あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

寿桂尼

「女戦国大名」「駿府の尼御台」などの異名をもつ義元の母・寿桂尼(じゅけいに)。太原雪斎と同様に今川家を大きく支えた人物である。

"寿桂尼"という名は夫・今川氏親の死後に出家してからの名であり、それ以前はわかっていない。生年も不詳であるが、どうやら延徳2年(1490年)前後と考えられているようである。

寿桂尼は京都の公家・中御門宣胤の娘であった。中御門家は藤原北家勧修寺流の中流公家であり、権大納言を最高の官職とし、代々天皇の側近として仕えたという。

今川家と中御門家は今川範政(氏親の曽祖父)の代から和歌を通じて交流があったようだ。 というのも、今川家は足利一門であったことから幕府との結びつきは強く、京の武家や公家との交流も頻繁に行なわれていたからである。

こうしたこともあって寿桂尼は永正2年(1505年)永正5年(1508年)頃、今川当主であった氏親のもとに嫁がれたのである。この時「南殿」「大方殿」などとよばれたのであった。

一方でこの頃、氏親は伯父・北条早雲の力を借りて遠江・三河へ進出して勢力を大きく拡大させていた。 そうした中で寿桂尼は氏親との間に永正10年(1513年)長男の氏輝を、永正16年(1519年)にはのちに今川の家督を継いだ三男の義元を儲けている。また、この他にも確証はないものの、次男彦五郎と娘何人かも寿桂尼の子とみられている。

夫・氏親が中風で倒れた永正2年(1521年)頃からの今川家は、遠江国の検地などの内政強化にあたった。氏親は病気で嫡子氏輝もまだ幼少という状況であったことから、寿桂尼は今川氏の国政に関与していたと考えられている。

そして、大永6年(1526年)には分国法「今川仮名目録」が制定されたが、同年まもなくして氏親もこの世を去った。この「今川仮名目録」の制定も寿桂尼が関わったとみられている。

女戦国大名!?

氏親死後、嫡男・氏輝が家督を継ぐことになったが、いきなり当主として動くにも14歳では若すぎた。
史料には氏輝が16歳になるまで今川氏の当主として動いた形跡がない。

ではそれまでの国政はどうなっていたのか?

ここでいよいよ寿桂尼の出番である。
彼女は氏親亡き後の3カ月後、領国経営の文書を発給しているのである。しかも氏輝が16歳になって大永8年(1528年)に文書を発給すると、寿桂尼の発給文書は出なくなる。
要するに寿桂尼が氏輝の代わりに当主としての役割を果たしていたわけである。

戦国の女性で領国支配に関する文書を出しているのは彼女のみであった。これが寿桂尼が「女戦国大名」と呼ばれる所以なのだ。

氏輝が国政についた後も、彼が病に臥していた時などは寿桂尼代行していたようである。 また、寿桂尼の発給文書には彼女特有の印判(朱印)が捺されており、氏輝が亡くなるまでの10年に25通の文書を発給したという。

義元・氏真時代

天文5年(1536年)、突如として同日に氏輝と彦五郎が亡くなったが、氏輝には子がなかったため、弟の義元に家督継承権が巡ってきた。このとき寿桂尼は雪斎と図り、出家していた義元(このときは僧名:承芳)に後を継がせるべく還俗させ、用意周到にも幕府へ働きかけて、家督相続のお墨付きと将軍義晴の一字「義」をもらいうけて"義元"と名乗らせている。
その後、義元を駿府今川館に呼び寄せたが、義元の庶兄・玄広恵探を担ぎ出す勢力が反発して家督争いに発展した(花蔵の乱)。
この戦いで義元が勝利して、当主になると、その後の寿桂尼はしばらく歴史上に現れていない。

弘治2年(1556年)には寿桂尼は自分の屋敷に山科言継を招き、そこで義元ら公家など多くが参列して酒宴が催されている。山科言継は寿桂尼の甥(妹の息子)にあたり、彼は京から駿府へ通う等しており、寿桂尼も彼をかわいがっていたようである。

今川家は桶狭間合戦で敗戦して氏真の代になると、離反する遠江国衆などが続出して弱体化していった。 そうした中の永禄6-8年(1563-65年)頃、寿桂尼は駿府の龍雲寺へ移ったようである。

そして永禄11年(1568年)、今川氏が没落していく様子を憂いながら没した。

その後まもなくして武田信玄が駿河、徳川家康が遠江を攻め、戦国大名としての今川氏は滅んでいる。


 PAGE TOP