あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

北条氏直

北条氏直(ほうじょう うじなお、1562-1591年)は後北条氏の第5代当主。父は北条氏政で母は武田信玄の娘・黄梅院。父・氏政と共に後北条氏の最大版図を築き上げるも、外交の失敗によって秀吉による小田原征伐を招いた。

経歴

氏政の次男として誕生。このころは祖父・北条氏康が当主で甲斐の武田氏・駿河の今川氏と甲相駿三国同盟を締結していたが、武田信玄が駿河侵攻(1568-70年)を行なったのをきっかけに、今川が事実上滅亡し、武田とは手切れになったことで甲相駿三国同盟が破綻。のちに父・氏政が当主となってからは武田との甲相同盟が復活となる。

房相一和(1577年)で安房里見氏と同盟を結んだ年に元服、初陣を飾った。まもなくして父・氏政が御館の乱(1578-79年)をきっかけに再び武田との同盟を手切れとし、当時、最大勢力を誇った織田信長に臣従を申し出て、隠居。これにともなって早くに北条当主の座につくこととなった。

信長の横死後、神流川の戦い(1582年)で織田方の滝川一益を敗走させると、そのまま上野国・信濃国に侵攻し、上杉景勝や家康と戦火を交えたが、戦線が膠着したことで徳川家康と和睦。翌年には和睦条件に従って家康の娘・督姫を娶って同盟を締結。

以後、下野・常陸方面に侵攻して勢力拡大していったものの、信長の天下統一を継承した秀吉が四国平定(1585年)、九州平定(1587年)を経て、関東・奥羽(陸奥国・出羽国)の惣無事令を発令。このため、先の戦いに備えて軍備増強に務めると同時に、家康の仲介で秀吉との交渉に望んだ。

しかし、名胡桃城奪取事件(1589年)を惣無事令違反として秀吉が小田原征伐(1590年)を開始すると、豊臣の大軍勢を前に降伏を余儀なくされた。
戦後は助命されるも高野山へ追放。翌年には赦免され、河内及び関東で領地を与えられたが、まもなく病死した。

略年表

  • 1562年(永禄5年)、北条氏政の次男として誕生。
  • 1577年(天正5年)、元服して古河公方・足利義氏にはじめて書状を送る。同年、上総国に初陣。
  • 1580年(天正8年)、父・氏政隠居により家督を継いで北条家5代目当主となる。
  • 1581年(天正9年)、叔父・武田勝頼と三島で戦うも決着つかず。
  • 1582年(天正10年)、神流川の戦いで滝川一益を敗走させる。その後、上野・信濃・甲斐と続けて侵攻し、最終的に徳川と和睦(天正壬午の乱)。
  • 1583年(天正11年)、家康の娘・督姫を娶って同盟締結。
  • 1587年(天正15年)、秀吉による関東・奥羽の惣無事令が発令され、以後、秀吉との戦いを想定して軍備増強に務める。
  • 1589年(天正17年)、名胡桃城奪取事件が起き、秀吉への弁明に奔走。
  • 1590年(天正18年)、小田原征伐で降伏。家康の婿であることからか秀吉から助命される。高野山での生活を余儀なくされ、以後「見性斎」と称す。
  • 1591年(天正19年)、秀吉から赦免されて河内・関東において1万石を与えられるも大坂で病死。享年30。


 PAGE TOP