丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

徳川家臣団の組織構造とその変遷

多くの苦難を乗り越え、最後には天下人にまでのし上がった徳川家康。その生涯を支えたのは、多くの家臣たちであったことはいうまでもない。
三備、岡崎三奉行、徳川四天王とは?本稿で家康の生涯とともに徳川家臣団の組織構造や変遷を考察していく。

三河・遠江時代:「三備」の軍制の確立

家康は、幼少から今川家で人質時代を過ごしたことは知られるが、桶狭間合戦をきっかけに今川からの独立を果たし、三河国を統一した永禄9年(1566)頃には、領国支配体制を整備している。

三備の軍制とは?

まず軍事面においては、"三備" と呼ばれる軍制を構築。これは以下のように3つに分けて家臣団を編成した。

  1. 家康旗本衆:家康直属の部隊。家康を護衛する馬廻衆と、旗本先手衆に分けられる。
  2. 酒井忠次を旗頭とした東三河衆酒井忠次を筆頭に、松平一族や東三河国衆らが配下に編入。
  3. 石川家成を旗頭とした西三河衆:石川家成を筆頭に、松平一族や東三河国衆らが配下に編入。のちに石川数正が旗頭になる。

酒井や石川ら旗頭は、軍事指揮権を与えられており、合戦の際、配下の将はその指揮下に入って行動する制度である。
戦国大名の家臣団編成の特色には、武田氏や今川氏などが採用した「寄親・寄子制」があるが、徳川家臣団の編成もそのような特色を持ち合わせていたとみられる。

岡崎三奉行

次に奉行の設置について。

永禄末年までに、家康は「岡崎三奉行(三河三奉行)」と呼ばれた職制を設置したという。これは民政や訴訟などを担当した行政官であり、高力清長・本多重次・天野康景の3人を指している。

彼ら3人は松平氏譜代の家臣であり、それぞれ性格を「仏高力、鬼作左、彼是偏(どちへん)無しの天野三兵」と、領民たちに評されているようだ。(『藩翰譜』『寛政重修諸家譜』)
以下に意味を記す。

  • "仏高力":温順にして慈悲深い性格の高力清長のこと。
  • "鬼作左":短気だが、道理を通す本多重次のこと。
  • "天野三兵":寛厚にして思慮深い天野康景を指す。"どちへん無し"とは、「どちらにも偏らない」という意味。

5カ国領有時代:「徳川四天王」の台頭

徳川家臣団を整備した家康は、その後今川氏や武田氏との抗争に勝利して三河・遠江・駿河の3か国を有すると、天正10年(1582)の信長の死をきっかけに勃発した武田旧領の争奪戦で甲斐・信濃の2か国も領有化することとなり、計5カ国の大大名となった。

こうした乱世において台頭してきたのが、本多忠勝榊原康政・大久保忠世・鳥居元忠ら武功派であった。
彼らに加え、少し遅れて井伊直政も頭角をあらわすことになる。本多・榊原・井伊の3人は"徳川三傑"などと呼ばれ、彼らに筆頭家老の酒井忠次を加えた呼称が"徳川四天王" である。彼ら四天王の功績は家臣団の中で群を抜いており、家康から絶大な信頼を得ていたのである。

ところで、この5カ国領有時代も引き続き、三備の軍制のようなエリア毎に旗頭を置く編成は続いていたとみられる。

武功派の徳川三傑は、旗本先手衆として常に家康の側に仕え、領地は与えられていなかったが、大久保忠世ら他の有力な武功派の将は各地に配置されているようだ。

  • 大久保忠世:信濃国小諸
  • 鳥居元忠:甲斐国都留郡
  • 平岩親吉:甲斐国甲府
  • など…

だが、天正13年(1585)には、軍事制度を武田氏の軍制をベースに改正したという。
というのも、家老の石川数正が如出奔し、敵対する羽柴秀吉のもとへ向かったのだ。彼は徳川の軍事機密を握っていたことから、家康は秀吉に軍事機密が漏れたと考えたのである。

その後、家康は秀吉に従属して豊臣大名となり、天正18年(1589)の小田原征伐後には関東移封となって、北条氏の旧領を領することとなる。

関東領有時代:領国体制の整備

関東移封後の徳川の総知行高は240万余もあり、これは豊臣諸大名の中で最大勢力であった。
以下は、関東移封にともなう知行割で3万石以上の知行を与えられた家臣を多い順に一覧にしたものである。

  1. 井伊直政:12万石(上野国箕輪)
  2. 結城秀康:10.1万石(常陸国結城)
  3. 本多忠勝:10万石(上総国大多喜)
  4. 榊原康政:10万石(上野国館林)
  5. 大久保忠世:4.5万石(相模国小田原)
  6. 鳥居元忠:4万石(下総国矢作)
  7. 平岩親吉:3.3万石(上野国前橋)
  8. 酒井家次:3万石(下総国臼井)
  9. 小笠原秀政:3万石(下総国古河)
  10. 奥平信昌:3万石(上野国小幡)
  11. 松平康貞:3万石(上野国藤岡)
  12. 松平忠政:3万石(上総国久留里)

上記をみると、徳川三傑の知行がいかに突出しているのががわかるだろう。なお、酒井忠次はすでに隠居しているため、代わりに嫡男の家次が3万石を得ている。
ちなみに、松平氏の庶家、いわゆる「十八松平」などは、あまり知行を得ていない。松平一門だからといって優遇されているわけではないようだ。

以後、家康は関東の領国支配体制の整備に邁進する。

江戸の町づくりは、本多正信をはじめ、青山忠成・内藤清成・板倉勝重らが町奉行として進められていった。

家康は町づくりの過程において、直轄地(江戸城に近い地域、武蔵国南部や相模国東部)の周りに直系の徳川一族などを配置し、江戸に繋がる要地を押さえるなどしている。以下に該当者を記しておく。

  • 松平康元(家康の異母弟):2万石(下野国関宿)
  • 松平忠吉(家康四男):10万石(武蔵国忍)
  • 武田信吉(家康五男):4万石(下総国佐倉)
  • 松平忠輝(家康六男):1万石(武蔵国深谷)

また、代官頭として伊奈忠次・大久保長安・彦坂元正らが取り立てられているが、彼らは家康の直轄地の検地や支配、交通整備などの実務を行なっている。さらにこうした町づくりを経て、徳川家と豪商(茶屋四郎次郎や後藤庄三郎など)との繋がりも深くなっていったとみられる。

天下統一となった豊臣の世において、軍事の重要性は薄れていき、やがて奉行職などの政治組織も次第に整備されていった。
こうした中、徳川三傑に次いで頭角をあらわしてきたのが、本多正信や大久保忠隣らであった。彼らは、関ヶ原合戦で家康が天下人になると、絶大な力を手にすることになる。

江戸時代:大御所と将軍による二元政治

家康は関ヶ原に勝利した後、戦後処理において外様大名に対する大規模な改易・転封を行ない、豊臣諸大名らの配置を大きく組み替えた。そして、江戸幕府を開いた家康は、慶長10年(1605)には子息・徳川秀忠に将軍職を譲り、将軍職は徳川家が世襲していくことを世に示し、将軍と大御所による二元政治をスタートさせるのである。
二元政治の幕閣は以下の図のとおりである。

徳川幕政において、もはや徳川三傑はその名を連ねていない。彼らは幕政の中心から外され、直政は近江佐和山、忠勝は伊勢桑名へと転封となり、江戸から遠ざけられたのである。


 PAGE TOP