丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「北条早雲(伊勢宗瑞)」関東でいち早く戦国大名へ。後北条の祖。

北条早雲の肖像画
北条早雲は戦国時代初期の武将で、戦国大名のパイオニアとして知られる。伊勢宗瑞とも。

早雲の出自

早雲の従来の出自は伊勢国の一介の素浪人とされてきたが、近年では室町幕府の政所執事を務めた伊勢氏の一族との説が有力で、父は伊勢盛定とされている。その盛定は幕府政所執事・伊勢貞親と共に8代将軍足利義政の申次衆という重要な立場であったことが明らかにされてきている。

早雲ははじめ、生誕地である備中国に居住、のちに上洛して足利義視(将軍義政の弟)に仕えたという。応仁元年(1467年)からはじまった応仁の乱の際、8代将軍義政と不和となった義視に従って伊勢国に下向。乱で東軍に属した駿河守護で足利一門でもある今川義忠が早雲の姉(または妹)である北川殿と結ばれたため、のちに駿河へ移ったとされている。

今川家の家督争い

早雲が歴史の表舞台に登場するのは、応仁の乱の最中の文明8年(1476年)である。

この年、今川氏6代当主・今川義忠が失っていた遠江守護職を奪還するため、遠江国で斯波氏と戦っていた。しかし、斯波氏の家臣で遠江国の有力国衆である横地氏や勝間田氏の襲撃によって討ち死にしてしまい、今川家で家督争いが勃発することに。。
義忠の嫡男で幼少だった龍王丸(=のちの今川氏親)と分家の小鹿範満との間で家中が対立し、範満支持派として堀越公方の重臣・上杉政憲や、扇谷上杉氏の家宰・大田道灌らが介入する事態に発展していった。

ここで紛争を解決に導いたのが早雲であった。幕府申次衆であった早雲は龍王丸の叔父にあたったことから、京から駿河へ向かって家督問題の調停にあたり、龍王丸が成人元服までは代理として小鹿範満が執政にあたるということで話をまとめたのである。こうして早雲は再び京都へ戻った。

だが、小鹿範満は、龍王丸の成人後も家督を戻そうとはしなかったようだ。このため、早雲は長享元年(1487年)に再び駿河へ下り、小鹿範満とその弟の孫五郎を討ち取った。そして、龍王丸が晴れて家督を継承して7代目当主・今川氏親が誕生となる。

なお、同年には山内・扇谷の両上杉家の対立による "長享の乱" も勃発、この戦いは20年近く続き、やがて早雲も扇谷上杉家の援軍として参戦することになるのだが、皮肉にも両上杉家は徐々に衰退していき、代わりに早雲が台頭していくことになる。

堀越公方でも家督争いが勃発

堀越公方では、初代足利政知の子・茶々丸が廃嫡されて土牢に閉じ込められ、関東執事として仕えていた上杉政憲も自害させられる事件が起きた。実はここでも早雲が関与している。

廃嫡の理由は、茶々丸の母が死去したのち、政知と後妻との間に2人の男児が生まれたことにあった。兄は清晃(せいこう、後の11代将軍足利義澄)で弟は潤童子(じゅんどうじ)といった。上杉政憲の自害はこの件に関して政知を諌めたことで怒りを買ったのであった。

政知は清晃を次期将軍に、潤童子を堀越公方に就かせて中央と関東の再統一を果たす狙いがあった。しかし、政知は延徳3年(1491年)に病死。この後、茶々丸は後妻に虐待されるも、土牢を脱出して後妻と潤童子を殺害した。清晃は出家して京にいたために難を逃れたようである。

こうした中、中央では明応2年(1493年)明応の政変と呼ばれるクーデターによって清晃が11代将軍となり、義遐(よしとお)と改名。そして幕府官僚の経歴を持ち、茶々丸の近隣に城を持っていた北条早雲に母と弟の敵討ちを命じたのであった。これを受けて早雲は茶々丸を自害(※諸説あり)に追い込み、堀越公方を滅ぼした(伊豆討入り)

なお、近年の研究だと、茶々丸は明応4年(1495年)に伊豆国から追放され、山内上杉氏や武田氏を頼って伊豆奪回を狙っていたことが明らかななようであり、 また、同年に早雲は、茶々丸の討伐・捜索を大義名分として甲斐へ出陣して甲斐守護の武田信縄と戦ったようである。茶々丸は明応7年(1498年)8月に甲斐国で早雲に捕捉されて自害したという。

小田原城攻略

明応3年(1494年)、扇谷上杉氏に3つの不運があった。

  1. 上杉定正の重臣であった小田原城主・大森氏頼が病死。
  2. 新井城主(神奈川県三浦市)三浦時高が死去(死因は諸説あり)。
  3. 扇谷上杉氏当主・上杉定正が山内上杉氏との戦いで落馬して死去。

大森氏頼の死により、小田原城の城主は次男の大森藤頼が後を継ぎ、早雲は同盟関係の扇谷両上杉氏と距離をおいたのか、小田原城攻略を実行に移していく。

『北条記』によれば、早雲は藤頼にたびたび進物を贈り、警戒心を解いて接近した。ある日、箱根山での鹿狩りを名目に領内に勢子(せこ、=狩猟の際、動物を追い回す役割の人)を入れさせて欲しいと頼み、早雲に心を許していた藤頼は快諾した。
しかし、勢子の正体は早雲の兵士であり、その夜に敵の大軍の襲撃を装って小田原城を大混乱させ、早雲は簡単に城を乗っ取ったという。

このエピソードが真実かどうかは定かでないが、小田原城を奪取したのは確かである。これは明応4年(1495年)(※諸説あり)のことであった。文亀元年(1501年)から永正元年(1504年)頃には、三河国に進出して松平長親と戦っているため、早雲は今川家の重臣として動いていたこともわかるが、徐々に独立の道を歩むことになる。

両上杉家が和解、早雲は戦国大名化!

永正元年(1504年)には、山内・扇谷両上杉氏の争いである長享の乱の事実上の決戦となった立河原の戦いがはじまる。この戦に早雲は今川氏親の求めに応じる形で武蔵国立河原に出陣し、扇谷上杉の上杉朝良を援護し、山内上杉の上杉顕定と再戦して勝利した。しかし、顕定の弟である越後守護・上杉房能がこの報を聞いて、兄を救うべく扇谷上杉家の諸城に攻め入って攻略。翌永正2年(1505年)3月には、顕定の軍勢に河越城を包囲されてしまい、扇谷上杉家の降伏によってようやく長享の乱が収束することになった。

この戦いをきっかけに相模方面にも本格的に転進した早雲だが、この頃より扇谷上杉家とも敵対関係に入ったとみられ、翌永正3年(1506年)には相模国で検地を実施するなどの領国支配に向けて強化している。一方で永正4年(1507年)に顕定の養子・上杉憲房と朝良の妹の婚姻が成立し、両上杉家は和解した。

相模国を平定

山内家・扇谷家の両上杉家と敵対した早雲は、その後も各地を転戦し、やがて今川氏の武将としての活動もみられなくなると、永正9年(1512年)には、扇谷上杉家傘下の三浦氏との戦いで岡崎城・住吉城を陥落させ、鎌倉に入って玉縄城を築城した。そして永正13年(1516年)には激闘の末に三浦氏を滅ぼし、待望の相模平定を成し遂げている。

その後、家督を嫡男の北条氏綱に譲ると、まもなくして没した。辞世の句は以下。

枯るる木に また花の木を 植ゑそへて もとの都に なしてこそみめ。

早雲は伊豆・相模の太守となって領国支配も実施したことから、戦国大名の先駆けといわれている。実際、早雲の行なった検地は最古の事例とされている。また、彼が定めたとされる家法『早雲寺殿廿一箇条』分国法の祖形になった。


 PAGE TOP