あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

直江兼続の家紋・家系図

家紋

上記の系図にあるように兼続系の直江氏は断絶したため、兼続の家紋の記録はない。ただ、後世に描かれた兼続の肖像画に数種類の家紋がみてとれる。

直江兼続の家紋(三つ盛亀甲に三つ葉)
三つ盛亀甲に三つ葉(みつもりきっこうにみつば)

米沢市立上杉博物館蔵の直江兼続肖像画にみえる。

直江兼続の家紋(三つ盛亀甲に四つ葉)
三つ盛亀甲に四つ葉(みつもりきっこうによつば)

木版図録集『集古十種』の兼続画像にみえる。

直江兼続の家紋(三つ盛亀甲に花菱)
三つ盛亀甲に花菱(みつもりきっこうにはなびし)

林泉寺蔵の直江兼続像にみえる。

直江兼続の家紋(亀甲に花菱)
亀甲に花菱(きっこうにはなびし)

これは肖像画にはないが、兼続の甲冑とみられるものや、兼続の供養塔図にみられる。


家系図

直江兼続の父母

父は源義仲家臣・樋口兼光の子孫と伝わる樋口兼豊(ひぐち かねとよ)。最初は上田長尾家当主・長尾政景に仕え、政景死後は子の長尾顕景(のちの上杉景勝)に仕えた。

母は信濃国水内郡飯山城主・泉重歳の娘の"藤(ふじ)"。直江景綱の妹との説もある。

直江兼続の兄弟

弟・実頼、秀兼のほか、妹が3人いる。

実頼(弟、さねより)
兼豊の次男。景勝の命で天神山城主小国重頼の養子となり、小国氏の家督を相続した。娘の阿虎が兼続養女として本多政重へ嫁がれる際には反対し、政重を迎えるために上洛した使者を殺害して高野山に逃れた。
秀兼(弟、ひでかね)
兼豊の三男。樋口家の家督を継ぎ、その子孫は江戸時代を通して米沢藩士として存続した。
きた(妹)
上杉家臣・須田満胤(すだ みつたね)に嫁いだ。子に須田満統。
女子(妹)
米沢藩士・色部光長(いろべ みつなが)に嫁いだ。
女子(妹)
篠井泰信(しののい やすのぶ)に嫁いだ。

直江兼続の妻子

兼続の正室は直江景綱の娘・お船(おせん)。兼続の母が直江景綱の妹の場合、兼続とお船は従兄弟ということになる。

お船(正室)

兼続との間に1男2女をもうけた。

  • 景明(嫡子、かげあき)
    元服して上杉景勝から"景"の字を賜り、景明と称した。大阪の陣(1614-15年)に従軍したが、夏の陣の後にまもなくして病没した。
  • 於松(長女、おまつ)
    直江家に養子入りした本多政重(勝吉)を婿に迎えたが、翌年に死去。
  • 女子(次女)
    姉・於松に先だって早世した。


あわせて読みたい
斎藤道三の家紋・家系図
その他の将トップ / 美濃斎藤氏
柴田勝家の家紋・家系図
織田信長トップ / その他の記事
石田三成の家紋・家系図
豊臣秀吉トップ / その他の記事
本多忠勝の家紋・家系図
徳川家康トップ / その他の記事
信長の家紋・家系図とそのルーツ
織田信長トップ / 入門
政宗の家紋・家系図とそのルーツ
伊達政宗トップ / 入門
竹中半兵衛の家紋・家系図
豊臣秀吉トップ / その他の記事

 PAGE TOP