丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「上杉景虎」上杉家の後継者争いで散った北条氏康七男

上杉家の中にあって異色の存在だった上杉景虎。というのも、景虎は伊豆や相模を拠点とする敵国・北条氏康の七男なのだ。 元々は上杉家に対する人質として送り込まれた存在だが、謙信から自身の初名 "景虎" の名を与えられたことからも、相当に気に入られていたことがうかがえる。

幼年期は箱根の寺に

景虎は天文23年(1554年)北条氏康の七男として誕生したが、幼少期には箱根に存在する早雲寺に預けられ、出西堂と称している。当初、北条家は甲斐の武田氏、駿河の今川氏と三国同盟を締結しており、盤石な体制であったため、景虎は戦国の舞台に出る余地もなかったようだ。

しかし永禄3年(1560年)桶狭間の戦いで東海道随一の弓取りと言われた今川義元が討死したのをきっかけに今川家は没落の一途をたどっていく。そして三国同盟は崩れ、武田信玄が今川領を刈り取るために駿河侵攻を開始するのである。
そして、永禄12年(1569年)には今川氏が事実上滅亡、今川方に加担した北条家と武田との間の同盟(甲相同盟)も破綻することになり、北条家は信玄に対抗するため、代わりにこれまで敵対関係にあった越後の上杉謙信に接近して同盟を締結させたのである。(越相同盟)

対外情勢の変化に巻き込まれ、上杉の人質に

この頃、景虎は大叔父・北条幻庵に養子入りして幻庵の娘を娶っていたが、この同盟において北条家から謙信に養子を出すことが決まり、白羽の矢が立ったのが北条三郎、すなわち景虎だった。謙信の養子とは言っても、要は人質である。
なお、景虎は甲相同盟の時点で武田氏に人質として提供されたという説もあるが、武田側の史料にはそういった内容が見当たらないため、武田家に対しての人質はなかったとみられている。

永禄13年(1570年)、謙信と沼田で初めて面会した景虎は、そのまま越後に同行して謙信の姉の娘を娶っており、祝言が開かれている。このときに正式に謙信の養子となり、謙信から「景虎」の名を与えられている。
なお、「将来上杉氏と北条氏が戦うことになったとき、どちらの味方になるか」と問われた時、景虎は「思う存分、北条氏を蹴散らすつもり」といった内容を話したといい、謙信にその心意気を気に入られたという。

元亀2年(1571年)には、父・氏康が亡くなる際には小田原に帰っており、まもなく越後に戻った。だが、氏康の死とともに甲相同盟が復活、これによって越相同盟が破綻して景虎の立場は微妙になったが、彼はそのまま上杉家に留まったようだ。

後継者争いで悲劇の死

謙信の養子となった景虎は、いつしか上杉家において謙信の後継者と目されるほどの人物であったようだ。

天正6年(1578年)に謙信が病没すると、上杉家では家臣団が分裂。すなわち景虎派と義兄弟の上杉景勝派との対立が生じたのだ。(御館の乱
事の発端は、謙信がどちらに家督を継がせるかの意思を示すことなく没し、後継者候補が景勝と景虎の2人が存在したという点にあった。なお、この対立は上杉家中だけでなく、周辺の戦国大名もいずれかに支持勢力として加わるなど、近隣諸国を巻き込んだ状況となっている。

先に動いたのは景勝で、春日山城の金蔵・兵器蔵を接収。これにより、景虎はやむなく春日山城下の関東管領の政務を行う施設(=御舘)に籠って景勝と争う展開となった。
景虎は北条家や武田家の後ろ盾もあって有利かと思われたが、春日山城を先に押さえられたことや、武田勝頼が景勝派と和睦したこと、実家の北条からの援軍が積雪によって見込めないこと等が響き、最終的には孤立。御館も陥落し、最期は小田原に脱出する途中、堀江宗親に裏切られて、自害を余儀なくされた。


 PAGE TOP