あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

上杉景虎

上杉景虎(うえすぎ かげとら、1554-1579年)は後北条当主・北条氏康の七男。北条氏が越後の上杉氏と越相同盟を締結した際、人質として上杉謙信の養子に出され、謙信の初名「景虎」の名を与えられた。
謙信死後には上杉家の家督を巡って上杉景勝と対立したが、その戦い(御館の乱)に敗れ、最後は自害して果てた。


経歴

幼少期は箱根・早雲寺に預けられて出西堂と名乗ったという。のちに北条幻庵の養子となり、幻庵の娘を娶るが、同年に武田信玄による駿河侵攻で甲相同盟が破綻し、北条氏は信玄に対抗するために上杉氏との越相同盟(1569年)を締結した。

このとき、人質として北条氏政の次男・国増丸を謙信の養子に出すことが決められたが、氏政が拒んだため、代わりの養子として、謙信の姪(上杉景勝の姉)を娶らせることが約束された。そして、春日山城へ入城した際に謙信の初名であった「景虎」の名を与えられた。

父・氏康が没し、兄・氏政が北条家の家督を継ぐと甲相同盟が復活され、越相同盟は手切となってしまうが、景虎は越後へ留まった。

謙信死後、家督を巡って上杉景勝と対立して御館の乱(1578-79年)が勃発。当初は実家の後北条家、そして、北条と同盟関係にあった武田勝頼の後ろ盾もあり、優勢にみえた。
しかし、景勝派に先に春日山城本丸を奪取され、続いて武田勝頼と景勝が和睦、さらに積雪のために後北条からの援軍も得られなかったこと等の不運も重なり、敗戦を余儀なくされ、兄・氏政を頼って小田原城へ向かう途上、家臣の鮫ヶ尾城主・堀江宗親の裏切りに遭って自害した。

略年表

  • 1554年(天文23年)、北条氏康の七男として誕生。
  • 1569年(永禄12年)、北条幻庵の養子となり、幻庵の娘を娶る。同年、越相同盟で謙信への養子入りが決まる。
  • 1570年(永禄13年)、正式に謙信の養子となり、謙信の旧名「景虎」の名を与えられる。
  • 1571年(元亀2年)、父・氏康の死去により小田原へ帰参し、まもなく越後へ帰国。
  • 1578年(天正6年)、謙信死去により御館の乱が勃発。上杉景勝派と家督を争う。
  • 1579年(天正7年)、景勝派に敗れ、北条領へ逃れる最中、家臣の謀反によって自害。


 PAGE TOP