丁寧に歴史を追求した、正統派の戦国Webマガジン

井伊直政:赤備えを率い、徳川家中でトップに上り詰めた将

井伊直政の肖像画

元々外様でありながら、家康の関東移封の際に徳川家臣団中トップの知行を与えられるという異例の大出世を果たした井伊直政(いい なおまさ)
のちに井伊家は江戸幕府下において大老職にたびたび就くなど、徳川将軍家の譜代大名筆頭の一族となったが、直政はその一族の礎を築いた人物でもある。

井伊家は平安時代からはじまり、遠江国の井伊谷を本拠とした有力な国衆であったが、直政が誕生したころには一族滅亡の危機に瀕していた。

命を狙われた幼少期

直政(幼名は虎松)は永禄4年(1561年)、井伊家当主の井伊直親と奥山朝利の娘との間に誕生した。

母方の奥山氏は井伊氏の庶流にあたり、庶流の中でも力のある一族であったことから、朝利の娘が直親の妻に迎えられたという。

井伊氏は過去に今川家と敵味方を繰り返していた背景があり、今川義元の代以降は今川への臣従を余儀なくされていた。

前年の桶狭間の戦いの時、井伊家当主であった井伊直盛が今川義元とともに討死しており、この頃の井伊氏は直盛養子であった父・直親が家督を継いだばかりであった。

そのような中、同じく今川に属していた三河の松平元康(のちの徳川家康)が尾張の織田信長と組んで今川から独立を果たすと、今川家中では動揺が広がり、三河国内で家康方に寝返る者が相次ぐ事態となる(三州錯乱)。

さらに、東三河の今川領が家康に切り取られていくと、遠江国でも今川から離反する動きがはじまるのであった(遠州饑劇)。

相次ぐ井伊一族の死

このような混乱に巻き込まれる形で翌永禄5年(1562年)には、井伊家の家老・小野政次が今川氏真へ讒言し、謀反の疑いをかけられた父・直親が今川重臣の朝比奈泰朝に討たれるという悲劇が起こる。

このとき直政はわずか2歳であった。

家老の小野氏は井伊氏の家臣でありながら、今川氏の命令で井伊氏を監視する立場でもあったのである。このため、小野政次と井伊直親らは不和であったとみられている。

直親の死後、朝比奈泰朝が井伊城に攻め込み、井伊家臣らは残らず討ちとられたという(『礎石伝』)。また、一説には直政も殺されそうになったが、井伊氏と姻戚関係にあって懇意の仲であった今川家臣・新野左馬介の助命嘆願もあって許され、直政は左馬介に養育されることになったという
なお、実際に育てられたのは、龍潭寺の中の松岳院という。

井伊氏は新野左馬介と一門衆の中野直由らを中心としてお家再興をめざすことになったが、永禄6年(1564年)に今川家から家康に寝返った引馬城主・飯尾連龍との戦いで、2人はあえなく討死してしまうのである。

おんな城主・直虎が井伊家存続のつなぎ役に

後ろ盾を失った直政はその後、新野左馬介の妻に養育されたというが、再び氏真に殺されそうになったため、永禄7年(1565年)には浄土宗の寺に逃れたという。
『礎石伝』によれば直政は母とともに引馬の浄土寺へ、夜中に今村家のお供として参ったという。浄土寺は新野家の伯父が住持を務めていた関係もあって、ここに隠れすんだという。
なお、井伊氏は今川から離反していないのに何故、直政が氏真に命を狙われるのか、直政が浄土寺でいかに生活していたのか等はわかっていない。

井伊家の後継者とされる直政がいなくなった井伊家中は、惣領不在という緊急事態にみまわれたのであるが、そこで井伊氏の政務を執ることになったのが井伊直盛の娘・井伊直虎であった。

やがて、甲斐の武田信玄が今川との同盟を破棄して今川領への侵攻を企てると、永禄11年(1568年)末頃、氏真は小野政次に井伊谷の兵を率いての出陣と、直政の殺害を命じた。そして井伊氏の居城・井伊谷城は政次に横領され、直虎らは城の退去を余儀なくされたのである。

三河へ逃がれる

諸史料によると、このとき殺害の危機にあった直政は、浄土寺の僧とともに三河鳳来寺(愛知県新城市)に逃れて移り住んだという。

その後、時期は定かでないが、直政の養育を考えて、井伊直虎らはまだ若かった直政の母を松下源太郎清景に嫁がせ、直政を松下源太郎の養子にしたという(『井伊家伝記』)。

家康に出仕して、井伊家再興へ

天正2年(1574年)12月14日、直親の十三回忌法要が龍潭寺で営まれたとき、直政が三河鳳来寺から井伊谷にもどってきた。このとき次郎法師(直虎)や直政の母ら一族が相談して直政を家康に出仕させるのが良いと決めたという(『井伊家伝記』)。

そして翌天正3年(1575年)、出仕のために浜松城下の松下源太郎の屋敷に行って、次郎法師らから小袖を受け取り、同年2月に初鷹狩で家康と会い、直政は出仕することになった。一説には偶然に道端で出会い、直政をただ者ではないと感じた家康が召し出したという。

まもなく家康から松下姓を改めて井伊への復姓を命じられ、"万千代" という名を与えられて小姓となる。このとき同時に三百石の知行を与えられている(『井伊家伝記』)。
また、『寛政重修諸家譜』には井伊氏の本領・井伊谷を与えられたとある。だとすれば、井伊家がここに再興したということであろう。

このほか、直政が家康に出仕した際、小野万福丸・大久保与兵衛・八股甚左衛門をはじめ、16人もの同心衆と目付を付けられたとも伝わる(『井伊年譜』)。

以後、直政は脅威のスピードで出世していくこととなる。このとき15歳であった。

『寛政重修諸家譜』や『井伊家伝記』によれば、直政の初陣は天正4年(1576年)の遠江芝原の戦いとしているが、この戦い自体が1次史料に存在しないようである。
また、天正6年(1578年)に1万石、天正8年(1580年)には2万石に加増されたという(『井伊家伝記』)。

天正9年(1581年)3月の高天神城攻略では大功をあげている。このとき直政は忍びを使って城中の井戸を切落して開城させたという(『寛政重修諸家譜』)。

元服と赤備えの継承

天正10年(1582年)6月の本能寺の変の際には、家康らとともに神君伊賀越えの難を切りぬけている。そして同年、空白地帯となった武田旧領(甲斐・信濃・上野の3国)の争奪戦となった天正壬午の乱で北条との講和の使者という大役を務めると、その後まもなく、武田家臣であった亡き一条信龍・山県昌景・土屋昌恒・原昌胤の隊74騎他、関東の処士43騎を付され、同時に武田の赤備え(赤一色の武装)の継承を命じられたのである。

また、この年22歳にして元服し、 "直政" と名乗り、翌天正11年(1583年)には家康養女で松平康親の娘・花(のちの唐梅院)を娶っている。

功を重ね、家臣団のトップへ

天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは初めて赤備えの部隊を率いて先鋒を務めると、池田恒興・森長可の大軍を破る功をあげた。

天正13年(1585年)には、真田昌幸が離反して第一次上田城の戦いとなった際、戦後の撤退指揮のために派遣されている。また、翌天正14年(1586年)に家康が秀吉の懐柔策に屈して臣従した際には、秀吉が人質として岡崎に出していた秀吉の生母・大政所の警衛をまかされている。
その対応に秀吉から感謝され、従五位下に叙任、豊臣姓を与えられる等、陪臣としては破格の待遇を受けた。

天正18年(1590年)の豊臣政権による小田原征伐の際には、家康軍の先鋒として出陣して武功を立てた。戦後、家康の所領は関東移封となるが、直政は家康から徳川氏家臣団の中で最高の知行となる上野箕輪城(群馬県高崎市)12万石を与えられている。

こうして直政は江戸幕府の樹立に貢献した「徳川四天王」「徳川十六神将」の一人として称えられるほどの将となったのである。

なお、これ以降の徳川家臣の中核は、直政のほか、本多忠勝榊原康政を合わせた3人(徳川三傑と呼ばれる)となる。

文禄元年(1592年)からはじまった文禄の役で家康が肥前名護屋に赴いたとき、直政は家康から江戸留守居を命じられているが、このときに江戸城の普請をしている。

秀吉死後から関ヶ原に至るまでの過程で、直政は黒田官兵衛と通じて調略を仕掛け、多くの豊臣諸将を徳川陣営に引き入れることに成功する。

そして来たる慶長5年(1600年)の関ヶ原合戦においては、本多忠勝と共に東軍の軍監を任された。決戦はあっというまに東軍の勝利で決着がついたが、直政は退却する島津軍を追撃した際に右肘関節を銃で撃たれ、大怪我を負ってしまうのであった。

直政は戦後の論功行賞でそれまでの12万石から18万石に加増、そして石田三成の元居城・近江佐和山城を与えられている。 だが、直政は江戸幕府の創設を迎えることはできなかった。

慶長7年(1602年)、関ヶ原合戦での鉄砲傷が元でこの世を去ったのである。
42歳のときであった。


おすすめの記事

 PAGE TOP