あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

本多一族(忠勝・正信等)の家紋・家系図

三河松平譜代であり、徳川四天王で知られる本多忠勝や、家康の知恵袋として幕政を牛耳った本多正信など、多くの有能な人材を輩出した本多一族。
本稿では本多氏の家系図・家紋などのほか、一族の主要人物を簡潔にまとめて紹介していく。

枝分かれした本多一族

本多氏は藤原北家兼通の流れを汲み、助秀が豊後国本多に住んで本多を称した。助定の代には足利尊氏に仕えて尾張国横根郷(愛知県大府市)を与えられ、室町幕府の奉公衆と務めていたという。

その後、4代目のときに定通と定政の2流に分かれ、そこからさらに枝分かれしていったようだ。

  • 忠勝系
  • 重次系
  • 忠次系
  • 広孝系
  • 正信系 etc...

なお、惣領家は本多忠勝の家系といわれているが、これは確証がないようだ。
以下、本多一族の略系図をみてみよう。

忠勝の家系

助時の代に、松平親忠(安城松平氏の祖)に仕え、以後は代々平八郎を称す。

忠勝の祖父・忠豊は、松平清康・広忠父子に仕えたが、織田氏の三河国の拠点・安祥城を攻めたときに討死。なお、このとき忠勝の父である忠高も同時に討死となっている。

その後、忠勝が家康に仕え、やがて旗本先手役として武功をたて、徳川四天王にまで上り詰めたことは周知のとおりだろう。

次に忠勝ファミリー(父母兄弟・妻子)をみていこう。

忠勝の父母兄弟

匿名アイコン

本多忠高(ただたか)

忠勝の父。松平清康・広忠の2代に仕え、尾張国の織田氏との戦いに功を収めた。天文17年(1548)には忠勝が誕生するが、翌天文18年(1549)に主君の広忠が謎の死(病死・暗殺説など)を遂げると、後を追うように同年の安祥城攻めで討死した。
匿名アイコン

小夜

忠勝の母。松平家臣・植村氏義の娘
匿名アイコン

栄子(えいこ)

忠勝の同母妹。豊臣政権の五奉行の一人・長束正家の正室となった。
匿名アイコン

女子

忠勝の異父妹。織田信長の弟・織田信照の正室とされている。

忠勝の妻子

匿名アイコン

於久の方

忠勝の正室。阿知和玄鉄の娘で、忠勝との間に嫡男忠政、次男忠朝を儲けている。
匿名アイコン

忠政(ただまさ)

忠勝の長男。天正3年(1575)生まれ。
関ヶ原合戦の際には徳川秀忠隊に属し、第二次上田合戦に従軍した。忠勝の隠居にともなって本多家の家督を相続し、伊勢桑名藩第2代藩主となる。大阪冬の陣・夏の陣にも参陣し、夏の陣では家康旗本衆の前に布陣し、突撃してきた真田幸村の隊とまともに衝突したという。戦後、姫路15万石を与えられ、播磨姫路藩主となった。

匿名アイコン

忠朝(ただとも)

忠勝の次男。天正10年(1582)生まれ。
関ヶ原合戦では、父・忠勝に付き従って活躍し、戦後に忠勝の桑名移封に伴い、忠勝の旧領・上総大多喜5万石を拝領。上総大多喜藩2代藩主となった。
慶長19年(1614)の大阪冬の陣における大坂城包囲の際、持ち場の変更を願い出たことで家康の怒りを買った。 その汚名を雪ぐべく、翌年の大阪夏の陣では、決戦前夜に小笠原秀政の陣所を訪れ、命がけの戦いを決意して最後の酒宴を催したという。 そして翌日の天王寺決戦の日、先鋒として豊臣方の毛利勝永軍と正面から衝突し、討死して果てた。

匿名アイコン

乙女の方

忠勝の側室。松平家臣・松下弥一の娘で、幼くして父を無くし、忠勝との間に小松姫を儲けている。
匿名アイコン

小松姫(こまつひめ)

忠勝と乙女の方に生まれた娘。稲姫(いなひめ)とも呼ばれる。
上田藩、松代藩の初代藩主となった真田信之の正室であり、真田が豊臣政権下で徳川の与力となった後に信之に嫁いだ。忠勝には他にも生母不明の娘が多くいるが、小松姫が最も有名。

正信の家系

弥八郎を通称としており、曾祖父・忠正は松平清康に仕え、父・俊正は清康・広忠父子に仕えたという。
正信は家康に仕えたが、三河一向一揆のときに一揆方に味方して出奔したため、戦国期はあまり徳川家に貢献できなかった。
だが、秀吉の天下統一後は、常に家康の側に仕えて政治手腕を発揮、家康・秀忠父子の絶大な信頼を得た。

本多氏の家紋は特別だった!?

本多氏が使用した家紋は以下の3つ。すべて独占紋であり、忠勝系や正信系など、一族共通で使用されたようである。

「丸に立ち葵」本多氏の家紋

丸に立ち葵

「本の字」本多氏の家紋

本の字

「本多一本杉」本多氏の家紋

本多一本杉

『本多家譜』によれば、「祖先は山城の賀茂神社の神主で、立ち葵を家紋にする」とあるので、上記のうち、「丸に立ち葵」が定紋のようだ。一説に徳川将軍家の「三つ葉葵」は、この「丸に立ち葵」の家紋が由来とされている。というのも、家康の祖父・松平清康が戦場で本多正忠の働きを喜び、「三つ立ち葵」の家紋の「葵」だけを譲ってもらい、松平家の家紋にした、『本多家譜』に伝わっている。

このためかどうかはわからないが、「葵」の紋は徳川将軍家の独占紋として徳川の世では使用を憚られたにもかかわらず、本多氏は例外的に「三つ立ち葵」を認められていたのだ。

この他、「本」の字と「本多一本杉」があるが、「本」の字については本多忠勝が旗紋に使用した。「丸に立ち葵」の模様は細かいため、戦場で確認する点や数多く制作する点で旗紋として不向きだったからだという。


おすすめの記事



 PAGE TOP