あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

【名場面】家康と関ヶ原決戦のこぼれ話(1600年)

慶長19年(1600年)の関ヶ原合戦におけるちょっとしたこぼれ話を以下にいくつか紹介。

関ヶ原への転進の時

※『名将言行録』より

家康が同年9月1日に江戸から関ヶ原へ転進するときの話である。

石川家政

殿。今年は今日が西塞(にしふさがり)です。できれば他の日に出発するのがよろしいかと・・。

家来アイコン
徳川家康アイコン

家康

それならば、わしが出発してそれを開こう。

家康はそう言い、決戦の地に向けて出発したという。

小早川秀秋の寝返りに喜ぶ

※『名将言行録』より

9月14日の決戦前日、家康が南宮山の敵を巡視したとき、本多忠勝が家康に寄ってきて言った。

本多忠勝

殿!小早川秀秋は我らに味方しようと、既に黒田長政を使者として人質を取り交わしました。

本多忠勝アイコン
徳川家康アイコン

家康

なにぃ!?なぜ秀秋は寝返ったのじゃ?
ならば戦はすでに勝ったも同然じゃ!!

家康が声を大にして言ったため、周囲の者らはこれを聞き、喜び勇むことこの上なかった。

そして家康は小西正重・西尾伊兵衛の2人を秀秋の陣のある松尾山につかわして、様子をうかがわせ、2人が帰ってきて声高に報告した。

小西正重

殿!やはり秀秋は寝返るようです!

家臣アイコン
徳川家康アイコン

家康

フフフ。そのようなことは小声でいうべきことじゃぞ。もし秀秋が裏切らなかった場合は気落ちするからのう。

宇喜多詮家に対し・・

※『名将言行録』より

関ヶ原の戦いのとき、宇喜多詮家(のちの坂崎直盛)が家康に会って言った。

宇喜多詮家

それがし、粉骨砕身でご奉仕いたします。

家来アイコン
徳川家康アイコン

家康

それはそれは。ご念の入ったご挨拶ですな~。

家康がそう言うものの、近臣の者は警戒し、「(宇喜多詮家は)あいさつがあまりにも丁寧すぎる」と家康に進言した。
これに対して家康は・・

徳川家康アイコン

家康

・・あのような者には、このように言っておくのがよいのだ。

と言ったという。


あわせて読みたい
徳川家康の名言・逸話まとめ
徳川家康トップ / 入門
石田三成の名言・逸話まとめ
豊臣秀吉トップ / その他の記事
本多忠勝
徳川家康トップ / 登場人物伝
3分でわかる徳川家康の生涯
徳川家康トップ / 入門
井伊直政
徳川家康トップ / 登場人物伝
石田三成
豊臣秀吉トップ / 登場人物伝

 PAGE TOP