丁寧に歴史を追求した、正統派の戦国Webマガジン

毛利元就の家紋・家系図とそのルーツ

毛利氏のルーツは鎌倉幕府創業の功巨・大江広元である。

彼は最初は紀伝道という学問を家業としており、朝廷の文官として仕えていたが、のちにその能力を買われて源頼朝の右筆となり、さらに政所別当として頼朝の政治を補佐するまでに出世したという。
こうした功績から肥後国山本荘(熊本県鹿本郡植木町〉、伊勢国栗真荘(三重県鈴鹿市〉、相模国毛利荘(神奈川県厚木市)、周防国島末荘(山口県大島郡東和町)などの領地をもらい受け、広元はそれらを子に分け与えた。

毛利発祥の地・相模国毛利荘

広元の四男・季光は相模国毛利荘に居住してその地名を名字とした。これが毛利氏のはじまりである。ちなみに毛利荘という字は”もりのしょう”と呼ばれている。

ちなみに季光のほか、広元の男児らはみなそれぞれが家を興している。

  • 親広(長男):源通親の猶子となる。
  • 時広(二男):長井氏を称す。
  • 政広(三男):那波氏を称す。
  • 季光(四男):毛利氏を称す。
  • 忠成(五男):海東氏を称す。

季光は出家していたが、承久3年(1221年)の承久の乱で幕府方として功をあげると、以後は御家人として活躍し、天福元年(1233年〉には評定衆に任命されるほどになる。

しかし、やがて一族滅亡の危機が訪れる。
季光は有力御家人である三浦泰村の妹を妻としていたが、宝治元年(1247年)にはその三浦泰村と執権の北条氏による対立から宝治合戦と呼ばれる幕府内乱が勃発。季光は縁戚関係から当然のごとく三浦氏に加担したが、合戦に敗北したため、最期は広光(嫡男)・光正(二男)・泰光(三男)とともに自害して果てたのである。

しかし、たまたま四男の経光は所領の越後国佐橋荘にいて合戦に参加しなかったことが幸いした。結果的に毛利荘は没収されたものの、佐橋荘および安芸国吉田荘の地頭職は安堵され、経光自身にもお咎めはなかったようである。

このように毛利一族はかろうじて滅亡を免れたのであった。なお、毛利氏が越後国佐橋荘と安芸国吉田荘を与えられた時期や経緯ははっきりしていない。

難を逃れた経光は越後国佐橋庄を南条と北条の2つに分割して、文永7年(1270年)には嫡男・基親に北条を、四男・時親に南条と安芸国吉田庄を譲渡したという。

毛利元就の家系につながるのは四男・時親の方であり、時親は六波羅評定衆に就き、京都在住のための財源として河内国加賀田郷(大阪府河内長野市〉を与えられている。

なお、惣領家である嫡男・基親の越後毛利氏は南北朝期に入って断絶し、時親の子孫が北条も支配するようになる。

南北朝期に安芸国吉田荘へ定住

やがて14世紀に入って鎌倉幕府が滅亡し、建武の新政(1333-36年)を経て南北朝時代(1336-92年)に突入していく。

ここで南北朝期における毛利歴代当主と生没年(西暦)を事前に記しておこう。

  • 時親(?-1341)
  • 貞親(?-1351)
  • 親衡(?-1375)
  • 元春(1323?-?)
  • 広房(1347-1385)
  • 光房(1386-1436)

時親は嫡男の貞親に河内国加賀田郷を、三男広顕・孫の親衡と家親(二男親元の子)に越後国南条荘を分け与えると、自らは延元元年(1336年)に曾孫の元春とともに吉田荘吉田郷山田村(広島県甲田町上小原〉に移り住み、また、元春の母方の祖父が安芸国土着の領主であったことから援助も受けたという。
ここから毛利氏は安芸国に定住することになったのである。

同年は足利尊氏が挙兵して建武の新政が崩壊し、南北朝時代がはじまった年でもあった。
南北朝の動乱では、時親と曾孫の元春は北朝・足利尊氏方に味方したが、貞親と親衡は南朝方として戦っており、毛利家は敵味方に分かれてしまった。

一旦は元春の口添えにより、親衡は暦応3年(興国元年、1340年〉に北朝の足利尊氏方に転じるが、その後まもなく南朝方に戻って父子は再び敵対関係となっている。

こうした中で暦応4年(興国2年、1341年〉に時親が没し、元春が家督を継いで吉田荘支配を引き継いだ。彼は一環して北朝方(室町幕府方)に味方し、建徳2年(応安4年、1371年)には九州探題の今川了俊に従って九州へ下向して北朝方と戦っている。一方で父の親衡は南朝方の周防国の大内氏らと結んで対立したのであった。

元春の嫡子・広房は永徳元年(弘和元年、1381年)の正月に吉田荘の地頭職半分を譲られているが、至徳2年(元中2年、1385年〉に討死している。

多くの庶流が誕生し、国人領主として成長

ところで元春の代から兄弟や息子らから多くの分家が興されている。

  • 匡時(元春の弟):坂氏の祖
  • 直元(元春の弟):有富氏の祖
  • 元房(元春二男):厚母氏の祖
  • 広内(元春三男):麻原氏の祖
  • 忠広(元春四男):中馬氏の祖
  • 広世(元春五男):福原氏の祖

のちの戦国期の毛利家を支える一門衆がここに多く誕生しているのである。

後を継いだ光房の代には南北朝が統一されたが、応永6年(1399年)には6ヶ国もの守護を兼ねる大内氏と将軍・足利義満が不和となって応永の乱が勃発。このときは幕府の勝利となったが、以後も室町幕府と大内氏の抗争は続き、光房は将軍・足利義満の命をうけて大内氏と戦っている。

ここで南北朝統一後から戦国期における毛利歴代当主と生没年(西暦)を事前に確認しておこう。

  • 光房(1386-1436)
  • 熙元(?-1464)
  • 豊元(1444-1476):元就の祖父
  • 弘元(1466-1506):元就の父
  • 興元(1492-1516):元就の兄
  • 幸松丸(1515-1523):興元の嫡子
  • 元就(1497-1571)

応永11年(1404年)には安芸の国人領主33人が団結し、5か条から成る「安芸国人一揆契状」というものを取り交わしている。これはなにかというと、毛利氏をはじめ、安芸の国人領主らが対等な関係で一致団結し、「互いに安芸国の所領を守る」「将軍の命に従う」などと誓い合ったものである。

つまり、強大な勢力を誇る大内氏などの他国から自領を守るために、幕府の後ろ盾や国内勢力の一致団結が必要だったのである。

対等な関係という点では、惣領家と分家の力関係もみてみほしい。永享6年(1434年)に作成された史料『毛利氏一家中分銭支配日記』をみると、概ね以下のようになっている。

  • 毛利氏:176町
  • 麻原氏:158町
  • 福原氏:92町
  • 中馬氏:82町
  • 坂氏:124町
  • 河本氏:35町

このころの惣領家と庶家は主従関係になく、ほぼ対等な関係だったとみられており、上記のように所領差はそんなに大きくなかったことがわかる。

しかし、この構造は大きく様変わりしていった。

熙元の代となって、宝徳3年(1451年)に子の豊元に所領を譲った時点では、吉田荘のほか、内部荘・竹原郷・坂村・麻原郷・豊島村・在富保・入江保を領有していた。

応仁の乱で一気に勢力拡大

そして、応仁元年(1467年)からはじまった日本最大の内乱といわれる応仁の乱が勃発するとさらに一変する。当時は豊元の代だであったが、彼は西軍の山名方に味方して多くの戦功を立てると、新たな所領を与えられ、急速に勢力を拡大したのである。

文明7年〈1475年)には嫡男の弘元に所領を譲っていることが史料で確認できるが、以前よりもかなりの所領を有している様子がうかがえる。

このように毛利氏は、「南北朝の内乱 → 安芸国人一揆 → 応仁の乱」を経て、安芸の国人領主として成長し、やがて惣領家は庶家を従えるほどの権力をもつようになっていくのである。


毛利氏の家紋

毛利元就の家紋(一門字三星)
一門字三星(別名:長門三ツ星(ながとみつぼし)

毛利元就の家紋は上部に一文字、その下に"将軍星"と呼ばれる三星紋を組み合わせたものである。

"一"は「カツ」と読み、戦場において「勝つ」に通じると考えられた。


おすすめの記事

 PAGE TOP