丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「直江景綱」為景・晴景・謙信の三代に仕えた宿老

上杉謙信が有名な上杉家にあって、もうひとり人気のある人物をあげれば「直江兼続」の名があがるだろう。謙信の後継者である上杉景勝を支えた名参謀である。その兼続の義理の父が「直江景綱」である。謙信ら上杉家当主を支え、兼続の代に受け渡していった景綱の生涯とは?

陪臣から台頭してきた直江家

直江兼続の活躍で有名な直江一族だが、その系譜の正確なところはよくわかっていない。景綱の父・親綱の代になって初めて、信頼に足る系譜に登場してくる。その家格は越後守護上杉氏の家臣飯沼氏の家臣、つまり陪臣であったが、飯沼氏が永正11年(1514年)に守護代の長尾為景に滅ぼされてから、飯沼氏に代わって台頭してきたようだ。

景綱が生まれたのは永正6年(1509年)頃で、ちょうど直江氏が台頭してきた時期に生まれ、成長していったのだろう。この時期の名乗りは実綱だった。

謙信初期の重臣

天文8年(1539年)に越後守護家の跡継ぎ問題を巡る天文の乱が始まると、景綱はのちに謙信の筆頭家臣となる中条藤資らと結んでいる。この頃からが景綱の活躍の始まりで、当初は謙信の一族である長尾氏とは距離を置いた関係だったと言われる。その後長尾家が兄・晴景と弟・景虎に分かれて争うようになると、景綱は景虎擁立派の先頭に立っていく。この景虎が、のちの上杉謙信である。

天文16年(1547年)に晴景・謙信の兄弟が衝突した際には、藤資や本庄実乃らと謙信を支え、勝利した。景綱を含めた彼らが謙信初期の重臣となり、上杉家中をまとめていくことになる。

事務方の仕事で謙信政権を支える

謙信政権の初期は混乱もあったが、弘治2年(1556年)から景綱らが奉行職を執るようになって、その活躍が目立ち始める。永禄2年(1559年)に謙信が上洛した際は朝廷や幕府との交渉役を任され、翌永禄3年(1560年)に公家の近衛前久が越後へやってきたときに饗応役を務めた。謙信出兵中には本城の春日山城の留守役を務めるなど、主に事務方や後方の仕事で謙信を支えている。

一方、数度あった川中島の戦いの中で最も激戦となった永禄4年(1561年)の一戦では、武田信玄の嫡男・武田義信を敗走させたという。この時も小荷駄隊、つまり補給部隊を率いたと伝わるので、戦場の最前線に立つよりも、内政や外交面で活躍する吏僚タイプの武将だったのかもしれない。

景綱の死とその後の直江家

永禄5年(1562年)に政綱と名を改め、その二年後、永禄7年(1564年)に謙信の景虎から一字を貰い受けて景綱と名乗った。

しばらく間が空くが、天正3年(1575年)の上杉家軍役帳には、305人もの軍役が課されており、家中でも相当の勢力を持ち続けていたことが分かる。ただ、景綱には男子が無く、天正5年(1577年)3月5日に病没したあとは、婿養子の直江信綱が直江家を継いだ。享年69と伝わる。

そのほぼ一年後、天正6年(1578年)3月13日に謙信が急死すると、直江信綱は上杉家の家督争い・御館の乱で景勝を支援して勝ち抜き、重臣の地位を守った。ところが天正9年(1581年)9月9日に信綱は春日山城内で領地を巡るトラブルから殺害されてしまい、突如として直江家の当主が空席になってしまう。そこに景勝の命で婿入りしたのが兼続である。

兼続は直江家との縁は無かったものの、景勝側近として肝煎りで信綱の未亡人で、景綱の娘でもあったお船の方と再婚し、大身の直江家を継いで上杉家を支えていくことになった。兼続が直江家を継いだのは景綱の死後であったが、その後の活躍のおかげで、景綱の知名度が上がったのは間違いない。やや奇妙な親子関係と言えるが、兼続はお船を大切にし、側室を置かなかったエピソードは広く知られている。二人の間に生まれた男子は夭折したため、直江家は兼次の代で断絶した。


 PAGE TOP