丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「加藤清正」武力一辺倒ではない!統治能力も抜群の初代熊本藩主

加藤清正の肖像画

加藤清正は、秀吉の子飼いの家臣で賤ヶ岳七本槍の一人として、その勇猛さは現在にまで語り継がれている。 一方、築城の名手としても知られ、お城ファンにはお馴染みの熊本県のシンボル・熊本城は彼が築いた城でもある。

そんな熊本城と縁のある彼の人生はどんなものだったのだろうか。

鍛冶屋の息子から戦国武将へ

加藤清正は永禄5年(1562年)6月24日、現在の名古屋市中村区(尾張国愛知郡中村)にて、鍛冶屋を営んでいた清忠の息子として生を受けた。しかし清正の母と清正が3歳になるころに清忠が没したため、羽柴秀吉を頼って津島に生活拠点を移すことになる。当時、織田信長の家臣として名を挙げつつあった秀吉の生母・仲との親戚関係にあったことが、清正と秀吉を結びつけたのである。

天正元年(1573年)、11歳になった清正は身の回りの世話をする小姓として秀吉に仕えた。天正4年(1576年)、には170石を与えられていることから有能な働きぶりと秀吉の期待が伺われる。その後、近江の名門である山崎片家から娘を迎えて正室とした他、天正8年(1580年)には播磨国の一部を領有した秀吉から120石を与えられるなど、厚い信頼を受けている。この秀吉との出会いが、清正の人生を決定づけることになった。

猛将加藤清正の誕生

後に賤ヶ岳の七本槍で知られるようになる加藤清正の端緒となるのが、冠山城攻めである。

天正10年(1582年)4月14日、清正は信長から中国地方の攻略を命じられた秀吉とともに、現在の岡山県岡山市下足守にあった冠山城に攻め込んで一番乗りを果たした。城攻めでは豪の者で知られていた竹井将監を討ち取るなど猛将の片鱗を見せている。また、同年6月に本能寺の変が発生すると、謀反を起こした明智光秀に対して秀吉は、清正を含む全軍を率いて「中国大返し」と言い伝えられる行軍を敢行、わずか10日で京の都にほど近い城山・山崎に到達して明智軍との戦闘で勝利した。(山崎の戦い

いずれの戦いにおいても、先陣を切って戦った清正の武勇が知られるようになり、秀吉の厚い信頼を集める有力武将として成長していくのである。

賤ヶ岳の七本槍の誕生

信長死後まもなくの6月27日、織田家の後継者を決めるため、織田重臣らによって尾張で会議(清洲会議)が行なわれ、長らく信長の重臣として活躍した柴田勝家は、信長の三男・織田信孝を擁立、対する秀吉は、信長とともに死亡した嫡男・織田信忠の幼子・三法師を擁立。丹羽長秀池田恒興らが三法師を支持したことで決着するのだが、水面下での対立は激化。天下人に最も近い存在であった信長がこの世を去ったことで織田家中を二分することになる。

両者は対決にむけて派閥形成を急いだが、同年の冬になると、積雪により行動の自由が効かない勝家は、秀吉に和平を働きかけた。しかし秀吉は時間稼ぎだと見抜いて勝家配下の長浜城と岐阜城を攻撃するなどし、有力後継者であった織田信孝を降伏させる。しかし勝家に味方した滝川一益が秀吉配下の亀山城などを攻撃すると、勝家は佐久間盛政や前田利家を率いての進軍を決断、近江へと南下させるのであった。

両軍が決戦をむかえたのは賤ヶ岳(滋賀県長浜市)である。このとき、加藤清正は柴田方へと鞍替えした山路正国を打ち取る大手柄を上げている。大いに喜んだ秀吉は、戦いで活躍を見せた福島正則などを賤ヶ岳の七本槍と呼び、それぞれに3千石の俸禄(福島正則だけは5千石)を与えている。これが七本槍の加藤清正という勇名の由来である。

戦うだけではない!財務も統治も築城も得意

賤ヶ岳の七本槍という勇名から清正というと猛将のイメージを抱きがちだが、実は財務や当地においても才能を発揮している。特に信長の跡目争いといえる賤ヶ岳の戦に勝利した秀吉は、加藤清正を財務担当として用いた事実がある。

例えば秀吉の直轄領であった播磨国や和泉国において年貢や諸役などを管理する蔵入地の代官を担当させたのが一例だ。さらに九州平定後の戦後処理、讃岐国の臨時代官なども歴任しており、財務や統治能力も長けていたことがわかるだろう。

賤ヶ岳の戦いの後になると、秀吉の護衛や軍団の後方支援を命じられており、前線の兵士を支援するための補給や輸送、兵器の管理や土木事業の労務などを担った。直接戦闘するわけではないが、軍全体の士気に影響する重要な役割を与えられており、豊臣軍の実務を担う実務官僚的な一面を見せている。

また、九州平定後には肥後国で失政した佐々成政に代わり、肥後の北半国を託された。清正は田麦を特産品として育成、治水や農業事業を振興したり、築城などの労役を農閑期に行うことで農作業の時間を避けるようにするなど、肥後の統治に優れた手腕を発揮しているのだ。

さらに築城の名人としても知られる清正は、生涯において熊本城をはじめ、名護屋城や江戸城、名古屋城など多くの城を築城している。特に熊本城は武者返しと呼ばれる反り返った石垣を擁する堅牢で勇壮な外観と絢爛豪華な内装を持つ九州を代表する名城である。万が一の戦闘の際に食料となる銀杏を敷地内に植栽したことから「銀杏城」とも呼ばれる他、本丸御殿や宇土櫓など大小の天守閣を持つその姿は、当時の面影を現在にまで伝えてくれている。

なお、当時は隈本と呼ばれていた現地名をより勇ましい「熊」を当てて、熊本にしたとも言い伝えられている。清正死去後には改易されたため、新しい領主細川忠利が送り込まれるのだが、肥後入りする際には清正の霊位を掲げて敬う態度を示したという。

財務・後方支援・国の統治というと、賤ヶ岳の七本槍のイメージとはかけ離れているが、いずれも信頼できる者にしか担えない実務を命じられ、それをそつなくこなせる人物であったといえるだろう。

関ヶ原で徳川方についた理由

慶長3年(1598年)に秀吉が没した後、清正は豊臣政権五大老の中で最有力であった徳川家康に近づいた。あれほどまでに秀吉に重用されたにも関わらず、戦国武将特有の処世術を発揮したのであろうか・・。だが、この背景には朝鮮出兵をきっかけに、豊臣政権の役人だった石田三成小西行長と反目したことにあるようだ。

文禄・慶長の役では、清正は二番隊主将を任され朝鮮へ出兵し、一番隊率いる小西行長や三番隊率いる黒田長政らと漢城攻略を成功させた。その後部隊を別にし大きな抵抗も受けることなく朝鮮半島を北上、豆満江(現在の中国と北朝鮮の国境にある川)を超えてオランカイへの進軍を成功させ、その戦果を現地と本国の取次をした石田三成に報告。
しかし一番隊や三番隊は、朝鮮王の要請を受けて派遣された明軍と衝突、援軍で勢いづいた朝鮮軍とも戦闘を繰り広げており、進軍速度が鈍っていた。そこで進軍報告した清正は、嘘をついていると疑われてしまった。これ以降、行長や三成との対立が深まり、家康との関係強化を求めたワケである。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いこそ、決戦には参戦していないものの、家康方の東軍に加勢している。決戦と同時期に始まった九州を拠点とする西軍領を攻め、戦後には肥後の南半分を報奨として与えられて52万石の大名となっている。

江戸幕府下

また、徳川幕府下では慶長11年(1606年)に徳川家四天王の一人であった榊原康政の嫡男・康勝に娘を嫁がせて関係を深めた。慶長16年(1611年)には、二条城で家康と豊臣秀頼との会見を取り持っている。このときの清正は、家康の十男頼宣の護衛のために徳川家臣として会見に参加したのであり、すでに豊臣の家臣という立場になかったようだ。ただし、秀頼の豊国神社への参詣や見送りに随行するなど、徳川と豊臣の和平を担う役割を果たしているのである。

だが同年6月14日、熊本に帰る途中の船内において急死、享年50の人生であった。なお、死因はハンセン病や家康による毒殺など、諸説あって定かではない。


 PAGE TOP