あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

榊原康政

榊原康政(さかきばら やすまさ、1548-1606年)はのちに徳川四天王・徳川十六神将にも数えられ、本多忠勝と双璧をなした徳川家臣団屈指の猛将である。

本多忠勝とは同年に生まれ、ともに家康に仕えて功を重ねていった康政は、忠勝とともに若くして旗本先手に抜擢。
ライバルの本多忠勝と比べるとその存在感は劣るものの、徳川家が関東移封(1590年)となった際に与えられた上野国・館林城10万石という石高は忠勝と同じなのである。

その他、康政には秀吉との有名なエピソードがあるので、以下、康政の生涯とともに明らかにしたい。

ライバル・本多忠勝とともに成長

天文17年(1548年)に榊原長政の次男として三河国上野(現在の愛知県豊田市上郷町)で誕生した。

三河国上野は上村城と下村城があり、松平広忠(家康の父)の重臣であった酒井忠尚が在城していた。 康政は幼名を"於亀" といい、はじめはこの酒井忠尚の小姓であったという。つまり、榊原氏は松平家の陪臣の家柄であったようである。

家康に仕える

その後、永禄3年(1560年)には父に伴われて松平元康(のちの徳川家康)に謁見し、家康からその器量を見出されて小姓となった"小平太"と改名、また、この頃から松平家菩提寺である大樹寺で学んだという。

なお、この年は桶狭間の戦いがあり、今川方の先鋒であった松平隊は大高城兵糧入れの任務があったが、ここで本多忠勝はひと足先に初陣を飾っている。

それから3年後の永禄6年(1563年)、家康を苦しめた三河一向一揆で康政は初陣を果たし、同年には家康から「康」の字を与えられ、"康政"と名乗ったようである。
ちなみに康政の元の主であった酒井忠尚は一揆方に加担して最後まで抵抗を続け、駿河国へ逃亡したという。

以後、康政はほとんどの合戦で忠勝とともに出陣し、次々と戦功を立てていくことになる。

今川・武田との戦いで功を重ねる

永禄7年(1564年)には忠勝や鳥居元忠とともに旗本先手役に抜擢されて、与力50騎を付属された。同年には吉田城攻めに参戦、永禄10年(1567年)頃には忠勝とともに旗本先手侍大将にまでなっている。

永禄11-12年(1568-69年)には甲斐の武田信玄と密約を結んで行なわれた遠江侵攻に従軍し、今川氏真が籠城した朝比奈泰朝の居城・掛川城を包囲している。のちに家康は氏真との講和を計り、掛川城は無血開城となった。

元亀元年(1570年)には姉川の戦いに参戦し、朝倉軍の側面を攻撃して戦功をたてた。

元亀3年(1572年)から開始された武田信玄による西上作戦では徳川は大きな打撃を受けたが、中でも徳川家康の生涯で最大の大敗となったのが三方ヶ原の戦いであった。
この戦いで康政は一手の指揮官として参戦したが、『藩翰譜』によると、劣勢の戦いにもかかわらず、康政は武田本陣の山家三方衆を撃破し、家康の退路を確保した後に「無」の旗指物を打ち立てて兵を集め、悠然と去っていったという。

天正2年(1574年)には本多忠勝らとともに遠江国・犬居城攻めに参戦している。

天正3年(1575年)の長篠の戦いの決戦の際には、徳川本陣に突撃してくる武田重臣・内藤昌豊らを忠勝とともに家康の守りにつき、これを防いだという。

この戦いで武田勝頼に大勝した家康はその勢いのまま、これまで武田氏に奪われた所領の奪還に向けて攻勢をかけていく。同年には遠江国・二俣城攻めを行ない、これに康政も出陣して開城させている。敵将で城代の依田信蕃は駿河国・田中城に撤退した。
そして、天正6年(1578年)には康政・忠勝らがその駿河国・田中城攻めを行なっている。

天正8年(1580年)から徳川軍は遠江国・高天神城を包囲して兵糧攻めを行ない、翌天正9年(1581年)の高天神城の戦いでこれに勝利したが、康政・忠勝らはこの戦いで先陣を務めている。

信長死後の混乱

天正10年(1582年)、家康は信長とともに武田勝頼を滅ぼし、戦後に信長から駿河一国を与えられた(甲州征伐)。
しかし、まもなくして明智光秀の謀反により、京で織田信長・信忠父子が討たれてしまった(本能寺の変)。

家康は武田滅亡後、信長に招かれて安土城へ赴き、本能寺の変の際には堺を遊覧中であった。このとき康政ら徳川重臣はみな、家康にお供していたが、その人数はわずか数十人ほどであり、明智光秀の兵や一揆に襲撃されたら極めて危険な状態にあったという。

このとき康政らは家康を守りながら、「神君伊賀越え」と呼ばれる伊賀国経由ルートで三河国へ戻っている。

織田の支配地となった武田旧領(甲斐・信濃・上野国)では一揆が起こるなど混乱状態となり、やがて徳川・上杉・北条らによる争奪の地と化した(天正壬午の乱)。

この戦いは数カ月にも及んだが、終盤は徳川氏と北条氏の戦いとなっており、康政・忠勝らは徳川軍の主力として尽力している。

秀吉を激怒させた康政の檄文とは?

信長死後、織田の覇権争いでは天正11年(1583年)に柴田勝家を倒した羽柴秀吉が台頭してきた(賤ヶ岳の戦い)。

天正12年(1584年)には秀吉と不和になった織田信雄が家康を頼ったことで、秀吉と家康・信雄連合との間で小牧・長久手の戦いが勃発。康政はこのとき羽柴秀次の軍勢をほぼ壊滅状態にする功をあげている。

康政はこの戦いの最中に、豊臣方の諸将らに書状を送って、秀吉を痛烈に批判している。

おおまかな内容は、「秀吉は信長の恩を忘れ、先に信長三男の信孝を滅ぼし、今再び信長二男・織田信雄を討って主家を乗っ取ろうとしている。これは大逆無道の振舞いだ。
これに対して家康公は信長との親交を想い、大義のために秀吉を討とうとしている。 大逆の秀吉に味方してわだかまりを残すより、我が軍に合力してその名を後世に伝えられよ!」といった感じである。

これは "榊原康政の檄文" といわれる有名なもの。これに秀吉は激昂し、康政の首を取ったものに懸賞金として10万石の地を与えるとお触れを出したという(『常山紀談』)。

天正13年(1585年)には小牧・長久手の戦いの働きを賞され、千貫を加増され、「笹穂の槍」を家康から与えられたという。

天正14年(1586年)、秀吉が家康を懐柔するために妹・朝日姫を家康の正室として申し入れ、その結婚が決まると、康政が結納の使者として上洛している。
これは秀吉の希望でもあったといい、康政に会った秀吉は檄文の件を持ち出し、「あの時は激昂したが、和睦となった今ではかえって徳川の忠誠の志であったのだと感じている。これを言いたくて来てもらった。」と言ったという(『藩翰譜』)

そして同年、家康はついに秀吉の要請に従って上洛し、豊臣に臣下の礼をとった。このときもまた、康政はお供しており、 康政は朝廷から従五位下・式部大輔に叙任され、豊臣姓を下賜されたのであった。

豊臣政権下

天正18年(1590年)の小田原征伐では徳川軍の先手を努めた。また、戦後に徳川家が関東移封となった際には、康政は家康から関東総奉行に任命され、旧領の代官や勘定方を付された。 康政は関東における知行割を進め、本多正信らを監督、江戸城の修築に務める傍ら、上野国・館林城に入って10万石を与えられた

※参考:徳川四天王の石高

  • 井伊直政   12万石
  • 榊原康政   10万石
  • 本多忠勝   10万石
  • 酒井忠次の子・酒井家次  3万石

館林城周辺一体は低地で降雨でたびたび冠水していた場所であったため、康政は利根・渡良瀬川の築堤工事を行なった。また、館林城下の街道整備なども行なっている。

文禄元年(1592年)から秀吉による朝鮮出兵が行なわれたが、出陣は主に西国大名であったため、徳川家は渡海していない。康政はこのころ、家康の子・徳川秀忠の補佐役に付いている。

関ヶ原と晩年

慶長5年(1600年)、関ヶ原合戦では徳川秀忠軍に軍監として従軍。真田昌幸との交戦が響いて関ヶ原本戦に間に合わなかった。戦後、死を覚悟で単身で秀忠の弁明をした。自分一人の采配ミスであり、本戦出陣の下知が遅れたのが無念だったと。。
家康は秀忠との対面を拒否していたが康政の陳謝で親子対面が実現したという。この件で秀忠に感謝されたといわれている。

戦後の論功恩賞で水戸25万石を言い渡されたが、水戸から江戸までは2日かかるが、館林なら1日で来れるとしてこれを辞退している。
同年に老中となったが、康政はその権威を奮って争うことは国が滅ぶとして、次世代の本多正信や大久保忠隣らに任せている。

慶長10年(1605年)に秀忠が2代将軍となると、康政の息女が秀忠の養女となって徳川将軍家と姻戚関係となっている。しかし、翌慶長11年(1606年)に館林にて死去した。


略年表

天文17年(1548年)
榊原長政の次男として三河国上野で誕生
永禄3年(1560年)
松平元康(のちの徳川家康)に謁見し、小姓となる
永禄6年(1563年)
三河一向一揆で初陣、家康から「康」の字を与えられ、"康政"と名乗る
永禄7年(1564年)
本多忠勝・鳥居元忠とともに旗本先手役に抜擢。同年、吉田城攻めに参戦。
永禄10年(1567年)
忠勝とともに旗本先手侍大将になる
永禄11-12年(1568-69年)
遠江侵攻に従軍する
元亀元年(1570年)
姉川の戦いに従軍する

武田氏との戦い

元亀3年(1572年)
三方ヶ原の戦いに従軍する
天正2年(1574年)
三方ヶ原の戦いに従軍する
天正3年(1575年)
長篠の戦いに従軍する
天正6年(1578年)
長篠の戦いに従軍する
天正8-9年(1580-81年)
駿河国・田中城攻めを実施

信長死後の動乱

天正10年(1582年)
  • 本能寺の変の直後、神君伊賀越えに同行
  • 天正壬午の乱で徳川軍の主力として尽力する
天正12年(1584年)
  • 小牧・長久手の戦いで羽柴秀次の軍勢をほぼ壊滅状態にする功をたてる
  • 秀吉を批判した檄文で、豊臣方の将に秀吉の非道さを訴える
天正13年(1585年)
論功恩賞で千貫を加増、家康から「笹穂の槍」を与えられる
天正14年(1586年)
  • 秀吉の妹・朝日姫と家康の結婚が決まると、結納の使者として上洛する
  • 家康が上洛して豊臣に臣下の礼をとる際、これにお供する
  • 朝廷から従五位下・式部大輔に叙任される

豊臣政権下

天正18年(1590年)
  • 小田原征伐に徳川軍の先手として従軍
  • 徳川家の関東移封の際、家康から関東総奉行に任命される
  • 上野国・館林城10万石を与えられる
文禄元年(1592年)
徳川秀忠の補佐役となる。

秀吉死後

慶長4年(1599年)
石田三成による家康襲撃の動きを察し、すぐに家康の元へ馳せ参じて守ったという。
慶長5年(1600年)
  • 関ヶ原合戦で徳川秀忠軍に軍監として従軍
  • 同年、老中となる
慶長10年(1605年)
娘が2代将軍・秀忠養女となり、将軍家と姻戚関係になる
慶長11年(1606年)
館林にて死去。


 PAGE TOP