あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

長束正家

長束正家(ながつか まさいえ、1562?-1600年)は豊臣政権の五奉行の一人。近江国水口岡山城主。

経歴

はじめは丹羽長秀に仕えていたが、豊臣政権下で秀吉の奉公衆に抜擢され、豊臣氏の蔵入地の管理や太閤検地の実施など、財政を一手に担い、豊臣政権の財政的基礎を築いた。
九州征伐(1586年)、小田原征伐(1590年)、朝鮮出兵(1592-93年、1597-98年)では兵糧奉行として活躍。また、近江・水口岡山城を拝領され、五奉行の制度が確立された際にはその末席となった。
秀吉死後は石田三成率いる西軍に加担して前田玄以とともに伏見城を守るも、関ヶ原本戦(1600年)では東軍の勝利を確信していた毛利家臣の吉川広家に妨害されて参戦できなかった。合戦後に水口岡山城に入城したものの、池田長吉らの調略によって捕えられた後、自害した。

略年表

  • 1562年(永禄5年)、誕生(※生誕年は定かではない)。その後、初めは丹羽長秀に仕える。
  • 1585年(天正13年)、豊臣秀吉の奉公衆に抜擢、財政を一手に担い、豊臣氏の蔵入地の管理や太閤検地の実施に当たる。
  • 1586年(天正14年)、九州征伐では兵糧奉行を務める。同年、本多忠勝の妹・栄子を正室に迎える。
  • 1589年(天正17年)、長男・半右衛門助信を儲ける。
  • 1590年(天正18年)、小田原征伐では兵糧奉行を務め、小田原周辺の兵糧を買い占める。
  • 1592-93年(天正20-21年)、文禄の役では肥前名護屋に在陣し、兵糧奉行を務める。
  • 1594年(文禄3年)、中川秀成の豊後入封に際し、戦乱によって荒廃した農村の再建、逃亡した農民の還住策を指示する。また、同時期に伏見城の造営にも参画。
  • 1595年(文禄4年)、近江・水口岡山城5万石を拝領する。
  • 1597-98年(慶長2-3年)、慶長の役でも文禄の役と同様、兵糧奉行を務める。
  • 1597年(慶長2年)、12万石に加増され、官位も従四位下侍従に昇任する。
  • 1598年(慶長3年)、五奉行の一人に任命、秀吉死後は石田三成方に与す。
  • 1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いでは西軍に属し、西軍敗退後に近江・水口岡山城に籠城するも、池田軍に捕縛されて切腹。享年39。


 PAGE TOP