あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

毛利元就の墓所・史跡

墓所・史跡

毛利元就墓所(洞春寺跡)

元就が没した翌年の1572年(永亀3年)、孫の毛利輝元が吉田郡山城の山麓に元就の菩提寺として洞春寺を建立した。この洞春寺はのちに山口県に移されるが、この洞春寺跡地が毛利元就墓所として今に残っている。

毎年、命日の7月16日(新暦)には墓前祭が行われている。

洞春寺(とうしゅんじ)

洞春寺は毛利元就の菩提寺。

元々は吉田郡山城の山麓にあったが、関が原合戦(1600年)での敗戦後、毛利氏が周防国・長門国(長州藩)に減封されてからは山口に、次いで萩城内に移り、明治になって再び山口に移って現在の地に至っている。


 PAGE TOP