あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

【名場面:織田信長】小牧山移転における信長の策(1563年)

※『信長公記』より

信長には優れた計略があり、永禄6年(1563年)に居城を清洲城から小牧山へ移転したときにおいてもその才がいかんなく発揮されている。

信長の居城がおかれた清洲は、尾張の国の真ん中に位置し、富裕な土地柄であった。信長はある時、家中の者を全員同行させて山中の高山・二の宮山(=愛知県犬山市)に上った。

---二の宮山にて---

織田信長アイコン

信長

うむ。この山に築城することにしよう。皆ここへ家を移せ!

家臣たち

家臣たち:えええっ!?

家臣アイコン

信長は突如、居城の移転を言いだして、各々の屋敷地の割り振りをする等の指示をしてその日は帰った。

信長は再び二の山に出かけ、さらに先日の趣旨を命令した。

家臣たち

家臣A:この山中に清洲の家を引っ越さなくてはならぬとは・・
家臣B:全く難儀なことじゃ~。
家臣C:ぶつぶつぶつ・・・。

家臣アイコン

この移転計画に対して家中の者たちは上の者も下の者もみな大いに不満がった。

そのようなことがあったが、のちに信長は今度は別のことを言いだした。

---------

織田信長アイコン

信長

移転のことだが、やはり小牧山に移ろうと思う。

家臣たち

家臣たち:えっ!?

家臣アイコン

家臣たち

家臣A:でも小牧山なら移転も楽じゃのう~
家臣B:うんうん~よかったよかった。
家臣C:ぶつぶつ・・・・

家臣アイコン

清洲から小牧山へは麓まで川が続いており、移転の際に家財道具を運ぶのに便利な土地柄であった。このためみな喜んで移転をしたのである。

信長は最初から小牧山移転を命じたら不満がでると考え、先に二の宮山の移転を伝えて家中の不満が噴出したところ、移転計画の変更を発表したのである。

小牧山のすぐ隣、二十町(約二・二キロ)ほど隔てたところには敵の於久地城があったが、小牧山の城の普請が進んで出来上がっていくと、於久地城は小牧山城から見下ろされる形となった。
これを見た敵方は守りきれないと判断し、城を明け渡して犬山の城へ合流して立て籠もったという。


  織田信長の名言・逸話まとめ

  名シーン再現集一覧をみる

 PAGE TOP