あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

毛利元就の年表

略年表

明応6年(1497年)
安芸国の国衆・毛利弘元の次男として誕生。幼名は松寿丸。
文亀元年(1501年)
母を亡くす。
永正3年(1506年)
父・弘元が酒毒で死去。毛利家臣・井上元盛によって所領を横領され、城から追い出される。
永正8年(1511年)
元服し、"多治比(丹比)元就" を名乗って分家を立てる。
永正13年(1516年)
兄・興元も酒毒で急死。家督は興元の嫡男・幸松丸が継ぐが幼少のため、元就が叔父として幸松丸を後見。

初陣と毛利家の家督相続

永正14年(1517年)
有田中井手の戦いで初陣し、攻めてきた安芸武田氏を撃退する。戦後、大内氏から尼子氏側へ鞍替えする。
大永3年(1523年)
鏡山城の戦いで戦功を重ね、幸松丸の死去で毛利氏の家督を相続。このとき家督相続問題が起き、尼子氏が元就の対抗勢力に肩入れする。
大永5年(1525年)
家督相続問題をきっかけに尼子氏と手切れ、大内義興の傘下を明確に。

大内氏傘下で勢力を拡大

享禄2年(1529年)
高橋氏一族を討伐し、安芸から石見にかけての広大な領土を得る。
天文4年(1535年)
備後の多賀山城を攻め、降伏させる。
天文6年(1537年)
長男の毛利隆元を人質として大内氏へ差し出して関係を強化。
天文9年(1540年)
  • 安芸武田氏の滅亡により、安芸武田氏傘下の川内警固衆を組織化し、後の毛利水軍の基礎を築く。
  • 同年、吉田郡山城の戦いで尼子氏を迎え討って籠城戦で勝利。
天文11年(1542年)
第1次月山富田城の戦いに従軍。しかし、大敗した際に大内氏から殿を命じられ、かろうじて安芸に帰還。
天文13年(1544年)
竹原小早川氏の養子に三男・徳寿丸(後の小早川隆景)を送り込む。
天文14年(1545年)
妻・妙玖と養母・杉大方を相次いで亡くす。
天文15年(1546年)
隠居を表明。しかし、実権はそのまま握る。
天文16年(1547年)
妻の実家・吉川家へ元春を送りこむ。

陶晴賢の台頭と厳島の戦い

天文20年(1551年)
大寧寺の変で大内氏が実質的に滅亡し、陶晴賢が台頭する。
天文23年(1554年)
  • 陶晴賢と決別し、安芸国から大内勢力を排除(防芸引分)。
  • 同年、陶晴賢との戦いに勝利(折敷畑の戦い)。
弘治元年(1555年)
厳島の戦いで陶晴賢を滅ぼす。

尼子氏との戦い

弘治2年(1556年)
石見銀山争奪戦で尼子氏に大敗(忍原崩れ)。
弘治3年(1557年)
大内氏の内紛をきっかけに大内当主・義長を討ち、大内氏を滅ぼす(防長経略)
永禄2年(1559年)
降露坂の戦いで尼子晴久に大敗。
永禄5年(1562年)
出雲侵攻を開始する。
永禄6年(1563年)
尼子氏の支城である白鹿城を攻略(白鹿城の戦い)。嫡男・隆元が白鹿城に向かう途上で不慮の死を遂げる。
永禄8年(1565年)
この年の春頃、月山富田城を包囲し、兵糧攻めに持ち込む事に成功。
永禄9年(1566年)
第二次月山富田城の戦いで尼子義久を降伏させ、中国地方8ヶ国支配を成し遂げる。
元亀2年(1571年)
吉田郡山城で死去。


 PAGE TOP