2万石に加増となる
天正13年(1585年)
  • 紀州攻めに大谷吉継と共に従軍。
  • 秀吉の関白就任に伴い、長盛も従五位下・右衛門尉に叙任
天正15年(1587年)
九州征伐に従軍する
天正18年(1590年)
  • 兵1500ほどを率いて小田原征伐に従軍
  • 安房国の里見義康に対し、差出検地の施行と知行宛行状の発給を行う
  • 戦後、下野・常陸・安房の大名に対する豊臣政権の取次となり、戦後の国替えで近江国水口6万石を拝領する
天正19年(1591年)
近江の検地を指揮する
文禄元-2年(1592-93年)
文禄の役に従軍する
文禄4年(1595年)
秀次事件では豊臣秀次の老臣を糾問。秀次死後に大和国・郡山城20万石を拝領する
慶長元年(1596年)
紀伊国・和泉国の蔵入地の管理を委ねられる。
慶長2年(1597年)
再び安房国を訪れて、総検地を施行。同年の慶長の役には参加せず
慶長3年(1598年)
五奉行に任命される。秀吉死後は反徳川家康派の石田三成方に与す。

関ヶ原合戦、大阪の陣では?

慶長5年(1600年)
  • 石田三成の挙兵計画に加わり、諸大名らに家康の違約を訴えた書状を送る
  • 一方で敵将の家康重臣・永井直勝に三成の動きを知らせる
  • 関ヶ原の戦いでは西軍に参加するが、大阪城を守備して出陣はしない
  • 戦後は出家して家康に謝罪するも、改易となって高野山へ追放される
慶長19年(1614年)
家康からの徳川・豊臣間の和睦仲介の依頼を断る
元和元年(1615年)
息子・盛次が大阪夏の陣で豊臣方に味方したため、戦後にその責で自害。享年71


 PAGE TOP