あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

毛利輝元

豊臣政権下の五大老の1人、そして、関ヶ原の戦いの西軍の盟主として知られる毛利輝元。

中国を制した毛利元就の死後、若くして毛利家当主という重責を担い、織田・豊臣の時代を生き抜き、関ヶ原敗戦後に隠退してもなお、徳川幕府下で毛利家の実権を握り続けた。本稿ではそんな輝元の事蹟を追う。

誕生~父・隆元の死

天文22年(1553年)、毛利隆元の嫡男として誕生。幼名は幸鶴丸。母は大内氏家臣・内藤興盛の娘・尾崎局である。

この当時、毛利氏は西国の大大名である大内氏に従属していたが、その大内家の実権は、家中でクーデターを興した陶晴賢が掌握していた。その後の毛利氏は、祖父元就が弘治元年(1555年)厳島の戦いで陶晴賢を倒したのを機に、2年後の弘治3年(1557年)には大内氏をも滅ぼし、一気に4か国以上をも支配する一大勢力を築いた。

同年には、父・隆元が家督を譲られて当主となったが、実権は隆元を後見を務める元就がそのまま握り、2人の叔父である吉川元春小早川隆景も隆元をサポートして毛利家の中枢に加わるという、いわゆる「毛利両川体制」の土台づくりがここからスタートすることになる。

しかし、永禄6年(1563年)には父・隆元が突如急死。このとき嫡男の輝元はこのとき11歳という若さだった。

毛利両川体制下で当主へ

その後、毛利氏は隆元の弔い合戦として同年から翌年にかけて尼子氏の支城・白鹿城を陥落(白鹿城の戦い)させると、その後も徐々に尼子氏の諸城を攻略していく。そして、永禄8年(1565年)には尼子の本拠・月山富田城の包囲にまで至るようになる。

この年、13歳となっていた輝元は元服式をあげ、13代将軍足利義輝の一字を拝領して "輝元" と名乗っている。その直後に行なわれた月山富田城への最初の総攻撃では、初陣を飾ることを許されたようだ。

こうして輝元が当主となり、新たな毛利氏の運営がはじまるが、事実上の毛利家中枢が祖父元就と2人の叔父であることはいうまでもないだろう。

永禄9年(1566年)には、兵糧攻めによって月山富田城を陥落させ、ついに宿敵の尼子氏を事実上滅ぼした。このとき、毛利家中では、輝元・元春・隆景らが、尼子義久らを切腹を主張したが、元就はこれら意見を押しのけて助命している。

このように毛利氏は、祖父元就が一代にして大内・尼子という大勢力に代わり、中国の覇者の地位を手に入れた。しかし、戦いはなおも絶え間なく続いたため、勢力維持をするのに困難な状況にたびたび置かれることになる。

永禄11年(1568年)には伊予の河野通直が窮地にたたされたため、救援のために大軍で四国へ渡っている。また、九州では大友氏の家臣や一門衆が毛利氏に転じるという動きがあり、これまで和談していた大友氏との戦いも再燃。さらには翌永禄12年(1569年)に、旧尼子家臣であった山中鹿之介が尼子再興軍を興して挙兵し、出雲国へ侵攻をはじめたのだ。

輝元ら毛利両川はこれらの鎮圧に手を焼く中、元亀2年(1571年)には祖父元就が病死、やがては中国方面にまでその勢力を伸ばしてくる最大の敵、すなわち織田信長との抗争に巻き込まれることになる。同年の輝元はまだ19歳であった。

織豊政権と輝元

元就の死後、2人の叔父の補佐を受けて親政を開始した輝元。
その後、尼子再興軍や宇喜多氏との戦いで勝利し、毛利両川は東方へ勢力を拡大するが、天正元年(1573年)には信長が将軍義昭を追放すると、輝元は最大勢力を誇る織田軍との戦いに晒されるようになる。

ただ、同年には追放された将軍義昭の処遇をめぐって織田氏・毛利氏による会談も行なわれているなど、しばらく表向きは良好な関係を維持していたようだ。
しかし、裏では互いが勢力拡大のために有力国衆らの調略に動いており、天正4年(1576年)には全面戦争に突入することになる。

織田信長との戦い

というのも、信長に京を追われていた将軍義昭が信長打倒を掲げ、同年に再び諸大名らに結集を呼び掛けたからだ。
しかも義昭は、中国に一大勢力を築いていた毛利をもっとも頼りにし、毛利領内の備後国にきて自分を擁立して反織田の兵をあげるよう要請している。その結果、輝元は義昭に与して信長と対決することを決意したのであった。

信長との戦いは同年7月に海路から小早川隆景率いる水軍が、織田の水軍を討ち破って石山本願寺へ兵糧を運んで開戦となった。

序盤戦は織田方の尼子再興軍を滅ぼし、さらに三木城・別所長治や有岡城の荒木村重が織田から毛利に転じるなど、戦局は毛利両川が有利であった。
しかし、天正7年(1579年)には備前の宇喜多直家が毛利から織田へ転じ、荒木村重の有岡城が陥落、さらに翌天正8年(1580年)に別所長治も滅亡し、本願寺顕如も信長と講和して戦線離脱したことで勝敗はほぼ決してしまう。

背景には中国方面の総指揮官・羽柴秀吉の軍勢の強さ、毛利家中で不穏な空気が漂っていたこと等から、積極的に救援に向かえなかったのがある。実際、織田方への内通や謀反が相次いでいたようである。

こうした情勢から、天正10年(1582年)に羽柴秀吉の大軍が備中高松城を攻めた際にも、輝元ら毛利両川軍は救援に向かったにもかかわらず、手出しできなかった。
結局、備中高松城は陥落、輝元は備中・美作・伯耆・備後・出雲の5カ国を譲り渡すという講和条件をのんで秀吉に屈したのだ。

実はこの講和成立の2日前に信長は本能寺の変で横死していた。講和の成立は、秀吉が信長の死を知ってすぐさま毛利方に迫ってのことだったため、毛利方は秀吉に完全にだしぬかれたのである。

周知のとおり、秀吉はその後、すぐに軍を引き返して明智光秀を討ち、織田家中での覇権を握るきっかけを作っている。

豊臣政権と輝元

信長死後の織田家の覇権争いとなった天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いでは中立を保っていたが、秀吉が柴田勝家を破ると、すぐさま天下人と見定めて臣従することにした。
同年、輝元は従兄妹の吉川経言(吉川元春の三男、のちの吉川広家)、叔父の小早川元総(のちの毛利秀包)を人質として秀吉に差し出している。

なお、叔父の吉川元春は秀吉に従うのを嫌って隠居し、小早川隆景は毛利氏の顔として秀吉との親交を深めていった。

以後の輝元は、秀吉による天正13年(1585年)の四国攻め、天正14-15年(1586-87年)の九州攻めに従軍しており、その後は広島城を築城し、居城を移している。

また、秀吉の晩年には朝鮮出兵(1592-93、97-98年)に従軍し、五大老の一人にも任命されている。

関ヶ原と毛利氏

秀吉の死後に台頭したのは五大老の筆頭・徳川家康であった。

家康が専横を極めたため、これに石田三成らが反発。やがて勃発する慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで、輝元は三成に担ぎ出されて西軍総大将となってしまうのだ。

こうして輝元は大坂城に入り、西軍の盟主となった。
しかし、輝元家臣の吉川広家は家康の勝利を見据えており、毛利氏の存続のために人質を差し出すなどして徳川・毛利間の和議に奔走していた。広家は、決戦の直前で家康から毛利氏の所領安堵の約束を得て、決戦当日になって大坂城の毛利軍が出陣できないように動いたのである。

このため、輝元率いる毛利隊は関ヶ原決戦に参加しなかったが、西軍の敗戦直後には、広家の奔走によって徳川・毛利間の和議があったことを知らさせると、まもなく大坂城を退去し、家康と和睦をしている。

戦後、毛利の所領安堵の件は家康によって反故にされ、毛利領すべてが没収となった。ただ、ここでも広家の嘆願によって周防・長門2か国が毛利氏に与えられることになった。

この一件で輝元は責任を感じて隠退し、家督を嫡男・秀就に譲り渡して出家している。

徳川の時代と晩年の輝元

慶長8年(1603年)に徳川幕府の世が訪れると、輝元は同年に江戸に出向いて家康に謝罪している。

幕末の長州藩の初代藩主?

慶長9年(1604年)には、家臣の熊谷元直・益田元祥らに長門国・萩城の築城を命じ、ここを居城とした。 いわゆる萩藩(幕末の長州藩)である。
輝元は隠退して嫡男秀就に家督を譲ったとはいえ、秀就はこのときまだ10歳である。このため依然として実権を握っていた輝元が、事実上の初代藩主といえるだろう。

ちなみに、この萩城の普請工事の際、益田配下の者が熊谷一門の天野元信の石材を盗んだとしてトラブルが発生していた。そして、輝元はこのトラブルを口実に、翌慶長10年(1605年)には熊谷元直と天野元信らを処刑している。
2人はキリシタンであり、このとき毛利領内のキリスト教関係者の多くも処刑されたようだ。これは、熊谷元直が輝元のキリスト教棄教命令に応じなかったことが原因だともいわれる。

輝元はその後、毛利領内の新たな検地を実施するなど、藩政に尽力している。

大阪の陣と佐野道可事件

徳川幕府 vs 豊臣氏の戦いとなった慶長19-20年(1614-15年)の大阪の陣では、輝元は万が一にも豊臣方が勝利したときに備え、母方の従兄弟の内藤元盛を「佐野道可」と名乗らせ、豊臣方に潜り込ませたという。

戦後にこの陰謀が徳川方に知れ、内藤元盛は捕えられたが、口を割らずに自害。輝元も追求されるが、知らんぷりを決め、さらには口封じのために元盛の遺児2人に切腹を命じたという。

元和4年(1618年)には家臣の吉見広長が輝元毒殺を企てているとの讒言を信じ、吉見広長を討っている。

その後は正式に隠居し、寛永2年(1625年)に萩で没した。


あわせて読みたい
毛利元就の兄弟姉妹たち
毛利元就トップ / 入門
毛利元就の妻と子供たち
毛利元就トップ / 入門
毛利元就の名言・逸話まとめ
毛利元就トップ / 入門
【超入門】5分でわかる毛利元就
毛利元就トップ / 入門

 PAGE TOP