あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

明智光秀の家紋・家系図

家紋

桔梗紋は清和源氏の流れを汲む土岐氏が使用した家紋。明智氏は土岐氏の支流にあたるため、光秀も使用した。

明智光秀の家紋(水色桔梗)
水色桔梗(みずいろききょう)

美濃源氏・土岐氏は戦国以前に「桔梗一揆」と称して結束して水色の旗を挙げていたといい、この "水色桔梗" はその名残とされる。

明智光秀の家紋(陰の桔梗)
陰の桔梗(かげのききょう)

水色桔梗の白黒版。

明智光秀の家紋(桔梗)
桔梗(ききょう)

加藤清正も使用している紋。清正は土岐明智氏の流れを汲むために「桔梗紋」を使用していたとの論がある。


家系図

光秀の父母

父は江戸時代に記された系図類では明智光綱、光國、光隆、頼明等に分かれていて定かではない。一説には名も伝わらない低い身分の土岐支流ともいう。
母は若狭武田氏出身の "お牧の方" とされている。

光秀の兄弟

『鈴木叢書』収録の"明智系図"には信教と康秀の2人の弟が記され、また『明智物語』では定明と定衡の2人の兄がいたと示されているが、いずれも定かではない。

光秀の妻子

妻は妻木煕子(つまき ひろこ)。『明智軍記』などに記載されている。子女は『明智軍記』では三男四女とあり、『鈴木叢書』収録の"明智系図"では側室の子も含めて六男七女とあり、諸説入り乱れている。

子は細川忠興の正室となった娘の細川ガラシャ(明智玉)が有名。

光秀の子孫

以下は細川忠興と細川ガラシャの血を受け継いでいる子孫。

  • 細川隆元:衆議院議員、政治評論家。
  • 細川隆一郎:政治記者を経て政治評論家に。タレントとしても活躍した。

以下は残党狩りを逃れた光秀の子・於寉丸(おづるまる)の子孫(自称とされる)。

  • 明智ハナエリカ:女性歌手。
  • 明智滝朗:著書に "光秀行状記" がある。
  • 明智憲三郎:著書に"本能寺の変 431年目の真実" がある。


あわせて読みたい
信長の家紋・家系図とそのルーツ
織田信長トップ / 入門

 PAGE TOP