丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「安宅冬康」兄長慶に殺害された?不可解な最期を遂げた仁の武将

安宅冬康の肖像画
安宅冬康(あたぎ ふゆやす)は戦国時代に淡路水軍をまとめたすぐれた武人でありながらも、和歌などを嗜む心穏やかで人望も厚かったと伝わる。時には血気盛んな長兄・三好長慶を諌めつつ、最期は謀略によって自害を迫られたという、短くも濃密な彼の生涯に迫る。

三好家での生誕から安宅家へ

阿波国の武将・三好元長の子として、享禄元年(1528年)に誕生した。元長の三男であり、長兄・三好長慶と次男・三好実休の兄を持つ。冬康の弟は十河一存と野口冬長である。特に兄の2人である長慶・実休とあわせて三好三兄弟とも称される。

冬康5歳の享禄5年(1532年)、父元長が細川晴元によって謀殺される。飯盛山城を攻撃中であった元長は、同族であったはずの三好政長木沢長政らの陰謀で細川氏をそそのかし、石山本願寺・一向一揆の数万の軍勢によって背後から襲撃された。元長は自害して果て、母・慶春院殿南岸智英大姉と当時10歳だった長兄・長慶は阿波国へと逃れる。

2年後の天文3年(1534年)には、拡大して手がつけられなくなっていた一向一揆を納めようと、細川氏と石山本願寺の講和に長慶がサポートした。この功績を認められ、細川家の家臣として活躍することとなる。さらに兄・長慶は天文5年(1536年)、9歳の冬康に淡路国の安宅水軍の長・安宅治興の元へ養子に行かせる。この時、冬康は三好姓から安宅姓へと改名することとなった。幼少期から頭角を現しつつも荒々しい長兄・長慶とは違い、穏やかで優しい仁慈の将とされ、周囲からの人望が厚かったとされている。

一族を失いながらも、戦績を挙げ続ける

冬康が安宅氏に入り家督を継いだことにより、三兄弟はそれぞれの国を率いて戦いを制していった。長兄・長慶は摂津国・河内国・和泉国をまとめ、次男・実休は阿波国衆、冬康は淡路衆をそれぞれまとめる。しかし、永禄5年(1562年)に三好家没落の一因となった久米田の戦いが起きた。和泉国八木郷の久米田寺周辺に布陣していた三好実休に対して、畠山高政が攻め入った合戦であり、この戦で実休は戦死する。

2ヶ月後の同年5月19日から翌20日にかけ、冬康は長兄・長慶の協力を得て畠山高政への再戦を挑む。河内高安郡教興寺村におけるこの戦が、教興寺の戦いと呼ばれるものだ。次男の実休の、弔い合戦とも言うべき戦である。
戦国時代における畿内での合戦では、最大規模であったことでも有名だ。畿内の覇権を巡った戦いであり、旧勢力の畠山氏と新興勢力の三好氏の総戦力をかけたもので、長慶はこれに勝利することにより河内や和泉、大和や紀伊へも勢力を伸ばすことができた。

冬康の人物像・多芸を極める男

和歌や書に巧みであった冬康は、連歌句集「安宅冬康句集」を編纂するほどであった。他にも「冬康長慶宗養三吟何人百韻」や「冬康独吟何路百韻」、「冬康賦何船連歌百韻付考証」といった、彼の名を冠した歌集をいくつか発表している。

温厚で心穏やかな性格であった冬康は、復讐心に駆られて恩人や敵対人物を次々と殺戮していた長慶を、たびたび諌めていた。現在でも記録に残っているのは鈴虫を贈った時の言であり、「夏虫でもよく飼えば冬まで生きる。まして人間はなおさらである」と言ったという。武勲をおさめる優秀な武人であったにも関わらず、平素は無益な殺生を好まない人物であった。南海道の戦国期をまとめた書「南海治乱記」においても、冬康は優秀な将として評されているほどである。

父と同じくして、陰謀によって閉じられたその生涯

冬康は、永禄7年(1564年)に享年37という若さでその生涯を閉じている。運命のいたずらか、父・三好元長と同じように「謀殺」が有力な説である。諸説あるものの、現在は松永久秀によって謀殺されたのではないかとされている。「続応仁後記」や「三好別記」などの文献から見るに、長兄・長慶に対して久秀が讒言したことによって冬康が自害させられたという。

三好一族は次男・実休や弟・十河一存を次々と戦死で失っており、久秀と並ぶ実力者で邪魔者と言えば冬康だけであった。これを除けば主家を乗っ取ることが可能であるという状況を鑑みれば、この説が有力とされても無理はない。「足利季世記」や「細川両家記」には、「冬康が讒訴によって殺された」という記述があり、誰によって謀殺されたのかは具体的に書かれていないが、この条件から現在は久秀が疑われている。

他の説としては、兄・長慶が自らの意思で冬康を殺害したというものも挙げられる。優しく穏やかで、思慮深くもありつつ武芸にも秀でた有能な冬康は人望が一層厚くなっていった。やがて、後継者の義継を巡って軋轢が生じたのではというものだ。 いずれにせよ、冬康が殺害された後(長慶の命により自害した、との説が強い)、冬康が無実であったということを知り、兄・長慶は激しく後悔したと言われている。その後、長慶はそのことで精神を病んで(鬱病だったという説が多くある)、後を追うように2ヶ月後の7月に病死した。

晩年、長慶が鬱病に罹患したことそのものが、冬康殺害に結びついたのではという考察もある。鬱病特有の「末期における被害妄想の拡大」が由来した、嫉妬や危険回避のための殺害だ。三兄弟や親族唯一の生き残りであった冬康は、人格者として慕われており人望が厚いため、家臣を集め長慶を殺そうとしていると考えたとのではないか、という推測も研究家によって立てられている。


 PAGE TOP