丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「村木砦の戦い」織田の同盟者・水野氏の窮地を救った対今川戦
──天文23年1月(1554年)

天文23年(1554年)1月、三河国・岡崎城から尾張国をねらっていた今川義元が動き出す。

義元は水野信元の緒川城攻略をねらい、緒川城の北に位置する尾張国知多郡村木(=現:愛知県知多郡東浦町森岡)に砦を築きはじめた。
水野信元は織田勢力と今川勢力の境界、すなわち尾張と三河にまたがって領地を所有しており、信長にとっては父・信秀の三河侵攻の頃から織田家と協力関係を築いていた貴重な味方であった。

今川軍が砦を築くと、これに呼応する形で織田方の寺本城も今川方に寝返り、信長の居城・那古野城と緒川城の間の道を塞いでしまう事態となった。このため信長は寺本城を避けて船で海を渡り、背後からの砦攻撃を計画し、また一方で信長の留守中に敵対する織田信友によって那古野城が攻め込まれるのを事前に防ぐべく、岳父・斎藤道三にも加勢を求めたのであった。

信長に援軍依頼を受けた道三は同年1月18日、重臣の安藤守就に一千の兵を与えて派遣し、毎日報告をよこすように命じた。

20日、安藤守就が尾張に到着すると、信長はすぐに礼を述べにいったという。翌日出陣予定の中、家臣の林秀貞・通具兄弟が不服を言って帰ってしまったが、信長は意に介さない様子だったという。

21日、信長は居城・那古野城を出陣して熱田に宿泊。
22日はものすごい強風で船乗りたちでさえ反対したのにもかかわらず、信長は無理に船を出させたという。こうして信長は緒川城近辺に到着してその日は野営し、翌23日に緒川城の水野信元に合流した。

24日、信長は出陣して辰の刻(8時)から村木砦に攻撃を開始。砦の北は要害、東は大手門、西は搦手門、南は甕型の非常に大きな堀であったが、織田軍は以下のように攻め口を分けた。

  • 東の大手門:水野忠分軍
  • 西の搦手門:織田信光軍
  • 南の大堀:織田信長

信長隊は砦の狭間を鉄砲隊に攻撃させ、その隙に手勢に堀を登らせて砦に攻め込んだ。約9時間にも及ぶ激戦となり、両軍に負傷者・死者は多数に上ったが今川軍の降伏で決着となった。信長の小姓にも多くの死者がでて、その惨状に信長は涙したともいう。

翌25日には信長は寺本城へ手勢を派遣して城下に放火して居城・那古野城に帰還。26日、信長は留守居役の安藤に礼を言い、翌日安藤らは美濃国へ戻った。安藤からこの戦いの一部始終を伝え聞いた道三は「すさまじき男、隣には、いや成人にて侯よ(凄まじい男だ。隣には嫌な奴がいるものだ)」と言ったという。


 PAGE TOP