あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

【超入門】5分でわかる毛利元就

一介の国衆から中国地方の覇者にまでのし上がったことで知られる毛利元就。ただ、その生涯のほとんどは合戦つづきであった。

誕生~家督継承

元就は明応6年(1497年)、毛利家当主・毛利弘元の次男として安芸吉田の郡山城に生まれた。幼名は松寿丸、母は福原氏。

毛利家は南北朝時代より安芸国吉田庄(広島県高田郡吉田町〉に定住して国衆として成長していき、弘元の代には安芸国の有力国衆の中でも頭角をあらわしていた。
とはいえ、安芸国は北九州と中国地方に絶大な勢力を伸ばしていた守護大名・大内氏の勢力下にあり、毛利家も所詮は一国衆にすぎなかった。

父・弘元の苦悩、元就の生い立ち

元就が誕生したころの中央政権は、明応の政変と呼ばれるクーデターによって将軍足利義材が追放されて以来、管領の細川政元が幕政を牛耳っていた。時の将軍は12代足利義澄だが、政元の傀儡であった。
しかし、明応7年(1498年)に再度京都の奪回をもくろむ足利義材(のちの義稙)が大内氏の元に身を寄せると、応仁の乱以来鎮まっていた「大内氏 vs 細川氏」の対立が再燃し、弘元はその狭間で苦悩するようになる。

そして、大内氏と細川氏の圧力から逃れるべく、弘元は2年後の明応9年(1500年)、わずか8歳の嫡男・興元(幼名は幸千代丸)に家督を譲って、二男の元就をつれて猿掛城に隠退するのだ。

こうした情勢において、幼少の元就は次々と不幸にみまわれていく。

まず、文亀元年(1501年)には母を亡くし、続いて永正3年(1506年)には父・弘元も酒毒で亡くしている。弘元の死は、大内・細川のとちらに従属するか苦悩した挙げ句の心労がたたってのことと見られているようだ。
こうして元就はわずか10歳にして孤児となった。しかも、このときに毛利家臣・井上元盛によって所領を横領され、城から追い出されてしまう。

こうした不憫な元就を支えてくれたのが、毛利弘元の継室・杉大方であった。彼女は再婚もせずに元就を養育してくれたのであった。

養母に支えられて成長していった元就は、永正8年(1511年)に15歳で元服し、"多治比(丹比)元就" を名乗って分家を立てる。
そして、20歳となった永正13年(1516年)には兄・興元も酒毒で亡くしている。このため、家督は興元の嫡男・幸松丸が継ぐことになったが、幼少だったことから、叔父の元就がこれを後見することになった。

初陣と家督相続争い

元就の初陣は永正14年(1517年)の有田中井手の戦いとされており、このときに攻めてきた安芸武田氏を撃退し、家中での名声を高めた。

このころの毛利家は大内氏から尼子氏側へ鞍替えしていたようであり、大永3年(1523年)には大内氏の安芸鏡山城を攻めて陥落させている。
この合戦の後まもなく、毛利家では幼君・幸松丸がわずか9歳で突如没した。しかし、幸松丸には子は当然ながら兄弟もいなかったため、ここに家督争いが勃発する。

元就は自ら行動を起こさなかったが、重臣らの推挙によって家督後継者に担ぎ出された。このとき、毛利一門・譜代重臣15名の連署書状が作成されている。

しかし、これを不満とした一門衆の坂広秀・渡辺勝らが元就の異母弟である相合元綱を擁立し、元就の暗殺を計画。
この対抗勢力に尼子氏も肩入れしていたが、元就は先手を打って最期には元綱を討った。

大内氏傘下で勢力拡大

元就は、これをきっかけに尼子氏から離反し、大永5年(1525年)には再び大内氏への傘下を明確にすると、以後、大内氏の権勢を背景に勢力拡大へと向かった。

まず、享禄2年(1529年)に高橋氏一族を討伐した。

高橋氏は兄・興元の正室の実家であり、元々は友好関係にあったが、先の家督争いの際に相合元綱に与していた。
そして、その所領は安芸国と石見国にまたがり、備後国や出雲国にも入り込んで有しており、大内氏傘下の国衆連合の中でも盟主の地位にある大きな国衆であった。

元就はこの高橋氏を滅ぼしたことで、安芸から石見にかけての広大な領土を得て、大内氏傘下の国衆連合のトップの座に躍り出たのだ。

尼子氏はたびたび、備後国北部の多賀山氏や山内氏に攻勢をかけており、備後の多賀山城に関しては天文4年(1535年)に元就がこれを攻略して城主多賀山久意を降伏させている。
なお、この間の天文2年(1533年)、元就は大内義隆の推挙により、37歳で従五位下・右馬頭に叙任されている。

天文6年(1537年)に長男の少輔太郎を人質として大内氏へ差し出し、大内義隆から一字を拝領して"隆元"と名乗らせた。こうして元就は大内氏との関係を強化した。

元就と尼子氏は一時的な和睦となっていたが、ついに尼子軍が元就討伐を決意、天文9年(1540年)に尼子氏が3万もの大軍で吉田郡山城へ攻め込んできたのである。(吉田郡山城の戦い)

元就は尼子方の圧倒的な兵力を前に、籠城戦で苦しい戦いに挑むしかなかった。しかし、やがて大内義隆の重臣・陶隆房(のちの陶晴賢)率いる1万もの援軍を得ると、形勢は逆転し、翌年には尼子軍を撤退させることに成功した。

この戦いの結果、元就の威勢は鳴り響き、さらに同年に尼子経久が死去したことも手伝って尼子方の国人衆らが大内氏、および毛利氏に転じる動きがあいついだ。

また、同時に安芸武田氏も滅亡したことで、元就は安芸武田氏傘下の川内警固衆を組織化し、後の毛利水軍の基礎を築いていくことになる。

一方、大内義隆は経久の死を好機ととらえ、陶隆房をはじめとした家臣らの勧めもあって尼子の本拠・出雲国への遠征に打って出ることにした。それが、大内軍の大敗となった天文11年(1542年)の第1次月山富田城の戦いである。

この遠征で大内軍は力攻めを行なったが、堅固な富田月山城を前に攻略することができず、兵糧の欠乏や大内氏に転じたばかりの吉川興経ら安芸国人衆の寝返りなどもあり、撤退を余儀なくされた。
このときの撤退で、外様の家臣であった元就は殿を命ぜられ、尼子軍の追撃を受けて窮地を迎え、命からがら逃げ帰ったのであった。

この大敗の影響で、以下のように大内氏の勢力は後退していくことになる。

  • 大内義隆は合戦を忌み嫌うようになり、文化に傾倒。
  • 大内家中では武断派の陶隆房の影響力が弱まり、文治派が台頭。
  • 義隆と陶隆房の間に軋轢が生じるようになる。
  • 大内氏の弱体化により、安芸・備後での尼子氏の勢力が復活。

元就の婚姻戦略

一方、元就は勢力拡大のため、以下のように養子・婚姻政策を推し進めて行った。

  • 天文10年(1541年)、竹原小早川家の当主・小早川興景が病死。
  • 天文13年(1544年)、竹原小早川氏の養子として三男・徳寿丸(のちの隆景)を送りこむ。
  • 天文16年(1547年)、吉川氏の養子として次男・元春を送りこむ。
  • 天文19年(1550年)、小早川隆景が沼田小早川家の家督も継承。一方で元就が吉川興経とその子・千法師を粛清し、吉川氏を完全掌握する。

まずは毛利氏と小早川氏について。

毛利氏と竹原小早川氏は、元就の兄・興元の娘が竹原小早川家に嫁いでから婚姻関係にあった。
徳寿丸が家督を継いだ背景には、病死した13代当主・小早川興景に男児がいなかったこと、さらに竹原小早川家からの要請と大内義隆の勧めがあったからである。

なお、隆景は6年後に沼田小早川家という小早川宗家の家督継承にも成功している。
沼田小早川家当主・小早川繁平は若年で病弱な上、盲目だったことから、元就と大内義隆が共謀して隆景に家督を継がせた。このとき、反対する沼田小早川家の宿老たちを粛清している。

次に毛利氏と吉川氏について。

元就の正妻・妙玖が吉川国経の娘だったことから、血縁関係にあった。ただ、吉川氏の本領は出雲の尼子氏と接しており、尼子との繋がりも強く、当主・吉川興経は天文11年(1542年)の月山富田城の戦いで元就ら大内方を裏切って尼子に転じていた。

興経は武勇に長けた将であったことから、元就は武力衝突を避けようとしての養子戦略であった。 元就は吉川元春を養子とする条件に、興経の命の保証、および、興経の嫡子・千法師を吉川元春の養子にして、のちに家督を継がせるという条件で納得させたのであった。
のちに元就は、無情にも興経と千法師ともども暗殺し、吉川家を乗っ取っている。

こうして、元就は安芸の名族として知られた小早川・吉川の両氏を一族に組み入れ、いわゆる "毛利両川" と呼ばれる体制を築いたのであった。

陶晴賢の台頭と厳島の戦い

天文20年(1551年)、大内氏では、文治派の台頭によって排除されていた陶隆房がついにクーデターを敢行。長門大寧寺において義隆を自害に追い込んだ。(大寧寺の変)
翌年には義隆の養子であった大友晴英(大友宗麟の異母弟、のちの大内義長)を擁立し、隆房は "晴賢" と改名して大内氏の実権を掌握。元就はクーデター後は陶晴賢に従属することになった。実は元就はこのクーデターに関して事前に同意していたとされている。

しかし、嫡男の隆元は、”陶晴賢はいずれ毛利にも攻めてくる”と主張し、陶氏打倒を唱えていた。こうしたことからか、やがて元就は陶晴賢と決別することになる。

こうした中で天文23年(1554年)に石見の吉見正頼が晴賢に叛旗を翻し、三本松城の戦いが勃発。 吉見氏は陶氏と同じ大内家臣でありながら、応仁の乱以来の仇敵であった。

このとき、元就は吉見氏から事前に決起を促されていたが、一方で戦いがはじまると、晴賢からも出陣要請をうけていた。
元就は迷っていたが、晴賢が安芸の国衆らに直接出陣を要請していたことを知り、ついに晴賢との決別を決意、挙兵し、安芸から晴賢勢力を一掃したのであった。(防芸引分)

これに対し、晴賢はすぐさま元就討伐の軍を派遣し、安芸国の折敷畑山で両軍が激突したが、元就が勝利している。(折敷畑の戦い)

弘治元年(1555年)兵力差で圧倒的に不利であった厳島の戦いで陶晴賢を滅ぼした。

なお、この後まもなく、晴賢に父を謀殺されていた大内家臣・杉重輔が陶氏の居城・富田若山城を襲撃し、晴賢の遺児・陶長房を討っている。

大内氏を滅ぼし、周防・長門を支配

大内氏は、晴賢の死だけでなく、家中では私闘や離反も重なって、弱体化に拍車がかかっていった。

これに乗じ、元就は周防と長門の制圧に乗り出すが、いざ侵攻をはじめると、毛利勢に抵抗する一揆が頻発した。というのも、防長の両国はこれまで大内氏が長く統治してきたため、新興勢力である元就の侵略に反感を強めたのだ。

そうした中、翌弘治2年(1556年)にかけて一揆勢の鎮圧が一段落すると、尼子氏を牽制するため、二男・吉川元春を石見国に出兵させ、石見銀山を奪取させることに成功している。

一方、同年における防長への侵攻では、毛利勢の前に都濃郡須々万の沼城が大きく立ちはだかった。
この城は、三方が深い沼池に固まれた要害であった上、大内氏の援軍や大内氏に味方する一揆軍も加わって籠城したため、陥落までに1年以上を要すことになった。

そして翌年、激戦の末にようやく沼城を陥落させると、その後はまもなくして大内義長は自害し、大内氏は滅亡した。(防長経略)
これにより、元就は安芸・備後に加え、周防・長門を支配し、4か国を有するまでになった。

石見銀山の争奪戦

元就の石見経略は、周防制圧と並行して二男・元春を出兵させ、当時は大内氏の支配下にあった石山銀山を奪取した事は先に述べた。
だが、永禄元年(1558年)には尼子晴久に石見銀山の山吹城を落とされ、石山銀山を奪われてしまう(忍原崩れ)。これをきっかけに毛利氏と尼子氏による石山銀山争奪戦が激化するようになる。

こうした中、翌永禄2年(1559年)になると、将軍権威の再建を目指した13代将軍義輝が全国の和平調停へ動き出した。
中央では、これまで三好長慶が幕府と京都の実権を握っており、将軍義輝と細川晴元は政権奪回のために再三挙兵して対立していたが、ここにきて和睦し、協調関係となっていたのだ。

毛利氏と尼子氏の両者は、幕府からの使者を通じて和平勧告を受けたが、石見制圧を急ぐ元就はこれを受け入れず、石見に繰り返し出兵している。

永禄4年(1561年)になると、九州方面では大友氏の攻勢が激化し、毛利方の豊前門司城にまで攻撃を加えてきた。
一方、元就から所領を替地にされ、不満を抱いていた福屋隆兼が反毛利の兵を挙げたため、元就は石見と豊前の2方面での対処するハメとなる。そこで元就はついに尼子氏との和平調停に応じ、翌年にかけて和睦を成立させている。(芸雲和談)

和睦後の永禄5年(1562年)、元就は裏切った福屋隆兼を攻略、続いて尼子方として石見銀山を守備する本城常光を調略によって降伏させた。
これにより石見経略が成ったのである。

尼子氏を滅ぼし、中国の覇者へ

石見経略によって毛利の威光はさらに強まり、出雲国の有力国衆も毛利方に服属するようになる。
やがて元就は尼子氏に和談破棄を通告するが、実は和談成立から半年もたっていない。しかも破棄して1カ月もたたずに出雲国へ侵攻を開始するのだ。

対する出雲の尼子氏は大友氏と連携して、毛利方の豊前松山城を大友方に攻めさせた。これにより元就は九州への救援に隆元を向かわせることになる。

永禄6年(1563年)、隆元は岩国を経て、防府に軍を進め、前線基地に当たると、豊前での「毛利 vs 大友」の戦線は膠着状態に入った。一方で将軍から和平調停の使者が訪れると、毛利・大友両氏の争いは収束に向かい、翌年までに和談となっている。(芸豊和談)

こうした情勢から、隆元は尼子攻めのために軍を返したが、その途次、安芸国で兵を整えて滞陣中、酒宴の後に突如亡くなった。 死因は食傷とも毒殺ともいわれている。また、元就は隆元の死を知って深く歎き悲しんだという。

その後まもなく、元就は弔合戦として、尼子氏の支城である白鹿城を攻撃し、2ヶ月間の攻防戦で陥落させた。(白鹿城の戦い)

この勝利以後、毛利方は尼子の本拠・月山富田城の包囲網構築に向けて、支城をじわじわと攻略し、海路の補給線を断つなどしていき、永禄8年(1565年)の春頃には富田城へ最初の総攻撃が開始された。
元就はこの戦いで味方の犠牲を防ぐべく、持久戦で臨んだ。

永禄9年(1566年)2月頃、元就は陣中で一時危篤状態になったが、一流の医師・曲直瀬道三の治療で回復したようである。このとき元就は70歳という高齢であった。

やがて富田城の兵糧は欠乏していき、城からの脱走者も続出すると、同年11月、ついに尼子氏が降伏。元就は中国地方8ヶ国支配という偉業を成し遂げたのである。

四国、九州への出兵

尼子を滅ぼした後、1年余りは合戦もなかったが、永禄11年(1568年)には四国へ出兵することになった。

同年初めころ、四国伊予の河野通直から援軍要請が届いた。河野氏と対立する宇都宮氏が、土佐の一条氏や長宗我部氏らの支援を受け、攻め込もうとしていたのである。

河野通直は元就の孫にあたる宍戸隆家の娘を娶っており、しかも、元就が危機のときには河野氏はたびたび支援してくれていた。
実際、元就は恩に報いるために兵を出したようだ。吉川元春・小早川隆景・宍戸隆家ら3万の軍兵を派遣し、渡海させると、宇都宮氏を降伏させている。

四国出兵後は続いて九州へも出兵することに。
毛利氏と大友氏は和談となっていたが、毛利に心を寄せる豊前、筑前の国衆が増え、大友一族の中にも毛利氏に通じる者がでてきたため、戦いが再燃したのだ。

大友一門の立花鑑載の篭る立花城が大友軍に包囲されると、毛利両川が救援に向かうが、これは間に合わずに立花鑑載は自害。毛利はひとまず九州から撤退した。
だが、翌永禄12年(1569年)には毛利両川4万余の大軍で再び九州へ侵攻し、豊前の門司城を奪取して拠点にすると、前年に大友に奪われた立花城をも攻め落としている。

晩年の元就

しかし、元就は一時的にだが、窮地に追い込まれることになった。

同年中に、山中鹿之介が尼子国久の孫勝久を擁立して主家・尼子氏の再興軍を、さらに続けて大内義隆の従兄弟・輝弘も大内氏再興軍を興したのである。
これら反毛利勢力の蜂起は、いずれも大友氏が毛利氏の後方撹乱のために仕掛けたものであった。

元就はやむなく九州から撤退し、山口に転戦してからすぐさま輝弘を自害に追い込むが、山中鹿之介ら尼子再興軍との戦いは容易ではなく、以後数年にもわたって続くことになる。

元就はその結末を知ることなく、元亀2年(1571年)に吉田郡山城で死没した。享年75。


あわせて読みたい
毛利元就の名言・逸話まとめ
毛利元就トップ / 入門
毛利元就の妻と子供たち
毛利元就トップ / 入門
毛利元就の兄弟姉妹たち
毛利元就トップ / 入門

 PAGE TOP