あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

政宗の家紋・家系図とそのルーツ

伊達氏のはじまり

奥州合戦がきっかけで陸奥国へ

『寛政重修伊達家譜』(略して『寛政譜』)によると、伊達氏のルーツは藤原氏であり、平安期の公卿・藤原山蔭(ふじわらのやまかげ)の流れを汲み、その子孫である朝宗が文治5年(1189年)に源頼朝が奥州藤原氏を倒した奥州合戦で功をあげたとき、陸奥国伊達郡(=福島県伊達郡)を与えられたのがはじまりという。

また、伊達郡を与えられる前は常陸国真壁郡伊佐荘中村(=茨城県下館市中村)にあって伊佐氏または中村氏を称していたという。

取り急ぎ、『寛政譜』を元に作成した略系図を示したのでみてほしい。

『寛政譜』では朝宗を祖としているが、他の系図類や諸史料と整合性がとれない箇所が散見されているため、確かなものとはいえない。

実は確実な史料でその存在を確認できる伊達歴代当主は7代行宗(行朝)以降となっているため、それより前の系図はハッキリしないのである。

鎌倉時代研究の基本史料といわれる『吾妻鏡』によると、源頼朝から伊達郡を与えられた人物は「伊達常陸入道念西」といい、奥州合戦では念西の4人の子ども(為宗・為重・資綱・為家)を頼朝に従軍させて功を立てたという。
この "念西" が伊達家の祖であることは確かなようである。彼は桑折西山城、または梁川城に本拠を構えたという。

ややこしいが、"念西" が誰を指すのかについては「朝宗」と「宗村」の2説がある。

先に示した『寛政譜』では念西=朝宗だが、『駿河伊達系図』では念西=宗村の説をとっており、宗村を伊達家の祖としている。これは大きな違いなので、ここに『駿河伊達系図』も示しておくことにする。

ちなみに駿河伊達氏とは朝宗の二男・為家の子孫が南北朝期に駿河国に本拠を移した伊達氏の庶家である。

このように鎌倉期の伊達系図は定かでないが、主な人物の事績を以下に簡潔にまとめてみた。

  • 為宗(ためむね)
    念西の長男。承元3年(1209年)建暦2年(1212年)の関東御教書に陸奥園長世保の地頭としてその名がある。
  • 為重(ためしげ)
    『寛政譜』でいう宗村を指す。念西の二男。但馬国に移り住む。
  • 義広(よしひろ)
    『寛政譜』でいう3代当主。観音堂を建立し、本拠を粟野大館という所に移したという。
  • 政依(まさより)
    『寛政譜』でいう4代当主。東昌寺をはじめ、満勝寺・光明寺・観音寺・光福寺のいわゆる伊達五山を創建したという。

また、この時代の伊達氏は庶家も多く誕生し、伊達宗家は伊達郡地頭として庶家とともに所領経営したとみられている。

南北朝期の伊達氏

さて、鎌倉幕府崩壊後には7代行朝(ゆきとも)が史料にあらわれる。

彼は建武の新政時代、建武元年(1334年)正月に設置された奥州式評定衆の8名の中にその名を連ね、建武2-3年(1335-36年)には北畠顕家らが政権から離反した足利尊氏(北朝)を九州に敗走させた戦いに従軍している。

以後の南北朝の動乱期において、行朝は後醍醐天皇の南朝方に属して奥羽南党の中心人物の一人であったが、南朝の劣勢となるとやがて北朝方に降ったとみられている。
南奥州における動乱は文和2年(1353年)の宇津峰城の落城により、事実上終結となった。

8代宗遠(むねとお)の代から伊達家は勢力を伸ばしていく。

宗遠は康暦2年(天授6年、1380年)に出羽国長井荘(現在、山形県西置賜郡および長井市)に進出し、信夫郡、刈田郡、柴田郡、伊具荘などを掌握したと伝わる。

もう一人の政宗

そしてさらに勢力を急速に拡大させたのが、9代大膳大夫政宗であった。
彼は戦国~江戸期の伊達政宗とは同名の別人である。政宗の名の由来は、この伊達氏中興の祖といわれる大膳大夫政宗にあやかって付けられたものという。

大膳大夫政宗は至徳年間(1384-86年〉に出羽国長井荘を掌握しており、亘理氏や黒川氏、さらに宇多郡、名取郡、宮城郡、桃生郡深谷、志田郡松山なども従属下させたという。

戦国期の伊達氏

南北朝期の伊達氏は宗家と庶家は密接につながっていたが、やがてそれぞれの地域で血縁にない武士らと結びつきを強め、南朝と北朝に分かれることも生じており、15世紀頃から伊達宗家の所領は陸奥、出羽に限定されるようになったという。 一方で庶家もまた、本領の地域に根ざして国衆として独立し、宗家との関わりも断たれるようになる。

10代氏宗(うじむね)は先代政宗の死後、わずか数年で亡くなっているため、その事蹟はよくわからない。

11代持宗(もちむね)の代には、関東が室町幕府と鎌倉公方の対立によって一足早く戦国時代に突入し、幕府方として戦っている。
父・氏宗の死後まもなくの応永20年(1413年)には、持宗は大仏城(福島市)に挙兵して、鎌倉公方に抵抗している。鎌倉公方は持宗をたびたび攻めたが、応永23年(1416年)に勃発した上杉禅秀の乱などの対処もあって伊達氏を討伐することができなかったという。

持宗は梁川城と城下町を整備したが、応永33年(1426年)に梁川八幡宮を造営し、嘉吉元年(1441年)には9代政宗夫人・蘭庭禅尼の菩提寺として輪王寺を梁川に創建したこと等から、それがうかがえる。

このころの伊達氏であるが、『臥雲日件録』によると、寛正5年(1464年)の条で「伊達氏は36郷を領し、七千騎を擁する奥州随一の武家」と伝えている。

中央で応仁元年(1467年)から応仁の乱が勃発するが、このころ12代成宗(なりむね)は陸奥国の国分氏と3度戦って和睦している。また、文明12年(1480年)には出羽国の寒河江氏を攻めたが、敗退している(菖蒲沼の戦い)。
その後の文明15年(1483年)には上洛し、前将軍の足利義政や9代将軍義尚、義政夫人の日野富子らに謁見して多くの進物を献上している。

成宗は一ヵ月余り滞在した中で「太刀23振、馬95頭、砂金380両、銭5万7千疋」を献上したという。 ちなみに同時代で将軍に進物を献上した事例として、下総国の結城氏朝「太刀8振、馬7頭、銭6万5千疋」、出羽国の大宝寺淳氏「馬10頭、銭1万疋」などがある。
こうして比較してみると、成宗の進物の多さが際立っている。また、砂金は奥州で古くから豊富に産出されていたのである。

成宗のこの上洛は奥州探題職を得るためであったという。
奥州探題とは、陸奥国を統括する室町幕府の役職である。このため、陸奥国に守護は存在せず、奥州探題職は斯波氏の末裔・大崎氏が務めていたのである。

陸奥国の守護となり、奥州の覇者へ

成宗の死後に13代尚宗(ひさむね)を経て、14代植宗(たねむね)のときの大永2年(1522年)には陸奥国守護に補任された。
奥州探題は守護職と同一の役割と考えられていたため、このことは奥州探題が形骸化したことを意味する。 つまり、大崎氏に代わって伊達氏が奥州を統括する立場になったということである。

さらに植宗は武略とともに政略結婚によって勢力を拡大し、天文5年には分国法『塵芥集』を制定するなど、奥州で筆頭の地位を固めたのである。

だが、植宗とその嫡男・15代晴宗との確執によって天文17年(1548年)から天文の乱と呼ばれる内紛が勃発。この内紛は伊達氏と縁戚関係にあった奥羽の諸大名をも巻き込む大乱となり、和睦までに6年も費やしている。
晴宗は和睦によって家督を継ぎ、居城を米沢城(出羽国羽前)に移したが、この乱で伊達氏の勢力は一時的に大きく後退させている。

なお、晴宗は政宗の祖父にあたり、のちには子息の16代輝宗とも不和となって対立したが、隠退することで事態を回避している。

永禄10年(1567年)には輝宗の嫡子・梵天丸(のちの"伊達政宗) がここに誕生。やがて輝宗は伊達氏の勢力を全盛期の頃とほぼ同じ水準に回復させ、政宗へとバトンタッチするのである。

家紋

政宗が使用したと思われる家紋は数多くあり、政宗の生き様を考えると、状況に応じて家紋を使い分けていたと考えられる。

仙台笹

仙台笹

丸に竪三引両

丸に竪三引両

横三引両

横三引両

九曜紋

九曜

雪輪に薄

雪輪に薄

桐紋

五七桐

菊紋

十六葉菊

仙台笹

越後上杉氏の家紋「竹に雀」をベースに、よりデザイン性が高く複雑になった紋が、この仙台笹であり、仙台藩伊達氏の定紋である。
つまり、仙台笹は越後上杉氏から与えられたものであり、「竹に雀」から派生したものである。

政宗の曾祖父・伊達植宗の母は越後守護の上杉定実の娘(一説に姉)にあたり、伊達と上杉は縁戚関係にあった。そして、植宗が上杉との同盟強化のため、三男・実元を上杉定実の養子として送り込みこもうとしたとき、「竹に雀」の家紋が贈られたという。

仙台笹は仙台藩伊達氏、すなわち江戸中期の記録として残っているので、戦国末期を生きた政宗は越後上杉氏と同じ「竹に雀」を使用していた可能性も否めない。

政宗正室の愛姫が生前の政宗に忠実に作らせたという政宗像には、仙台笹の家紋が残っている。この政宗像は政宗の菩提寺・瑞巌寺(ずいがんじ)にある。

丸に竪三引両

この家紋は本来は源氏の家紋だが、文治5年(1189年)の奥州合戦で功をあげ、伊達氏が興ったときに源頼朝から与えられた、伊達氏最古の家紋だといわれる。

横三引両

仙台笹と同様、瑞巌寺の政宗像に見られ、政宗時代の伊達氏宗家が使用したものである。

五七桐・十六葉菊

この2つの家紋は、元々足利将軍家や天皇家から天下人となった豊臣秀吉に引き継がれたものであり、秀吉はさらに配下の大名たちに与え、政宗もこれらを拝領したという。


あわせて読みたい
伊達政宗の名言・逸話まとめ
伊達政宗トップ / 入門
3分でわかる伊達政宗の生涯
伊達政宗トップ / 入門

 PAGE TOP