あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

前田玄以

前田玄以(まえだ げんい、1539-1602年)は豊臣政権の五奉行の1人。

信長嫡男の織田信忠に仕え、本能寺の変では信忠の遺児・三法師を預かって京を脱出して難を逃れた。その後は京都所司代に任じられ、秀吉の晩年には五奉行に任命されて豊臣政権の後事を託された。

関ヶ原では石田三成方についていたが、決戦直前に病気となって不参戦。これが功を奏して戦後には家康から所領を安堵されている。

経歴

天文8年(1539年)に美濃国で誕生。はじめ "基勝"と名乗り、のちに天台宗、あるいは禅宗の僧侶になったといわれている。

玄以の前半生に関しては史料が少なく、謎が多い。

玄以の氏族といわれている美濃前田氏は、美濃国守護代斉藤氏の庶流といい、祖である前田季基が美濃国前田村に居住して前田氏を称したとされている。前田利家の加賀前田氏とは別であるが、系図類に同族とするものもある。

織田信忠の側近

やがて織田家に仕えると、信長嫡男の織田信忠配下の家臣となった。

玄以の初見史料は、天正7年(1579年)に玄以が真長寺宛てに寺の掟を定めている発給文書のようである。また、このころ玄以は本願寺と信忠との間における取次の一人であったようであり、信忠の側近であることがうかがえる。

天正10年(1582年)に勃発した本能寺の変の際、信忠と共に二条御所におり、信忠嫡男・三法師(のちの織田秀信)を託されて京都から脱出して尾張まで逃れたという。

信長と信忠の死後、まもなくして行なわれた清洲会議で三法師が織田家の後継者に決定すると、その傅役となった。

京都所司代となる

天正11年(1583年)には信長二男・信雄に仕え、信雄から京都所司代に任じられている。なお、この年に羽柴秀吉と柴田勝家による織田家の覇権を巡る頂上決戦が行なわれ、勝家は敗れて自害している(賤ヶ岳の戦い)。

天正12年(1584年)には秀吉と不和となった信雄が、徳川家康を味方につけて秀吉陣営と戦い、結果的に敗北している(小牧・長久手の戦い)。
これによって玄以は秀吉の家臣として仕えるようになる。

これ以降、秀吉は破竹の勢いで勢力を拡大し、翌天正13年(1585年)には関白に就任して事実上の豊臣政権を樹立したのであった。一方で玄以は引き続き京都所司代として京都の庶政、寺社の管理や洛中洛外の民政などを担当し、関ヶ原の戦い(1600年)までその任にあったという。

天正15年(1587年)には秀吉の政庁兼邸宅である聚楽第が完成。京都所司代の屋敷は秀吉の京都における宿所も兼ねていたが、このときに玄以は秀吉とともに聚楽第へ移ったとされる。

天正16年(1588年)に後陽成天皇の行幸を迎えて饗応した際、玄以は諸家の記録や故事を調べるなど奉行として活躍している。

玄以は京都所司代として常に京都にいたが、文禄2年(1593年)には朝鮮出兵の前線基地となった肥前国・名護屋城へ赴いて秀吉に近侍することもあったという。

文禄4年(1595年)以降には秀吉から5万石を与えられて丹波亀山城主となっている。

慶長3年(1598年)の秀吉の死の間際、玄以は石田三成らとともに豊臣政権下の五奉行の1人に任じられ、政権の後事を託された。

関ヶ原では・・

秀吉死後、徳川家康が秀吉の遺言を破って諸大名同士の婚姻を行なうなどしたため、石田三成や前田利家らがこれに反発。慶長5年(1600年)に徳川方の東軍 vs 石田三成方の西軍で天下分け目の合戦が勃発した(関ヶ原の戦い)。

玄以ははじめ他の五奉行と同じく、西軍に加担して家康討伐の作戦会議に参加していたが、決戦の直前には病気となって最後まで出陣しなかった。
その結果、戦後に家康から罪とはされずに丹波亀山の本領を安堵され、丹波亀山初代藩主となった。家康は京都所司代を務めていた玄以の手腕を高く評価し、朝廷政策などにあたらせようと考えていたようである。

しかし、家康の意に反して江戸幕府が創設される前の慶長7年(1602年)に病没した。

略年表

  • 1539年(天文8年)、美濃国で誕生。初名は"基勝"
  • 時期不明、天台宗、あるいは禅宗の僧侶となる
  • 時期不明、信長の嫡男・織田信忠に仕える。
  • 1579年(天正7年)、真長寺宛てに寺の掟を定めた文書を発給
  • 1582年(天正10年)、本能寺の変の際、信忠の命で嫡男・三法師を連れて脱出する。
  • 1583年(天正11年)、織田信雄に仕え、京都所司代に任じられる。
  • 1584年(天正12年)、秀吉の家臣として仕える。
  • 1588年(天正16年)、後陽成天皇の聚楽第行幸では奉行として活躍。
  • 1595年(文禄4年)、5万石を与えられて丹波亀山城主となる。
  • 1598年(慶長3年)、秀吉から五奉行の1人に任じられる。
  • 1600年(慶長5年)、関ヶ原合戦では西軍に属すも、病気で出陣せず。
  • 1602年(慶長7年5月20日)、死去。享年63。


 PAGE TOP