丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

北条幻庵:早雲末子で、僧にして家中で絶大な力を誇った重鎮

北条幻庵の肖像画

北条幻庵(ほうじょう げんあん、1493?-1589?年)は北条氏の家臣で北条早雲の三男。早雲から氏直までの後北条5代に仕えた。

経歴

幼いころより僧となり、父・早雲に仕え、兄・氏綱の代には箱根権現の別当となったとされ、武田信虎との甲斐山中合戦や上杉朝興との武蔵入間川合戦に参戦。
氏康の代になると、甥の玉縄城主・北条為昌の死後に三浦衆と小机衆を指揮下に置くようになった。『小田原衆所領役帳』(1559年に作成)によると、家中で最大の5457貫86文を領有し、二番目に多い松田憲秀(2798貫110文)の倍近い所領であった。

武田信玄による駿河侵攻(1569年)で蒲原城を落とされた際、次男・綱重、三男・長順を相次いで失ったため、同年に北条氏康七男・北条三郎(のちの上杉景虎)を養子に迎え、家督と小机城を譲って隠居。幻庵宗哲と号した。しかし、翌年には越相同盟の人質として北条三郎が選ばれ、上杉謙信の養子となったため、家督を孫・北条氏隆、小机城を北条氏光に継がせた。

幻庵は政治面・軍事面の両方で活躍、馬術や弓術にも秀でており、文化人としての事跡も数多い人物であった。また、北条一門の長老として当主や家臣団に対しても隠然たる力を保有した。『北条五代記』によると享年97という長寿であったが、生年・没年ともに疑問視されており、諸説ある。


 PAGE TOP