あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

本多忠勝

武功派の家臣として主君の徳川家康を何度も助け、「蜻蛉切り」と名づけられた長槍をふるい、生涯すべての合戦でかすり傷一つ負わなかったという伝説の男・・・。

それが本多忠勝(ほんだただかつ)である。

戦国最強の男の生涯とは?

彼は天文17年(1548年)、三河国額田郡蔵前で本多忠高と植村氏義娘との間に長男として誕生した。

本多一族は室町幕府の奉公衆であり、室町時代の初期に松平2代目当主・松平泰親の代にはじめて臣属したという。本多氏はいくつかの家筋に分かれており、忠勝は宗家の嫡子であった。

本多忠勝像(写真)
本多忠勝像(写真)

このころ、父・忠高は松平広忠(家康の父)に仕えていたが、松平氏は以前よりも弱体化していて今川家の庇護下に置かれていた。
そうした事情もあって、忠勝ののちの主君となる家康(幼名は竹千代)は今川の人質として駿府へ送られる途中で家臣の裏切りに遭い、織田信秀に引き渡されて、尾張国で過ごしていた。


天文18年(1549年)には松平広忠が病没(暗殺説等もあり)すると、まもなくして織田方の安祥城攻めに従軍した父・忠高は討死してしまった。
このため、忠勝は叔父の本多忠真のもとで育つことになり、一方で家康は本来の今川義元の人質として駿府で暮らすことになるのであった。

やがて松平氏に転機が訪れる。それは永禄2年(1560年)桶狭間の戦いであった。

このとき今川軍は総勢2万5千もの大軍で尾張国の織田領へ侵入したが、今川の人質であった家康は先発隊として大高城兵糧入れを命じられており、忠勝もこれに従軍したという。大高城は敵方の陣営に深く入りこんだ今川方の最前線の拠点であり、兵糧を運び入れるのはかなり危険な任務であったが、家康らはこれを無事に成功させた。

これが忠勝の初陣であり、同時に元服して家康に近侍することになった。13歳のときであった。

その後、この戦いで今川義元が信長に討たれたのは言うまでもないが、これを機に家康は岡崎城へ戻って信長と同盟を結び、独立を果たすのであった。

頭角をあらわし、軍団長へ

以後、忠勝は若くして松平家臣内で一気に頭角をあらわしてゆく。

家康にとって最初の危機であった永禄6-7年(1563-64年)の三河一向一揆では、本多正信をはじめとする一向宗の門徒であった本多一族の多くが家康と敵対している。しかし、忠勝はこのときに浄土宗に改宗して忠節を尽くし、武功も立てて家康から大きな信頼を得る。

一揆勢力と戦った忠勝の様子は『寛政重修諸家譜』で ”その勇絶倫なり” と伝えられている。

今川家が弱体化する中、永禄9年(1566年)に家康は三河国を平定するが、このころには三備の軍制と呼ばれる徳川家臣団組織が編成されていた。

三備とは、酒井忠次率いる東三河、石川数正率いる西三河、そして旗本一手役という家康の馬廻りを固める直轄軍団の3つを指すが、忠勝は18歳にして50余人の軍団長として一軍を任され、旗本一手役に配属されたのである。

忠勝軍団は家康の直轄でありながら、合戦時には先鋒を務める独立した精鋭部隊であった。忠勝同様に与力を付けられた将には、忠勝と同じ年で良きライバルの榊原康政のほか、鳥居元忠・大久保忠世などがおり、のちに徳川四天王筆頭となった井伊直政も後から加わることになる。

永禄12年(1569年)3月5日、忠勝らは今川氏真の籠もる掛川城を攻撃したが、戦いは五分五分と言ったところで、双方に多数の犠牲者が出た。武力で陥落できない家康は最終的には和睦によって開城させている。こうして遠江国平定となり、家康は三河・遠江の2か国を有する大名となった。

元亀元年(1570年)、浅井・朝倉勢力と戦った姉川の戦いでは家康に従軍して、抜群の戦功をあげたという。
さらには元亀3年(1572年)に武田信玄の西上作戦が開始されると、一言坂の戦いにおいて忠勝は偵察隊として先行し、その撤退戦では殿を務めて無事に家康本隊を逃がしている。

「家康に過ぎたるものが二つあり、唐の頭に本多平八」

これは武田家臣がこのときの忠勝の武功を称えてうたったものである。
唐の頭とは家康が愛用した唐牛の尾毛で飾った兜を指す。つまり、唐の頭と本多平八(=忠勝)は家康にはもったいないと言っているのである。

同年末の三方ヶ原の戦いでは、徳川軍は大敗して家康は命からがら岡崎城まで逃げ帰っているが、忠勝はこのときも防戦して山県昌景隊を撃退する等の武功を立てている。

家康は信玄にコテンパンにやられ、滅亡の危機にも瀕していたが、幸いにも翌年に信玄が急死して武田軍が撤退したため、難を逃れている。しかし、後を継いだ武田勝頼は信玄と同じように積極路線を貫き、徳川と武田の戦いはその後もたびたび行なわれていった。

忠勝は元亀4年(1573年)7月に榊原康政とともに三河の長篠城攻めを行なっており、以後も武田軍に大打撃を与えた天正3年(1575年)の長篠の戦い、天正9年(1581年)の高天神城の奪還戦などにも参戦して功を重ねていった。

そして、天正10年(1582年)には織田信長が武田を滅ぼした甲州征伐にも従軍し、戦後に信長から「花実兼備の勇士」と称えられたという。

本能寺の変と神君伊賀越え

同年5月、甲州征伐で功をあげた家康は信長から駿河・遠江を与えられ、その御礼として忠勝ら少数の手勢とともに安土城を訪問して、信長から接待を受けた。そして織田信忠らとともに上洛した家康ら一行はその後、遊覧目的で堺に滞在し、再び上洛しよう堺を発ったところで驚愕の報を知る。

本能寺の変である。それは安土訪問からわずか十数日後の6月2日のことであった。

前日に上洛していた茶屋四郎次郎が真っ先に変を知ると、家康に先行して上京中だった忠勝と会い、2人は急いで引き返して家康に信長の死を報告したという。

家康らの敵は謀反を起こした明智光秀の軍勢だけとは限らなかった。信長の死により光秀に味方するかもしれぬ信長家臣らや、在地の土豪・百姓らによる落武者狩りとの遭遇の危機にさらされたのである。
この状況でしかも家康主従はわずか三十数人であった。

一説に信長の死を聞いた家康は討死覚悟で京へ向かう考えであったが、このとき忠勝は一旦帰国して弔い合戦をすべきだと諸将らに説いたという。そして家康ら一行は決死の伊賀越えを敢行し、三河岡崎まで戻ったのである。

帰国後、忠勝は家康から伊賀越えにおけるその深慮と勇気ある決断を称えられている。

小牧・長久手の戦い

信長死後、家康は織田家の覇権を握った羽柴秀吉と小牧・長久手の戦いで初対決となった。この合戦は尾張国を中心に美濃・伊勢・紀伊・和泉・摂津など各地で行なわれる広域の合戦であった。

合戦中、秀吉率いる数万もの大軍が家康を討つべく向かったとき、忠勝はわずか500の手勢でこれを妨害、川を隔てて秀吉軍と並んで進んだ際、忠勝は川へ単騎で乗り入れて悠然と馬の口を洗わせるという豪胆な振舞いをみせた。これをみた秀吉は自分の家臣に迎えたいと考え、忠勝を討ち取ることを禁じたという。

豊臣政権下で大多喜10万石の大名へ

天正14年(1586年)には家康を含め、多くの大名らが秀吉の軍門に降り、豊臣大名となった。同年に忠勝は従五位下・中務大輔に叙位・任官している。
また、翌天正15年(1587年)には家康の天敵であった真田昌幸も秀吉に臣従し、秀吉の命によって徳川の与力となった。このころに家康は忠勝の娘(=小松姫)を養女として真田昌幸の嫡子・信幸に嫁がせたとみられる。

天正18年(1590年)にはついに豊臣政権が北条を滅ぼして天下統一を成し遂げたが、このときの小田原征伐で、忠勝は相模国玉縄城を攻略する際に玉縄城主・北条氏勝の叔父を諭して最終的に降伏・開城させている。
このとき秀吉は大いに喜び、忠勝の知略を称賛したという。

家康が関東移封となった時は上総夷隅郡大多喜に10万石を与えられた。これは忠勝が上総国・下総国の抑えを任されたということであった。ちなみに家康家臣で10万石以上の知行を与えられたのは、忠勝以外に井伊直政の高崎12万石、榊原康政の館林10万石だけである。

天正19年(1591年)3月には秀吉による奥州仕置の反動で東北の地で九戸政実の乱が勃発するが、家康にも出陣命令が出されると同年7月19日に忠勝は家康ほか、井伊直政・榊原康政・松平康元らとともに江戸を出発している(『家忠日記』ほか)
この途上、忠勝は秀吉に家康を通じて呼び出され、諸将の前で佐藤忠信(源義経の忠臣)の兜を与えられたという。

関ヶ原の戦いと晩年

秀吉死後、五大老筆頭の地位にあった家康は天下取りに向けて諸大名らと婚姻を結ぶなどして勢力を大きくしようと画策。 これに石田三成らが反発し、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いに発展した。

毛利輝元は石田三成方の西軍の大将に担ぎ出されていたが、家康は毛利と内通して事前に取りこんでいた。このときの起請文(『毛利家文書』所収の神文)では輝元と毛利一族が家康に対して二心のないことを誓わせている。そしてこの起請文の血判署名は忠勝と直政の2名であった。

忠勝は決戦の際、徳川本陣に従軍して東海道方面をたどり、直政とともに諸大名を指揮して中心的な役割を果たした。

『慶長年中卜斎記』によれば、戦後の論功恩賞で東軍諸将へ分け与えた際にその配分を決めたのが直政と忠勝だったという。

このほか、真田昌幸・幸村父子は関ヶ原直前に石田方に寝返ったため、家康は死罪を言い渡したが、このときに忠勝は直政や真田信幸らとともに助命嘆願をし、昌幸・幸村父子を助けている。

慶長6年(1601年)には関ヶ原の功績で伊勢国桑名藩10万石を、旧領・大多喜は次男・本多忠朝に5万石を与えられた。
『大多喜町史』によると、家康からさらに5万石を加増されるところを、忠勝がかたく辞退したため、その代わりに次男・忠朝が旧領・大多喜を与えられたという。

桑名は東海道の要所であり、忠勝は彦根の井伊直政とともに大坂城の豊臣氏への抑えであった。
晩年は桑名藩初代藩主として桑名城の修築や「慶長の町割り」と呼ばれる積極的な町づくりを行なうなど、桑名藩政を確立し、慶長14年(1609年)には嫡男・忠政に家督を譲って隠居している。

そして翌慶長15年(1610年)に桑名城で死去した。
後世に本多忠勝は徳川四天王・徳川十六神将・徳川三傑に数えられることとなり、その功績が称えられたのであった。


忠勝の逸話・名言集

忠勝の武功は多くのエピソードを残している。ざっくりと以下にまとめてみた。

忠勝の武勇伝

  • 生涯無傷:「終に一所の手も負はず」(『藩翰譜』)、「武功すぐれて多しといえども、いまだかつて創をこうぶりしことなし」などと伝わる。つまり、忠勝は生涯の50余りの合戦において、かすり傷一つすら負わなかったということである。
  • 敵が弱すぎる?:関ヶ原合戦の後、福島正則が忠勝の武勇を褒め称えると、忠勝は「采配が良かったのではない、敵が弱すぎたのだ」と答えたという。

他者からの評価

  • 家康に過ぎたるものが二つあり、唐の頭に本多平八:一言坂の戦いでの殿軍での戦いぶりを、武田家臣の小杉左近が狂歌の落書をもって評した言葉。
  • 花実兼備の勇士:甲州征伐後に信長が忠勝を称えた言葉。
  • 一人当千の兵:「一人当千の兵とは汝をこそいう」と秀吉が称えた言葉。
  • 天下無双の大将:「東に本多忠勝という天下無双の大将がいるように、西には立花宗茂という天下無双の大将がいる」と秀吉が称えた言葉。

名言

  • 「わが本多の家人は志からではなく、見た目の形から武士の正道にはいるべし。」(『本多遺訓』)
    忠勝の家臣への遺訓。忠勝は形や趣味を見れば、その人の心も見えるといい、それは心が好むものは自然と表れるからだといったという。
  • 「思慮のない人も、思慮のある人も功名を立てる。思慮のある人の功名は、士卒を下知して大きな功名をなしえる。だが、思慮のない人は鎗一本の功名であって大きな事は出来ない。」(『常山紀談』)
    武勇だけでなく、戦略を練って戦術を熟考し、部下に適切な指示ができない人は大きな仕事はできないというような意味。

蜻蛉切

忠勝愛用の蜻蛉切(とんぼきり)は天下三名槍の一つに数えられる槍である。

『藩翰譜』で「槍の身長きに、柄ふとく、二丈計なるに、青貝をすつたり、蜻蛉の飛来て、忽ちに触れて切れたれば、かくぞ名付しなる。」と伝わる。

つまり、この槍は二丈(約6メートル)もあるとんでもない長さであり、柄も太く、飛んできた蜻蛉が槍に触れるとたちまち真っ二つに切れたことがその名の由来であるという。

蜻蛉切
蜻蛉切の画像

※蜻蛉切の画像出所:by Ihimutefu(2011/10/2)-大笹穂槍の身(固山宗次による蜻蛉切の写し、1847年作)、東京国立博物館所蔵 / CC-BY-SA 3.0 Adapted.)

この槍は本多家に伝わったが、のちの第二次世界大戦時に同家を離れ、現在は個人所有となっているという。静岡県三島市にある佐野美術館で過去に何度か蜻蛉切が展示されたようだが、現在は展示されていない。

また、愛知県岡崎市の歴史博物館「三河武士のやかた家康館」ではどうやら蜻蛉切のレプリカが観れるようだ。

墓所・史跡

浄土寺(じょうどじ)

本多家の菩提寺。桑名藩主・本多忠勝が死後に埋葬され、本多忠勝本廟となった。
かつての桑名城跡地の側にある。

  • 所在地:三重県桑名市清水町45

龍城神社(たつきじんじゃ)

徳川家康の生地・岡崎城の本丸にあたる地(現在の岡崎公園内)にある神社。江戸時代には忠勝を祭神とする "映世大明神"が創建され、今も祀られている。


あわせて読みたい
榊原康政
徳川家康トップ / 登場人物伝
本多正信
徳川家康トップ / 登場人物伝
石川数正
徳川家康トップ / 登場人物伝
酒井忠次
徳川家康トップ / 登場人物伝
井伊直政
徳川家康トップ / 登場人物伝
真田信之(信幸)
真田幸村トップ / 登場人物伝
小松姫と信幸の結婚のギモン
真田幸村トップ / その他の記事
本多忠勝の家紋・家系図
徳川家康トップ / その他の記事

 PAGE TOP