あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

小早川隆景

小早川隆景(こばやかわ たかかげ、1533-1597年)は中国の覇者・毛利元就の三男であり、毛利両川体制の一人。

誕生~小早川家の相続

天文2年(1533年)、毛利元就の三男として安芸吉田の郡山城で誕生。幼名は徳寿丸。

このころ、父・元就は、大内義隆の推挙で従五位下・右馬頭に叙任され、天文6年(1537年)には長兄の少輔太郎(のちの毛利隆元)が大内氏の人質に差し出されるなど、毛利氏は大内氏の傘下にあって、その地位を高め、結びつきを強めていた。

こうした中、徳寿丸は竹原小早川家の名跡を継ぐことになる。

竹原小早川家では天文10年(1541年)に13代当主・小早川興景が病死し、後継者となる男児がなかったため、徳寿丸に白羽の矢が立ったのだ。
というのも、毛利家と竹原小早川家は元就の兄・興元の娘が竹原小早川家に嫁いでいたことで姻戚関係にあった。さらに竹原小早川家からの要請、そして大内義隆の勧めもあったことで、徳寿丸の養子縁組はスムーズに事がすすんでいったという。

なお、徳寿丸はこの頃に義隆から一字を拝領し、”隆景” と名乗っている。

こうして隆景は、天文13年(1544年)に竹原小早川家の当主となった。このとき義隆は太刀一振を贈り前途を祝している。

元服後の隆景は、天文16年(1547年)の大内義隆の備後・神辺城攻めで初陣を飾ったとされ、その2年後には二兄・元春とともに元就に連れられ、大内義隆のもとを訪れている。これは元就が2人の息子を義隆に謁見させる目的だったとされている。

天文19年(1550年)には、隆景が小早川繁平の妹を娶り、宗家たる沼田小早川家の家督を継ぐことになり、これによって沼田・竹原の両小早川家は統合されることになった。

沼田小早川家は当主の小早川正平が戦死し、若年の繁平が家督を継いでいたが、彼は病弱で盲目だったことから養子を必要としていた。この家督継承は大内義隆と元就の2人が共謀して実現させ、これに反対した沼田小早川家の宿老たちは粛清されたという。

このとき既に、二兄・元春も吉川氏の養子として家督を相続しており、ここに小早川氏・吉川氏は完全に毛利一門となり、毛利両川体制ができあがったのだ。

隆景は沼田小早川家の本拠高山城に入城、翌天文21年(1552年)には新高山城を築城して、ここを新たな本拠とした。

毛利両川体制と中国制覇

以後、隆景は小早川水軍を率いて瀬戸内一帯を抑え、弘治元年(1555年)の厳島の戦いにおいては調略によって村上水軍を味方に引き入れ、陶晴賢率いる大内水軍を破って海上を封鎖し、大功をたてた。

軍事面を担当する兄・元春に対し、主に政務・外交面を担当し、元春と共に「毛利両川体制」の一人として毛利家の中核を担った。毛利氏の中国制覇における以下の戦いに参戦し、功を重ねている。

  • 弘治3年(1557年)、大内氏を滅ぼした戦いに参戦(防長経略)。
  • 永禄2年(1559年)、降露坂の戦いに参戦。
  • 永禄8-9年(1565-66年)、第二次月山富田城の戦いに主力として参戦。
  • 永禄10年(1567年)、河野氏を助けて伊予国に出兵し、大洲城を攻略。さらに九州へ出兵。

元亀2年(1571年)には、備前で浦上宗景・村上武吉らと交戦する中で父・元就が危篤に陥ったために安芸に帰国。元就の死去。父・元就の死後は、兄・元春とともに家督を継いだ甥の輝元を補佐する役目を担う。

このころ、尾張の織田信長は、将軍足利義昭を擁立して織田政権を樹立していたが、将軍権力を制限したことで義昭と対立していた。信長は浅井・朝倉・本願寺・武田らと連携して反織田勢力を結集する義昭と争い、苦境に立たされたが、天正元年(1573年)には浅井・朝倉を滅ぼし、義昭を京から追放し、室町幕府を事実上滅ぼしたのであった。

そして、織田の勢力はついに毛利領にまで迫り、隆景は兄・元春とともに戦うも、次第に劣勢となっていく。

  • 天正3年(1575年)、織田方に通じた三村元親を討伐。その後、豊後国の大友宗麟と交戦。
  • 天正4年(1576年)、第一次木津川口の戦いで織田方の九鬼水軍に勝利する。
  • 天正6年(1578年)、第二次木津川口の戦いで織田方の九鬼水軍に敗れる。

天正10年(1582年)には居城を新高山城から三原城に移し、同年の備中高松城の戦いの際には、備中高松城への救援にむかった。しかし、秀吉はすでに堤防を構築して水攻めによって包囲しており、救援できなかったことから秘密裏に和睦交渉をすすめている。このとき、本能寺の変が勃発して信長が横死しており、秀吉は隆景と和睦してから本能寺へ急行し、明智光秀を討っている。

豊臣政権下での隆景

信長死後の翌天正11年(1583年)には、秀吉が柴田勝家を破って織田家の覇権を握るが、隆景はすぐさま養子の小早川元総を人質に差し出して秀吉に従属した。

以後、秀吉による四国攻め(1585年)、九州攻め(1586-87年)、小田原征伐(1590年)に従軍して秀吉の天下統一に大きく貢献して高い評価を受けた。

秀吉による朝鮮出兵(文禄の役:1592-93年)にも従軍し、帰国後の文禄3年(1594年)には、秀吉の義理の甥である羽柴秀俊(のちの小早川秀秋)を養子に迎え、翌年には秀俊(秀秋)に家督を譲って隠居した。五大老の一人に任命された。その後まもなくの慶長2年(1597年)に病没した。


あわせて読みたい
毛利元就の妻と子供たち
毛利元就トップ / 入門
毛利元就の兄弟姉妹たち
毛利元就トップ / 入門
毛利元就の名言・逸話まとめ
毛利元就トップ / 入門
【超入門】5分でわかる毛利元就
毛利元就トップ / 入門

 PAGE TOP