あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

【名場面】上杉征伐における家康の真意(1600年)

秀吉死後、徳川家康が秀吉の遺命を破って諸大名との縁組をすすめるなど専横をふるう中、会津の上杉景勝は軍事力の増強に努めていた。
この景勝の動向を知った家康は、"謀反の疑い有り"として景勝に弁明のための上洛をせまったが、景勝家老の直江兼続が直江状とよばれる書状で強烈に家康を批判。これがきっかけで家康は会津征伐(1600年)を決意し、大坂城を出陣して会津へ向かった。

東国へ出陣する理由

これは家康が会津征伐で関東へ向かっていたある時、ひそかに重臣の本多正信、井伊直政、本多忠勝、榊原康政を呼んで語った話である。

※『名将言行録』より

-- 1600年(慶長5年6月) --
【場所不明】

徳川家康アイコン

家康

よう聞け。こたびの上杉景勝の謀反は1人のことではない。関西の諸大名の多くが上杉と通じており、その中心となっているのは石田三成、増田長盛あたりであろう。
わしが関東に下れば上方(=京都や大坂を初めとする畿内を指す)が蜂起することは間違いない。

井伊直政

!!

井伊直政アイコン
徳川家康アイコン

家康

だからわしは関東へゆっくりと下って江戸に留まり、上方の形勢をうかがうつもりでおる。おぬしらもこのことをよく聞いて心に留めておけ。

本多正信

・・・・殿。恐れながら。
そのようなお考えでしたら、毛利、宇喜多、島津、立花らを会津に向かわせて、殿は大阪で秀頼公を守護する旨のお触れをだされるのがよろしいかと。。

本多正信アイコン

榊原康政

うむ。さすれば石田らの挙兵をゆるすまい。

榊原康政アイコン

井伊直政

たしかに・・

井伊直政アイコン

本多忠勝

上方にて石田ごとき、この本多平八郎忠勝が成敗してくれるわ!

本多忠勝アイコン
徳川家康アイコン

家康

・・・(こやつらわかっておらぬな。)

本多正信

関東へ下られれば関西の連中はいよいよ旗をあげることでしょう。

本多正信アイコン

このように重臣4人は同じ意見であった。しかし、家康は・・・

徳川家康アイコン

家康

おぬしらの申していることは全くもって間違っておるわ!

重臣4人

!!!

家来アイコン
徳川家康アイコン

家康

毛利や宇喜多らを会津へ向かわせれば、必ず上杉方に味方し、江戸を攻めてくることになる。そのときにわしが関東へ下ろうとすれば、石田や増田らに付く将は我が先にと、わしを追撃してくるであろう。
さすれば我が軍は敗北を喫し、江戸は敵の手に落ちる。

本多忠勝

むむうっ・・。

本多忠勝アイコン
徳川家康アイコン

家康

関東はわしの基盤じゃ。

たとえ全国の諸大名がみな背いたとしても、わしが関東におったならば、わが兵で奮戦すれば何も難しいことはない。わしはここ数年このように考えておる。

だからこそわしは日頃から身分を問わず、わしと同じ志を持つ輩や、勇ましく義を重んじる諸将らをこの東征に従軍させたのだ。

榊原康政

そういうことでございますか。

榊原康政アイコン
徳川家康アイコン

家康

こうした輩はたとえ上方が大騒乱となったとしても、わしに属するであろう。だからわしは上方の動きにかまわず、東国へ向けて出陣するということなのだ。

井伊直政

・・いつもながら殿の明察には感服いたしまする。

井伊直政アイコン

本多正信

さすがは殿でございますな。

本多正信アイコン

こうしてみな、家康の考えに感心しきりであった。

のんきに鷹狩り?

これは家康が会津征伐で関東へ向かっていた道中の駿府で宿営していたときの話である。

※『名将言行録』より

-- 1600年(慶長19年6月) --
【駿河国・駿府にて】

家康は上杉景勝や直江兼続らを討つため、大阪から関東へ下る途中、駿府(=静岡県静岡市葵区)に滞在しており、軍の陣営の用意もせずに一日中、鷹のことにかかりきりであった。

本多忠勝はこのことを諌めようと家康の前へ行くが、このときも家康は鷹匠(=主君の鷹を飼って、鷹狩りに従事する者)を集めて鷹の”へお”(=鷹の脚に結びつける紐のこと)等を吟味していた。

徳川家康アイコン

家康

ん?なんじゃ忠勝。

本多忠勝

・・・。
少々申し上げたいことがあり、参上いたしました。
・・お人払いを。

本多忠勝アイコン

忠勝は仏頂面でこう言い、そして家康は奥の間へ入った。

本多忠勝

殿はいま、上杉景勝をお討ちになるためにここまでいらっしゃったわけでございます。
しかるにその支度をなさらず、鷹のことばかり。いたずらにここに留まっておられるうち、上方では乱をおこす者もでてくるでございましょう。もしそうなればいかがなされるつもりでございましょうか?

本多忠勝アイコン
徳川家康アイコン

家康

忠勝。鷹のことにかかりきりのわしが「うつけ」にみえるか?

本多忠勝

さよう。ただただ徳川家の滅亡に向かっているように存じます。

本多忠勝アイコン

すると、家康は忠勝の口を押さえて言った。

徳川家康アイコン

家康

だまれ!こうせねば天下は取れぬ。

わしが"うつけ"となり、上杉攻めに時間をかけなければ、上方で乱は起きぬのだ。わからぬか?
こうしておれば、やがて上方で乱が起きるであろう。

本多忠勝

!!

本多忠勝アイコン
徳川家康アイコン

家康

そうなれば、ここからすぐに引き返して上方の謀反人どもを打ち従えよう。さすれば天下はわが物よ。そうなったらお前もついに国持ち大名になるのだ。

本多忠勝

そうなりましたら一段とめでたいことでござりまする。

本多忠勝アイコン

そういって忠勝は退出した。


やがて家康の言ったように石田三成が挙兵し、関ヶ原の戦いとなった。

徳川方が関ヶ原で勝利した後、その戦功によって伊勢国桑名藩(現在の三重県桑名市)10万石に移された忠勝は、このことを村上左衛門に次のように語り、腹を立てたという。

本多忠勝

殿が前々から仰せられていたことはまるで"さすのみこ"(=よく当たる陰陽師の意)のようだ。しかし拙者へ国を下さるというお仰せだけは違っていたわ!

本多忠勝アイコン

忠勝は国持ち大名とまではいかなかったということである。


あわせて読みたい
徳川家康の名言・逸話まとめ
徳川家康トップ / 入門
榊原康政
徳川家康トップ / 登場人物伝
上杉景勝
上杉謙信トップ / 登場人物伝
増田長盛
豊臣秀吉トップ / 登場人物伝
3分でわかる徳川家康の生涯
徳川家康トップ / 入門
石田三成
豊臣秀吉トップ / 登場人物伝
本多忠勝
徳川家康トップ / 登場人物伝
毛利輝元
毛利元就トップ / 登場人物伝

 PAGE TOP