丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「北条氏政」父氏康に器量を嘆かれた?後北条四代目

北条氏政の肖像画
初代北条早雲以来、乱世において後北条氏の最大版図を築き上げた功績を残した北条氏政。だが、最終的には豊臣秀吉による侵略を招いて、北条滅亡へと導いてしまったことからかなのか、評価がいまひとつ低いようだ。ここでは北条氏政の生涯と北条滅亡までの経緯をみていこう。

嫡男の死により、後継者へ

氏政は天文7年(1538年)に北条氏三代目当主・北条氏康の二男として誕生。長男・新九郎がいたが、早世したために世子となる。

父氏康は天文23年(1554年)に甲斐の武田信玄・駿河の今川義元とそれぞれ姻戚関係を結んで軍事同盟を成立させている。いわゆる甲相駿三国同盟と呼ばれるものであり、このときに氏政は信玄の娘・黄梅院を正室に迎えることになった。そして氏政が21歳となった永禄2年(1559年)には、氏康が隠居して家督相続となるが、実権はそのまま氏康が握りながら父子による共同統治としている。まだ若かったことから単独での統治は難しいと判断されたのだろう。

家督を継ぐも、父との両頭体制

その後の氏政は、父氏康とともに各地を転戦することになる──。

三国同盟の成立以降、氏康・氏政父子は関東での戦いに専念できていたが、永禄3年(1560年)桶狭間の戦いで今川義元が尾張の織田信長に討たれたのを機に、越後(新潟県)の上杉謙信が北条討伐に名乗りをあげて出陣、怒涛の進軍で多くの関東諸将らをも従えて翌年には北条の本拠・小田原城を包囲した。このとき氏政は父の主導のもとで小田原城で籠城戦を行ない、上杉軍の撃退に成功している。(小田原城の戦い

上総国などの支配権を巡って対立した永禄7年(1564年)の第二次国府台合戦では、氏政は北条綱成と共に里見軍の背後を攻撃して撃退、同年、武蔵・岩槻城主の太田資正の嫡男・氏資への調略が成功。その後も上総土気の城主・酒井胤治を帰順させるなどして上総で勢力を拡大していった。

小田原城の戦い以降、上杉軍による関東遠征によって幾度となく苦しめられた北条だが、同盟国の信玄にも助けられて、徐々に上杉方から奪われた領土を奪還、再び武蔵の支配権を確立。さらには、その後に上野国の由良成繁・佐野昌綱・北条高広らが氏政に帰順したことで同国にも勢力を伸ばしていった。
だが、一方で上総の支配権は永禄10年(1567年)の三船山の戦いに敗れたことで失うことに。このとき里見方の佐貫城の危機を未然に防ぐべく、里見義堯・義弘父子が侵攻してきたが、氏政は迎撃に失敗して敗退している。

信玄の駿河侵攻(1568-70年)が開始されると、信玄とは手切りとなり、代わりに上杉謙信と越相同盟(1569年)を締結。同年、武田軍の小田原城包囲では父・氏康とともに籠城戦で撃退。しかし、続いて武田軍を追撃した三増峠の戦い(1569年)では挟み撃ちを試みたが失敗して敗戦となった。

父の死後、外交方針を転換

氏康の死後、氏政は武田信玄との同盟を復活させると同時に、上杉謙信との越相同盟を破棄している。これは一説に氏康の指示によるものというが、定かではない。なお、越相同盟は武田氏と対抗するために結んだものであったが、あまり機能しなかったことも理由の一つと考えられている。

元亀3年(1572年)には信玄による西上作戦が展開されるが、氏政は援軍を派遣する形で協力している。一方で上杉家との戦いが再び開始されたが、謙信の関心が越中国にあったことから大きな合戦はなく、やがて上杉派の勢力を関東からほぼ一掃することに成功する。なお、天正5年(1577年)には宿敵・里見氏とも房相一和で和睦している。

御館の乱

天正6年(1578年)には謙信が病没したことにより、上杉家中において後継者争いとなった御館の乱が勃発。

これは2人の謙信養子、すなわち上杉景勝上杉景虎による争いであったが、実のところ後者の景虎は氏政の弟であった。このため、氏政は景虎支持のために越後に軍勢を派遣してのちに自らも出陣、同盟国の武田勝頼にも援軍を要請した。しかし勝頼は景勝からの和睦交渉(のちの甲越同盟に繋がる)に応じて景勝・景虎間の和睦調停をしてから撤兵してしまうことに。その後、景勝・景虎は再び争い始め、結果的に景虎が敗れて自害となった。
氏政としては勝頼が撤兵さえしなければ弟景虎が自害することもなかっただろうと考えるのは当然かもしれない。乱が収束してまもなく、氏政は甲相同盟を破棄するのであった。

ついに北条氏の最大版図を築く!

その後、氏政は武田と手切れになった代わりに徳川家康と同盟を結び、駿河国の武田領を挟撃するようになる。そして天下の趨勢はすでに信長に傾いていたことから、天正8年(1580年)には織田家への臣従を示し、自らは実権を掌握しつつも嫡男・北条氏直に家督を譲って隠居する。

天正10年(1582年)、武田滅亡となった甲州征伐の際には、信長に呼応して駿河国へと侵攻している。しかし、本能寺の変によって信長が横死すると、態度を一変させて織田領で旧武田領でもあった上野国・信濃国・甲斐国への侵略を氏直や家臣らに命じている。これは天正壬午の乱と呼ばれ、旧武田領は上杉景勝・徳川家康・武田遺臣の国衆らとの争奪戦と化した。
この広域の戦いのクライマックスは「徳川 vs 北条」の様相を呈し、最後は家康と和睦交渉となり、おおまかに信濃国と甲斐国を徳川領、上野国を北条領とし、家康の娘・督姫を氏直の正室に迎える条件で終結した。

そして、氏政は以後も勢力拡大を進めていき、天正13年(1585年)には相模・伊豆・武蔵・下総・上総・上野から常陸・下野・駿河の一部に及ぶなど、ついに北条氏の最大版図を築き上げたのである。

最期、天下人・秀吉によって葬られる

だが、この頃すでに関東以西の情勢は、信長から天下統一事業を受け継いだ秀吉が台頭、同年には四国の覇者・長宗我部元親を降して四国平定を果たし、関白にも就任して事実上の豊臣政権を樹立していた。さらに天正15年(1587年)には薩摩島津氏を屈服させて九州平定を成し得たあと、同年末には残る関東・奥羽(陸奥国・出羽国)に対して惣無事令(私闘を禁止する法令)を発令した。

もはや秀吉の天下に疑いの余地はなく、さすがの氏政も秀吉に刃向おうとまで思わなかったが、秀吉に直接頭を下げることはしたくなかったのだろう。翌天正16年(1588年)には秀吉が聚楽第に後陽成天皇の行幸を迎えてこれを饗応した際に、各諸大名に上洛して列席を要請したが、氏政はこれに応じずに秀吉と不和が生じている。だが、秀吉が家康を介して政権への服属を迫ってくると、氏政はついに観念したのか、弟の北条氏規を名代として上洛させて従属の意志を表明させている。

北条滅亡のきっかけか?沼田領問題と名胡桃城事件

このように氏政と秀吉は折り合いが悪かったが、天正17年(1589年)北条にとって取り返しのつかない名胡桃城事件が勃発。これは北条家臣が名胡桃城を奪い取るという事件であり、そのきっかけは上野・沼田領は誰のものか?という沼田領問題が背景にあった。

上野国沼田の地は、真田昌幸がかつて自力で攻めとった地であり、天正壬午の乱のときにも家康の従属下にいた真田は北条軍から沼田城を守り抜いた。しかし、徳川・北条間の和睦条件において沼田の地は”北条のもの”という内容があったため、家康は真田に対して沼田の地を北条に譲るよう命じたが、昌幸は納得せずに命令を無視し、その後も沼田を巡って北条軍と戦いつづけ、挙げ句の果てには家康とも仲違いしていた。
やがて徳川・北条・真田の三者が豊臣政権に従属したため、この問題は秀吉が預かることになった。秀吉が裁定した結果、沼田領のうち、北条の所領は沼田城を含む3分の2、真田は名胡桃城を含む3分の1として分割されてしまった。

沼田城と名胡桃城はそれぞれすぐ目と鼻の先にある。つまり、名胡桃城事件は、沼田城の北条家臣が真田領の名胡桃城を奪い取るという事件だったのである。なお、奪取した理由は定かでなく、氏政の意向があったのかどうかもわからない。

小田原攻め

結局、北条にとって名胡桃城事件が命取りとなった。この事件は惣無事令に違反するとして、秀吉は北条攻めを開始したのである。

天正18年(1590年)2月、いざ豊臣政権による小田原征伐がはじまると、豊臣の大軍勢を前に関八州の覇者たる北条氏といえども成す術はなかった。氏政は降伏を余儀なくされ、助命は叶わずに切腹を命じられて自害した。なお、このとき当主の氏直は助命されたが、翌年に病没している。

氏政には『北条記』に見られるように様々な逸話が残っているが、後世の創作が多い。二度汁かけのエピソードは有名であろう。氏政は汁をご飯にかけたが、その量が少なかったのでもう1度汁をかけたところ、父氏康が毎日食事をしているにもかかわらず汁の量もわからなくて北条氏の未来を憂いたというものだが、これは創作の可能性が高いとされている。


 PAGE TOP