丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「後藤基次」通称・後藤又兵衛。大阪の役で英雄となった元黒田家臣

後藤又兵衛の肖像画
後藤又兵衛といえば、豊臣家が滅びた大阪の陣での活躍が有名だ。大名でもなかった彼が大阪の陣の当初から一軍の大将として迎えられた背景には、かつて仕えていた黒田家での活躍があった。 又兵衛は父を幼くして亡くしたために黒田家で黒田長政とともに兄弟同様に育てられたという。その又兵衛はどうして黒田家を出奔して大坂の陣に豊臣方として参陣する事になったのであろうか。

長政と兄弟同様に育てられる

後藤又兵衛は、永禄3年(1560年)に播磨の後藤新左衛門の次男として生まれたとされる。幼い頃に父を亡くし、黒田官兵衛(後の如水)に育てられた。官兵衛の息子であった黒田長政よりは8歳年長という事で、兄弟同然に育てられ仲もよかったとも伝わる。

やがて黒田家と又兵衛に波乱が訪れる。当時、官兵衛は主君・小寺家の家老として積極的に織田信長に協力する姿勢を取っていたが、同じ播磨の有岡城主・荒木村重が信長に突如反旗を翻した。これを説得しようと有岡城に入った官兵衛は捕えられ幽閉されてしまう。これを機に、主君の小寺家とともに又兵衛の伯父らが裏切り信長と敵対した。最終的に信長に対立した者たちは制圧されて官兵衛は救出されるのだが、官兵衛は後藤一族を許さずに又兵衛も追放処分にしてしまう。追放された又兵衛がその後どこでどうしていたのか、確たる資料はないのだが、一説によると仙石秀久に召し抱えられたと言われている。

九州での再会

時は流れ、織田信長の死後、天下統一事業を受け継いだ豊臣秀吉が九州の島津を討つべく動いていた。この時、先遣隊として豊後に入ったのが、前年の四国攻めで功を立て淡路国を拝領していた仙石秀久である。秀久は軍監として四国勢と秀吉の味方となった大友氏の軍を取り纏める役目であった。秀久には秀吉から現状を守って本隊が到着するまで動かないように指示が出されていたにも関わらず、島津勢を上回る数をたのみとして積極的に打って出る策を取った。

天正15年(1587年)、豊後国・戸次川(へつぎがわ)で両軍は激突。(戸次川の戦い
数に優る豊臣軍は始めは優勢で島津家久率いる島津勢は総崩れとなる。逃げる島津を追う展開となったが、これは島津のお家芸ともいえる「釣り野伏せ」と呼ばれる左右に伏兵のいる場所に敵を引き込むワナだったのである。追撃していたはずが突然包囲される形となった豊臣軍は大敗を喫して壊滅。仙石秀久は豊前・小倉城まで逃げるという失態を演じて秀吉の逆鱗に触れて改易される事になる。

この時、又兵衛と黒田長政が再会したと言われる。別れてから10年の歳月が経っていた。兄弟同然に育った長政のとりなしによって黒田家への再仕官がかなった又兵衛だったが、官兵衛は完全には許しておらず、黒田家重臣の栗山善助の与力として召し抱えられることになる。

大功を上げるも主君と不仲に

黒田家に復帰した又兵衛のその後の活躍は目覚ましいものがあった。九州平定の功をもって豊後6郡を拝領した黒田長政のもと、朝鮮出兵で数々の軍功を残す。文禄元年(1592年)から実施された文禄の役では、第二次晋州城攻防戦で一番槍を付け、続く稷山の戦いでも功名を上げた。また、慶長5年(1600年)関ケ原の戦いの際には石田三成の部将を討ち取るなどしている。これらの抜群の働きが評価されて、黒田長政が筑前52万石を拝領した際には、大隈城を預けられ16000石と大抜擢されることになる。

ところがまたもや後藤又兵衛の人生は暗転する。黒田如水の死後、主君・黒田長政との関係は急速に悪化して、とうとう慶長11年(1606年)に又兵衛は黒田家を出奔してしまう。兄弟同然の間柄で深く信頼しあっていたはずの二人の間に何があったのか、様々な説が取り沙汰されている。

特に朝鮮出兵時のエピソードには、虎を退治した又兵衛を見た長政が「大将のやる事ではない」と全く評価しなかったため又兵衛が怒ったとか、逆に長政が敵と組み打ちになっている時にも又兵衛は助けず、「あの程度の敵に討たれるようなら主君でも何でもない」と冷ややかに言ったなどが伝わる。これらは後世の創作の可能性も否定できないが、大人になって再会した二人の間は子供の頃のような無邪気なばかりの関係ではなかった事が伺われる。現在最も有力な説は、又兵衛が黒田家と不仲になっていた細川家と頻繁にやり取りしていた事を長政に疑われたため、とされる。

再仕官もかなわず大阪へ

出奔してからの又兵衛には不運がつきまとう。その元凶は他ならぬ旧主・黒田長政だった。長政の恨みは凄まじく、奉公構を出す。これは、他家が出奔した家臣を仕官しないように求めるもので、武士にとっては最も厳しい処罰といえる。

出奔した又兵衛が最初に頼ったのが細川家である。細川忠興は快く又兵衛を受け入れようとしたが、これに長政が猛抗議し国境を接する両家は一触即発の事態に陥る。事態を重く見た幕府が仲介に乗り出し、又兵衛は細川家を退去せざる得なくなる。その後も又兵衛の名声を惜しんで多くの大名から声がかかったが、その度に長政が邪魔をして仕官は叶わなかった。故郷の播磨に帰ってそのツテで池田家に一時的に召し抱えられた時期もあったが、これも長政の妨害にあって結局は出て行くことになる。幕府もこの両者の問題には手を焼いていたようで、再三仲介をするが又兵衛と長政が和解することは遂になかった。

こうして困窮の浪人生活を送っていた後藤又兵衛にチャンスが訪れる。慶長19年(1614年)、徳川幕府と豊臣家の関係は急速に悪化、開戦を避けられない状況となった豊臣方が浪人を集め始めたのである。又兵衛の許にも大阪からの使者が来て、この誘いに乗る。そして旧大名でもなかったものの、大阪浪人五人衆の一人として軍議に参加する身分となる。いかに彼の名声が轟いていたかの証拠であろう。

道明寺に散る

大阪城への入城を果たした又兵衛は、一手の大将として厚遇を受け、6千の兵を率いて奮戦する。彼らの戦いによって大坂冬の陣は膠着し、幕府との講和が締結される。しかしこれは幕府のワナであった。講和条件を逆手にとって大阪城の堀を全て埋めてしまった幕府は、翌慶長20年(1615年)になって再び豊臣に対して討伐の軍を起こす。さしもの名城・大阪城も堀がなければ戦えない。豊臣方は残された兵5万で幕府の15万と会戦せざるを得なくなった。

又兵衛は大和口から迫る幕府軍を河内平野の隘路にあたる道明寺で阻止する作戦をとり、自ら2800の兵を率いて出陣する。ところが5月6日未明、道明寺付近まで進出してみると既に幕府軍が隘路を抑えていた。作戦計画が破綻したことを悟った又兵衛は、すぐに近くの小松山に登る。

幕府軍もこれを認識し小松山を包囲、午前4時に山上から後藤又兵衛が攻めかかり道明寺の戦いが始まった。 後藤隊は山の上という有利な位置取りをしており戦巧者である後藤又兵衛の采配も冴えて、次々と幕府軍の陣を打ち破るが、なんといっても兵力差が10倍以上もあり多勢に無勢である。頼みの後続部隊も一向に現れない。数度にわたる幕府軍の攻撃をはねのけていた後藤勢だが、伊達勢の銃撃に後藤又兵衛が被弾、7時間の激闘の末に後藤隊は壊滅した。

数々の武功を上げた歴戦の兵も主君に疎まれ最期は大阪に散る

後藤又兵衛は大坂の陣での道明寺の戦いにおける華々しい戦いぶりが有名な武将である。 彼はもと黒田家の家臣であったが、主君・黒田長政と不仲になり出奔、その後は黒田長政の執拗な嫌がらせによって再仕官も叶わず困窮していたところに豊臣方から誘いがかかり、大坂の陣に参陣することになった。最期は10倍の敵を相手に道明寺の戦いで戦死した。


 PAGE TOP