丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「葛西大崎一揆」政宗、一揆利用で失地回復を狙うも秀吉が一枚上手?
──天正18-19年(1590-91年)

天下人・秀吉によって領地を没収された葛西氏と大崎氏。彼らの家臣団が豊臣政権に対して起こした反乱が「葛西大崎一揆」である。

合戦の背景

天正18年(1590年)豊臣秀吉が小田原征伐で関東の覇者・北条氏を滅ぼし、その後まもなく奥羽仕置の完了をもって天下統一は達成されたが、この奥州仕置がきっかけで葛西大崎一揆することになる。

葛西氏と大崎氏といえば、現在の宮城県北部~岩手県南部の戦国大名であるが、両家とも伊達稙宗の代より伊達氏に従属する立場であった。秀吉が小田原征伐の際には、全国の諸大名に出陣命令を出したものの、伊達政宗が秀吉に味方するかを決めあぐねていたことから、葛西・大崎の両家も勝手に兵を出陣させることができなかった。
結局、政宗は結局小田原へ出向いて秀吉に詫びをいれて事なきを得たが、葛西・大崎両家の各当主、葛西晴信と大崎義隆は最後まで参戦しなかったため、奥州仕置のときに秀吉から改易処分を下されてしまったのである。

その後、豊臣政権は木村吉清を新領主に命じて葛西・大崎旧領の統治を任せたのだが、彼は武功や事務手続きの手際を見込まれ、叩き上げで出世した人物で、元々は一農民に過ぎなかったため、領土の統治を上手にすることができなかった。
実害を被っていた農民たちの不平不満は相当なものであり、葛西・大崎両家の旧家臣から強烈な反感を買うことに。。しばらくは浅野長政が目付け役として補助をしてくれていたため、あまり大事には至らずに済んでいたものの、長政が帰ってしまった直後の同年10月初旬には紛争が起き、そのまま一揆へと発展する。

合戦の経過

10月16日には、岩手沢城の旧城主・氏家吉継の家臣が領民と共に蜂起して同城を占拠したことで、一揆は本格的になっていった。この状況に対し、木村吉清は寺池城で息子の清久と解決策を練ったが、清久が名生城に戻る途中に立ち寄った佐沼城で一揆勢に囲まれてしまい、身動きできない状態に陥ってしまう。
一揆勢には葛西・大崎両家の家臣が大勢いたことから士気も高く、寺池城・名生城はあっという間に奪取されるなど、新体制が覆されてしまった。

一方、白河城にいた長政は一揆が起こったことを知ると、二本松城へと引き返して伊達政宗と蒲生氏郷に一揆を解決するように命じた。政宗と氏郷は色々と相談した上、兵を出す日を11月16と日決めた。ところがその前日になると、蒲生氏郷の陣に、”一揆の扇動者が政宗である” ということを報告してくる者が現れたのである。

【葛西大崎一揆 周辺マップ】


報告者の話はそれなりに信憑性があったため、氏郷は政宗が裏切る可能性を考え、単独で一揆勢に占領されていた名生城を取り返し、籠城戦の準備を始めた。また、同時に氏郷から報告を受けた秀吉は、石田三成に現地での対策を命じている。
一方、政宗はバレることによる改易や斬首刑を恐れたのか、同24日には佐沼城にいた木村親子を助けだして氏郷に預けた。しかし、氏郷はそれでも政宗を警戒し、人質を差し出すように要求した。このとき政宗はやむなく伊達成美と国分重盛を差し出している。

年明けの天正19年(1591年)正月、現地に到着した三成が政宗に対し、「言い訳があれば、京に出向いて直接言いに来い」という旨の秀吉の命令を伝え、政宗はそれに従い、2月には上洛して秀吉に弁明した。

自分の書状は、偽造されないように花押しのセキレイの目に針で穴をあけている──

つまり、一揆を煽動した証拠とされる密書は偽造されたものだ、と主張したのである。

こうして秀吉はこれを認め、6月に政宗は再び一揆鎮圧に向かった。一揆勢には武士が多く含まれていたことから制圧には困難を極め、伊達家の重臣であった佐藤為信と浜田景隆が討ち死にしてしまったが、なんとか一揆を制圧することに成功した。なお、政宗は8月に一揆の主立った者らを桃生郡須江山に呼び寄せ、家臣に命じて皆殺しにしてしまっている。

一揆鎮圧後

こうして一揆は収まった。木村吉清・清久父子は改易となり、その領地である葛西・大崎13都30万国は一揆鎮圧のご褒美として政宗に与えられてしまうことに。だが、その政宗も褒美を得る一方で伊達家が元々領有していた12群余72万石のうち、6群(長井・信夫・伊達・安達・田村・刈田)44万石を没収され、氏郷に与えられるハメとなったのである。
政宗に与えられた葛西・大崎13群は一揆によってかなり荒廃してしまっていた上、200年もの間領有していた伊達・信夫・長井の3群を失ってしまったことにより、実際に受けた経済的な損失は領土の損失14万石を大幅に上回るものであったらしい。

ところで、政宗が葛西大崎一揆を扇動したというのは事実なのだろうか?

実際に確証はないが、扇動したと考えられているようだ。政宗は秀吉の惣無事令後に失った会津ほか8郡を回復するため、一揆を扇動して木村父子を失脚させ、自ら一揆を鎮圧して恩賞を得ようという企みだったらしい。実際、一揆鎮圧後に多くの所領を没収されている点からみても合点がいく。なお、須江山に呼び出しての一揆皆殺しの一件も、証拠湮滅のためと考えられている。

だが、秀吉の方が政宗より一枚も二枚も上手だったということで、政宗はしてやられてしまったのだろう。 また、左遷同然で東北に飛ばされていた氏郷は、この一揆騒動を鎮圧することは上方に戻れるチャンスかもしれないと考えていたが、その思惑は政宗の策略に阻まれ、残念な結果に終わった。

一方、政宗にとってのこの一揆騒動は自分の領土を取り戻す良いきっかけであった。
元々、葛西・大崎両家は伊達家の傘下にあったので一揆を上手に促すことによって、伊達家の勢力を安定させようという思惑があった。結果的に思惑通りにいったものの、報告する者が現れたり、氏郷の思慮深さに作戦が阻まれそうになった機会が沢山あったため、家臣たちにはヒヤヒヤものであった。そして、秀吉の性格を逆手に取った政宗のこの自己弁護は、やがて起こる秀次事件の際にも猛威を振るうことになる。


 PAGE TOP