あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

伊達晴宗

伊達晴宗(だて はるむね、1519-1578年)は伊達家第15代当主で伊達正宗の祖父。従四位下、左京太夫。
外交政策をめぐり、父・種宗と対立した後、家督を継いでからは家臣団の統制に着手していく。家臣の中野宗時らとともに伊達家の運営を行ない、奥州探題への補任、全国大名衆として室町幕府から認可を受けるなどし、隠居後も実権を握った。


経歴

1519年(永正16年)に第14代当主・伊達稙宗と蘆名盛高の娘との間に長男として誕生。幼名は弥次郎。

1533年(天文2年)には12代将軍足利義晴から偏諱を受け、晴宗と名乗った。

この頃、伊達家は父・稙宗が勢力を拡大しており、最上・相馬・蘆名・大崎・葛西ら南奥羽の諸大名を従属させるに至っていた。奥羽に一大勢力圏を築き上げた稙宗は伊達家中の統制を図るため、次々と台帳・分国法を作成して集権化を進めていく。

父と対立、天文の乱が勃発

そのような中、父・稙宗が更なる勢力拡大のため、弟・時宗丸(実元)を越後の守護大名の上杉定実の養子に出そうとしたこと、そして、義兄・相馬顕胤(そうま あきたね)に伊達領の一部を分け与えようとしたことで父との対立を次第に深めていった。

反対した晴宗は、重臣の中野宗時(なかの むねとき)や桑折景長(こおり かげなが)らと協力して稙宗を西山城に幽閉、これにより、弟の実元の養子縁組を阻止することに成功した。しかし、稙宗は家臣の小梁川宗朝(こやながわ むねとも)により西山城から救出され、さらには奥州諸侯を束ねて争う構えを見せたことで、1542年(天文11年)に父子間での戦争が勃発(天文の乱)

はじめは父の稙宗方が優勢であったが、1547年(天文16年)にそれまで稙宗を支持していた蘆名盛氏が、田村氏や二階堂氏と対立したために晴宗方に寝返り、それにより形勢が逆転した晴宗方が優位なまま、1548年(天文17年3月)には13代将軍足利義輝の停戦命令を受け、同年9月に和睦が成立した。

晴宗政権の誕生

和睦後、父・稙宗を丸森城へ隠居させ、家督を相続して第15代当主となると、居城を米沢城(出羽国羽前)に移した。天文の乱によって混乱・弱体化した伊達家の家臣たちを統制・強化するため、1553年1月17日(天文22年)に『晴宗公采地下賜録』(家中に対する所領安堵状)を一斉給付し、権力の集中と強化を図った。

また同年、それまで和睦を不服として抗戦を続けてきた懸田俊宗(かけだ としむね)、懸田義宗(かけだ よしむね)親子を倒した。しかしながら、天文の乱で晴宗方の主力となっていた中野宗時をはじめとする家臣らに様々な特権(守護不入権など)を与えざるを得なくなり、結果、晴宗の政権は中野宗時たちを中心に運営されていくことになる。

晴宗は岩城重隆(いわき しげたか)の娘である久保姫を正室に迎えた。久保姫をめとった経緯については諸説あるが二人の夫婦仲はとても良く、久保姫との間に6男5女を儲けた。

久保姫は晴宗の没後は出家し、宝積寺(福島市)を建立して亡き晴宗を供養したとされている。その後、孫である伊達正宗を頼り宮城郡根白石に移住して1594年(文禄3年)に74歳で亡くなった。

多くの子どもに恵まれた晴宗は、子どもたちを岩城家、二階堂家、佐竹家に送り込むことで縁戚関係を結び、勢力の回復につとめた。その結果、1555年(天文24年)には奥州探題に補任され、さらに1563年(永禄6年)には室町幕府から認可された全国大名衆50余名のうちの一人として認められた。それは、奥州(陸奥の国)では蘆名盛氏と晴宗だけが大名として認められたという名誉なことであった。

隠居後

1564年(永禄7年)に次男である輝宗に家督を譲って隠居。しかしながら、家中の統制は変わらず晴宗と中野宗時らで行っていた。その年、蘆名盛氏が二階堂盛義(晴宗の長女・阿南姫の婿)と対立して岩瀬郡に進攻すると、晴宗は二階堂の救援のために桧原を攻撃。しかし晴宗は撃退され、二階堂盛義が1566年(永禄9年)に降伏をすると、蘆名盛氏の長男の盛興に晴宗の四女の彦姫を嫁がせるという条件で伊達家と蘆名家の間にも和平が成立した。

1565年(永禄8年)、丸森城に隠居していた父・稙宗が死没すると、相馬盛胤が丸森城を接収し、さらに伊具郡各所を手中に収めていく。これにより、天文の乱以来の伊達と相馬間の抗争が再び起こり、その後20年間に渡って丸森城をめぐる攻防が繰り広げられることとなる。

晴宗は隠居後も実権を握り続けていたが、それに不満をもつ子・輝宗が1570年(永禄13年4月)、中野宗時・牧野久仲親子を謀反の疑いで追放。すると、引き際を悟った晴宗は実権を輝宗に移して杉目城に閑居した。

その後は輝宗との親子関係も改善され、晩年には一門や家来衆を閑居した杉目城に招き、宴会を催していたという。さらにその宴席では、孫である梵天丸(後の伊達正宗)が和歌を披露していたという。

1578年(天正5年12月5日)、杉目城にて死去。享年59歳。

略年表

  • 1519年(永正16年)、誕生。
  • 1533年(天文2年)、12代将軍足利義晴から偏諱を受け、晴宗と名乗る。
  • 1542年(天文11年)、天文の乱で父・種宗と対立。
  • 1548年(天文17年)、天文の乱が終結、伊達家第15代当主に。
  • 1553年(天文22年)、『晴宗公采地下賜録』を作成。
  • 1555年(天文24年)、奥州探題に補任される。
  • 1563年(永禄6年)、室町幕府から全国大名衆50余名のうちの一人として認可される。
  • 1564年(永禄7年)、家督を次男・輝宗に譲って隠居するも、伊達家の実権は握る。
  • 1570年(永禄13年)、実権を輝宗に譲って杉目城に閑居。
  • 1578年(天正5年12月5日)、杉目城にて死去。


あわせて読みたい
政宗の家紋・家系図とそのルーツ
伊達政宗トップ / 入門
伊達稙宗
伊達政宗トップ / 登場人物伝
伊達輝宗
伊達政宗トップ / 登場人物伝
3分でわかる伊達政宗の生涯
伊達政宗トップ / 入門

 PAGE TOP