あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

浅野長政

浅野長政(あさの ながまさ、1547-1611年)は姻戚関係にある秀吉に仕え、奉行として頭角をあらわしていき、のちに豊臣政権の五奉行の筆頭にまで上り詰めた。

秀吉死後には家康暗殺を図ったとして蟄居させられたが、関ヶ原合戦では家康率いる東軍に属している。江戸時代には家康から隠居料として常陸国真壁に5万石を与えられ、真壁初代藩主となった。

経歴

天文16年(1547年)、長政は尾張国春日井郡北野(=現在の愛知県北名古屋市)で宮後城主・安井重継と浅野長詮の娘との間に長男として生まれた。

はじめ、"長吉" と名乗り、母の弟である浅野氏当主・浅野長勝に後継者がいなかったため、長勝の養女と結婚した。

浅野氏の婿養子となって秀吉と姻戚関係に

長政は浅野本家の婿養子となって浅野の姓になったわけであるが、実はこの長勝養女の姉があの有名な "おね(=のちの北政所。秀吉の正室)"であった。

永禄4年(1561年)に秀吉がねねを娶ったことで、長政は秀吉と姻戚関係となった。秀吉とは兄弟の約束を交わしたといい、成人してからは叔父の長勝と同じように信長の弓衆として仕えるようになる。

のちに秀吉が家臣を持つようになる頃には信長の命で秀吉の直臣へと転属している。

出世する秀吉に付き従う

天正元年(1573年)に浅井長政攻めで初陣を飾ったとされ、浅井滅亡後に小谷城主となった秀吉から近江国内に120石を与えられた。

秀吉が中国攻めの指揮官となると、これに従って各地を転戦していったとみられる。

天正7年(1579年)には北近江で300石、天正9年(1581年)には播磨で5600石を加増されている。

信長死後、奉行職で才を発揮

天正10年(1582年)の信長死後、秀吉はすぐさま京へ向かって謀反人の明智光秀を討伐した(山崎の戦い)。
その直後の清洲会議で織田家の後継者決めと、信長や光秀の所領の再分配などで話を有利にすすめた秀吉は、山城国、そして、近江国の光秀の遺領を手に入れている。

会議の後、秀吉は京都を支配するため、京都奉行に長政と杉原家次の2人が任命されている。このとき長政は京都奉行職のほか、山城国の検地奉行も兼ねたのであった。

天正11年(1583年)の4月には賤ヶ岳の戦いに従軍し、戦後は近江瀬田城主となった。
同年8月には近江甲賀郡・栗太郡で2万300石を与えられており、坂本城、次いで大津城へ入っている。長政は前年に続いて京都奉行職、および、山城国・近江国の検地奉行や秀吉の蔵入地の代官などを務めたが、京都奉行はこの年を最期に離れている。

天正12年(1584年)、秀吉勢力と家康・織田信雄連合が衝突した小牧・長久手の戦いでは兵1500で従軍した。

天正15年(1587年)、九州平定などでも従軍して活躍し、同年9月に若狭を与えられて一国の大名となり、小浜城主となる

天正16年(1588年)には従五位下・弾正少弼に叙任されている。
また、同年の聚楽第行幸には、肥後一揆討伐の検使を務めていたことから、参加していない。

天正18年(1590年)、小田原征伐に従軍。北条氏の滅亡直後に行なわれた奥州仕置では長政は筆頭として中心的な役割を担っており、小田原征伐の時に秀吉に従わなかった在地領主らの諸城を次々と制圧。
その後、長政が太閤検地を行ってから、郡代・代官を残すと、奥州仕置軍は引きあげていった。

長政はこの仕置に反発した葛西大崎一揆や翌天正19年(1591年)に勃発した九戸政実の乱にも対処している。

文禄2年(1592年)の朝鮮出兵時には軍監として渡海した(文禄の役)。文禄3年(1593年)には長男の幸長とあわせて甲斐国に22万5千石に加増移封となり、さらに伊達政宗をはじめとした奥羽や北関東の諸大名らが長政与力として付けられた。

慶長3年(1598年)の秀吉の死の直前に五奉行の筆頭に列した。

秀吉死後

秀吉が没した後、政権奪取をもくろんで派閥を形成する家康と、これに反発する石田三成・前田利家らとで豊臣家中で抗争が始まる。

慶長4年(1599年)には家康暗殺を計画したとして、長政のほか、前田利長・大野治長・土方雄久の計4名が処罰を受けることとなった。

これは同じ五奉行の増田長盛や長束正家が家康に讒言したとも、家康による三成方を分断する策謀であったなど、様々な説がある。

その結果、長政は隠居させられて、甲斐国へ戻り、のちに徳川領の武蔵国府中で蟄居の身となった。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは徳川方に味方して徳川秀忠隊に従軍しており、決戦には参加できなかった。一方で長男の幸長は功をあげており、戦後に紀伊国和歌山37万石へ加増転封されている。

慶長11年(1606年)には隠居料として常陸国真壁5万石を与えられて初代真壁藩主となった。慶長16年(1611年)に死去した。

略年表

天文16年(1547年)
尾張国で安井重継と浅野長詮の娘との間に長男として誕生。初名は "長吉" 。
時期不詳
叔父で浅野氏当主・浅野長勝の養女と結婚、浅野姓に改称。
永禄4年(1561年)
木下藤吉郎(=のちの秀吉)がねねと結婚、妻がねねの妹であったことから秀吉と姻戚関係となる。

信長・秀吉に仕える

時期不詳
成人して信長に仕え、のちに秀吉の直臣となる。
天正元年(1573年)
浅井長政攻めで初陣を飾り、浅井滅亡後に秀吉から近江国内に120石を拝領する。
天正7年(1579年)
北近江で300石を加増される。
天正9年(1581年)
播磨国で5600石を加増される。

信長死後、奉行職で頭角を現す

天正10年(1582年)
清洲会議後、秀吉から京都奉行に任命され、山城国の検地奉行も兼任する。
天正11年(1583年)
  • 賤ヶ岳の戦いに従軍し、戦後に近江瀬田城主となる。
  • 同年、近江甲賀郡・栗太郡で2万300石を拝領。京都奉行職は解消となる。
天正12年(1584年)
小牧・長久手の戦いに従軍する。

国持大名・五奉行筆頭まで出世

天正15年(1587年)
  • 九州平定に従軍。
  • 同年9月、若狭国を与えられ、小浜城主となる。
天正16年(1588年)
  • 従五位下・弾正少弼に叙任される。
  • 同年、肥後国人一揆討伐の検使を務める。
天正18年(1590年)
  • 小田原征伐に従軍する。
  • 同年、奥州仕置で筆頭として行軍。制圧地で太閤検地を実施。
  • 同年、葛西大崎一揆で伊達政宗らに出陣を命じる。
天正19年(1591年)
再仕置軍と合流して九戸政実の乱を鎮圧。
文禄2年(1592年)
文禄の役では軍監として朝鮮へ渡海。
文禄3年(1593年)
甲斐国に22万5千石に加増移封となる。(*長男・幸長と合わせたもの)
慶長3年(1598年)
豊臣政権の五奉行筆頭となる。

関ヶ原で家康に味方し、初代真壁藩主に

慶長4年(1599年)
家康暗殺を計画したとして、徳川領の武蔵国府中で蟄居の身となる。
慶長5年(1600年)
関ヶ原の戦いでは西軍に属し、徳川秀忠隊に加わる。
慶長11年(1606年)
隠居料として家康から常陸国真壁5万石を拝領し、初代真壁藩主となる。
慶長16年(1611年)
死去。


 PAGE TOP