あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

松平広忠

松平広忠は江戸幕府初代将軍となった徳川家康の父である。

大永6年(1526年)に松平氏宗家、松平清康の嫡男として誕生。幼名は仙千代といった。

叔父・松平信定の暗躍

このころ松平氏は家康の祖父・松平清康の力によって西三河一帯にまで広げており、享禄2年(1529年)には東三河も掌握し、尾張国へも侵攻するほどであった。この勢いは清康の伯父にあたる松平信定が若き清康を支えた面も大きかったようである。

だが、のちに信定が合戦でミスを犯した際に清康に罵倒されたことがきっかけとなり、清康と信定は不和になる。そしてこれがのちの大事件の引き金となるのである。

天文4年(1535年)、勢いに乗っていた清康は織田信光が守備する尾張の守山城に攻め込んだ。しかし、このときに陣中で突如家臣に斬られ、まさかの死を遂げてしまったのである。
これは森山崩れと呼ばれ、一説に裏で糸を引いていたのが 松平信定 といわれている。

仙千代はこのとき岡崎城にいて、わずか10歳。松平宗家に暗雲が立ち込めることになる。

この後、幼い仙千代の代わりに松平宗家の座を狙う信定が岡崎城に入り、松平家臣らは信定に出仕することになった。そして一方の仙千代は老臣の阿部正澄に連れられて伊勢へ逃れることになった。信定はその後に松平信孝(清康の弟)を城代として岡崎に入れ、自らはその本拠・碧海郡上野城に戻っている。

一方で仙千代は翌天文5年(1536年) の春頃に、三河東条の吉良持広を烏帽子親として伊勢で元服し、"広忠"と名乗ったとされる(『松平記』『御年譜附尾』『徳川記』)。

こうして分家の信定に居城と家臣を一気に奪われた形となった広忠であるが、阿部正澄や吉良持広が今川義元に接近して援助を求めたのであった。

今川の庇護下へ

これに義元は広忠の援助を受け入れ、三河の茂呂城に入れた。一説にこの時点で松平信定は織田信秀の支配下に入っていたとされる。三河国制圧を狙う今川義元にとっては松平宗家である広忠の利用価値が大きかったのであろう。

天文6年(1537年)、こうした広忠の状況を知ったのか、信定は家臣らが広忠を岡崎城に迎え入れないようにキーマンである大久保忠俊に起請文を書かせたようである。そして同年5月に信定は茂呂城を攻撃しているが、そのとき、大久保忠俊は城中に矢文を射こんで、広忠に気持ちを伝えたという。
この後、忠俊は広忠を岡崎城に迎えいれる計画を譜代家臣、そして岡崎城代・松平信孝に打ち明けた。これに皆同意し、広忠は6月についに岡崎城へ戻ってこれたのである。

こうして多くの家臣が広忠に出仕し、以後の松平氏は広忠をトップとして、叔父の松平信孝・大久保忠俊・阿部正澄など、広忠を岡崎に迎え入れた家臣が力を握ることとなった。ちなみに敵対した信定もまた、和を請い、出仕して再び広忠の家臣となったが、まもなく没している。
しかし、松平家中ではこれに反発する家臣もあって混乱はなおも続いた。

さらに天文9年(1540年)6月には松平長家(親忠の子)が守る安祥城に尾張の織田信秀が攻め込んできて、松平方は大敗し、安祥城を奪われている。

竹千代の誕生、再び起こる一族の内訌

こうした中、天文10年(1541年)に広忠は尾張小川の城主・水野忠政の娘(於大の方)を娶り、翌天文11年(1542年)には竹千代(のちの家康)が誕生している。

そして天文12年(1543年)には叔父の松平信孝が駿河の今川義元のもとに出仕したが、その留守中に岡崎の兵が信孝居城・三木城を攻めるという事件が起こった。

信孝は反旗を翻したわけではなかったが、過去の信定の例もあって岡崎の家臣らは分家の信孝の勢力を恐れていたのである。
広忠は信孝を排除する意はなかったが、家臣らはこれを押し切って三木城へ攻め入り、同城は陥落してしまうのであった。

寝耳に水であった信孝は今川義元の口添えも得て、謀反心がないことを訴えたが受け入れられず、やむなく織田信秀のもとへ走り、三河大岡城(山崎城)に入ったのである。

織田信秀との戦い

一方、同年に広忠の義父・水野忠政が亡くなり、嫡男の水野信元が家督を継ぐと、彼は今川と敵対する織田信秀に従った。今川から援助を受けていた広忠は苦渋の決断であったが、やむなく於大の方と離縁することとなった。

その後、広忠はvs織田勢力との最前線でたびたび交戦したが、織田軍の猛攻に耐えられずに天文16年(1547年)には今川氏へ援軍を請うことになった。
このとき、今川氏からはその見返りとして6歳の竹千代(のちの徳川家康)を人質として送ることを求められ、広忠はただ従うしかなかった。しかし、竹千代を護送する途中、田原城主・戸田康先家臣の裏切りにあい、竹千代は尾張・織田氏の手に渡ってしまうのである。

この後、広忠は織田信秀から竹千代を楯にして今川氏との断交を迫られるが、これに一切応じなかった。
こうした中、天文17年(1548年)には今川義元が太原雪斎を大将として西三河に大軍を送りこんだ。小豆坂の戦い(愛知県岡崎市)である。このとき広忠も岡崎から出陣したといい、戦いは今川軍の勝利に終わった。

この戦いの後、まもなくして松平信孝は岡崎城を攻撃するために出陣したが、耳取縄手で広忠軍の矢に当たって討ち死している。
『三河物語』によれば、叔父・信孝の首をみた広忠は号泣し、信孝を追放したあげくに命まで奪った無慈悲を訴えたという。

謎の死

そして広忠も信孝を追うように翌天文18年(1549年)、24歳という若さで没した。

死因については以下のように病死や暗殺など諸説あってはっきりしていないが、近年では岩松八弥による刺殺の説が有力なようである。

  • 病死:『三河物語』『松平記』など
  • 殺害:『岡崎領主古記』家臣の岩松八弥(片目弥八)によって刺殺されたとする説。
  • 殺害:『三河東泉記』一揆によって殺害されたとする説。

広忠が死んだ際、嫡男の竹千代はまだ織田に捕えられていたため、岡崎の松平家臣らが織田信秀に属する恐れがあった。このため今川義元はすぐに岡崎城に太原雪斎らを派遣して岡崎城を接収している。
こうして松平の居城・岡崎城は完全に今川氏の指揮下に入ってしまったのである。

ちなみに竹千代はまもなく織田信広との人質交換によって駿府へ移送されることとなる。


あわせて読みたい
【超入門】5分でわかる今川義元
今川義元トップ / 入門
徳川家康の名言・逸話まとめ
徳川家康トップ / 入門
家康の家紋・家系図とそのルーツ
徳川家康トップ / 入門
織田信秀
織田信長トップ / 登場人物伝

 PAGE TOP