あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

本多忠勝の家紋・家系図

家紋

松平・徳川譜代の本多家は忠勝のほか、本多正信など同姓の支族も多く、家紋・丸に立ち葵はすべての本多家に共通で使用されたようである。

本多忠勝の家紋
丸に立ち葵(まるにたちあおい)

忠勝も使用した丸に立ち葵。徳川家康の紋・三葉葵はこの紋を譲り受けたものという。


家系図

本多忠勝の父母

父は本多忠高。

母は松平家臣・植村氏義の娘の小夜。

本多忠勝の兄弟

忠勝には同母妹・栄子のほか、異父妹が一人いる。

  • 栄子(妹、えいこ)
    豊臣政権の五奉行の一人・長束正家の正室となった。
  • 女子(異父妹)
    織田信長の弟・織田信照の正室とされている。

本多忠勝の妻子

正室は阿知和玄鉄の娘・於久の方。側室に乙女の方(おとめのかた)がいる。

於久の方(正室)

忠勝の嫡男・忠政、次男・忠朝の母。

  • 忠政(長男、ただまさ)
    忠勝の隠居にともなって本多家の家督を相続し、伊勢桑名藩第2代藩主となる。のちに播磨姫路藩初代藩主。
  • 忠朝(次男、ただとも)
    上総大多喜藩2代藩主。
乙女の方(側室)

真田信之に嫁いだ小松姫の母。

  • 小松姫(こまつひめ)
    稲姫(いなひめ)とも呼ばれる。上田藩、松代藩の初代藩主となった真田信之の正室であり、真田が豊臣政権下で徳川の与力となった後に信之に嫁いだ。
    忠勝には他にも生母不明の娘が多くいるが、本多忠勝の娘として小松姫が最も有名。


あわせて読みたい
家康の家紋・家系図とそのルーツ
徳川家康トップ / 入門
信長の家紋・家系図とそのルーツ
織田信長トップ / 入門

 PAGE TOP