あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

鉄砲の威力発揮!長篠の戦い(1575年)

信長が鉄砲を駆使し、武田の騎馬軍団に圧倒した戦いで知られる長篠合戦とは?
本稿では長篠の戦いの流れと、合戦にまつわる逸話などを紹介していく。

長篠の戦い

武田信玄が死没した後、信長と家康は武田勝頼に対して反攻を強めていたが、その武田勝頼もまた、積極的に織田・徳川領への侵攻を繰り返していた。

天正2年(1574年)2月、勝頼は第一次高天神城の戦いで父・信玄も陥落させることのできなかった遠江・高天神城を家康から奪い取ると、そのままの勢いで三河・長篠城の奪還に力を注ぎ始めた。
三河・長篠城はそれまで武田方の所領であったが、信玄死後、家康によって奪われた城であった。

  • 合戦:長篠の戦い
  • 時期:天正3年(1575年)5月21日
  • 場所:三河国長篠城・設楽原
織田・徳川連合

  • 織田信長
  • 織田信忠
  • 河尻秀隆
  • 柴田勝家
  • 丹羽長秀
  • 明智光秀
  • 滝川一益
  • 羽柴秀吉
  • 佐久間信盛
  • 佐々成政
  • 前田利家
  • 徳川家康
  • 松平信康
  • 石川数正
  • 本多忠勝
  • 榊原康政
  • 鳥居元忠
  • 酒井忠次
  • 大久保忠世
  • 他・・・

武田軍

  • 武田勝頼
  • 穴山信君
  • 小山田信茂
  • 馬場信春
  • 山県昌景
  • 内藤昌秀
  • 真田信綱
  • 真田昌輝
  • 跡部勝資
  • 他・・・

天正3年(1575年)4月、勝頼は武田氏より離反して徳川氏の家臣となった長篠城主・奥平貞昌を討つため、1万5,000もの大軍を率いて長篠城を包囲した。しかし、奥平勢の善戦もあって長篠城の攻略は難航していた。
こうした状況を知った家康は信長に援軍を要請。信長は同年5月12日に3万人の大軍を率いて岐阜を出陣し、家康のいる岡崎城へ向かった。
5月14、15日は岡崎城で武田軍とどのように戦うのか打ち合わせたとみられている。

5月16日に牛久保、5月17日に野田を経て、3万8,000となった織田・徳川連合軍は翌5月18日に設楽原に到着。信長軍は極楽寺山に着陣。南北に細長く配置し、鶴翼の陣形をとった。一方の家康軍は高松山に陣を敷いた。この日の夜には陣の前に土塁を築き、馬防柵を設置した。

こうした織田・徳川軍の陣形と設備は積極的に攻撃を仕掛けようとするものではなく、敵の攻撃を防ぐための臨時の砦のようなものであり、武田軍の様子をうかがったまま2日間は動かなかった。

一方で武田勝頼も5月19日に軍議を開いており、翌5月20日にはわずかな兵を残して長篠城包囲を解き、軍勢の大半を移動させて、織田・徳川連合に向かい合う陣形をとった。

これに対し、同日の夜に信長は武田軍の背後にある長篠城の付城・鳶ヶ巣山砦の攻撃を計画。 家康の重鎮・酒井忠次を呼び、金森長近や信長自身の馬廻衆500の鉄砲隊を含め、約4000の別働隊を預けて奇襲を命じて出発させたという。

開戦!鳶ヶ巣山での攻防

酒井忠次・金森長近ら別働隊は密かに正面の武田軍を迂回し、5月21日の夜明けには長篠城包囲の要であった鳶ヶ巣山砦を後方より強襲した。武田軍が長篠城を包囲・監視のために築いた鳶ヶ巣山砦は、この奇襲で陥落した。

武田方は主将の河窪信実(勝頼の叔父)、三枝守友、五味貞成、和田業繁、名和宗安、飯尾助友などが討死。武田の残りの兵は豊川を渡って退却したが、追撃を受けて高坂昌澄も討ち死となった。
一方で徳川方は松平伊忠が追撃の際に深入りして討ち死した。

この戦いは織田・徳川連合にとって以下のように大きな意味があった。

  • 迂回したことで、武田軍がその迂回ルートをたどる作戦を未然に防いだ。
  • 戦いの勝利により、長篠城の救援という第一の目的を果たした。
  • 戦いの勝利により、設楽原の決戦に進んだ武田軍本隊の退路を断った。

設楽原決戦

鳶ヶ巣山攻防戦と並行して5月21日、早朝に武田軍の山県昌景隊が徳川方の大久保隊をめがけて攻撃をしてことが開戦合図となり、設楽原での両軍本隊による決戦が始まった。

丘の上から武田軍は次々と突撃していったが、織田・徳川連合の兵はほとんど動かなかったという。武田軍が接近したのを見計らって横一列になった織田・徳川連合の鉄砲隊が攻撃した。
この決戦は卯の刻(午前6時)に始まって未の刻(午後2時)に終わったといい、武田方は山県昌景、馬場信春、内藤昌秀、真田信綱、真田昌輝、原昌胤、土屋昌続など、多くの重臣や指揮官が討死するという大敗を喫した。勝頼はわずか6騎で奥三河に逃げ込んだという。

逸話:練雲雀

※『名将言行録』より

長篠の戦いのとき、信長は言った。

---三河国長篠の地---

織田信長アイコン

信長

武田の家中の者どもはよく馬を乗りこなして敵陣を突破するということを聞いておる。だからまずは備え(=隊)の前に柵をつくれ!

こうして信長は勝頼との一戦に向けて馬防柵を構築し、迎撃する策をとった。そして家康に言った。

織田信長アイコン

信長

徳川殿。勝頼は長年の敵であるからと、こたびこそはと思って深入りし、討死されることもあろう。
万が一にも徳川殿に討死などされては、この戦いに勝っても仕方のないこと。

徳川家康アイコン

家康

むむう・・

織田信長アイコン

信長

ともかく徳川殿は今日は仏にでもなられ、いろいろとお構いにならぬよう、一切のことは我らにまかせておかれますように。
こたびの戦では武田の者どもを練雲雀のようにしてご覧にいれましょうぞ。

徳川家康アイコン

家康

ハハハ。それは頼もしきことですな。かたじけない。。

練雲雀(ねりひばり)とは6月ごろ毛の抜け変わった衰えた雲雀のことである。やがて武田軍との一戦が始まった。

--------

武田勝頼

いざ、出陣じゃーーー!

武田勝頼アイコン

武田家臣ら

武田家臣ら:おおおーーーーーっ!

家臣アイコン

こうして戦がはじまり、武田の軍勢が川を渡ってきた。

信長軍は前々から準備してあったので、足軽どもを前に出させて鉄砲で応戦させ、武田軍が強く押し寄せてくれば柵の内側に退かせた。
そして敵が柵を乗り崩そうと群れをなして一度に乗りかかると、柵の柱に当たって突破できずにいるところを鉄砲で撃ちつけ、5騎・10騎ずつと撃ち落としていった。

こうした織田軍の戦法を前に武田方は次第にくたびれ、信長が先に言ったとおり、練雲雀のようになったのを見計らい、信長は下知した。

織田信長アイコン

信長

ちょうどよい時分だ。かかれ!

こうして旗本衆が柵を越えて一斉にかかり、勝頼は大敗となったのである。

逸話:美濃の者

※『名将言行録』より

長篠の戦いである敵将を生け捕りにした。その将の赤地緞子の下帯という異様な姿が信長の目に止まった。

織田信長アイコン

信長

お主は何者だ?名はなんと申す?

生け捕りの敵将

・・・・・。

家臣アイコン
徳川家康アイコン

家康

腹を切らせるから名のるのだ!

生け捕りの敵将

・・・・。多田久蔵と申す。

家臣アイコン

久蔵はかつて武田信玄に仕えた足軽大将・多田三八郎の子であった。その多田三八郎は29もの武功を挙げ、全身に27もの傷をもつ猛将であったのである。

織田信長アイコン

信長

む!汝は美濃の者だろう。わが軍に入れ!

生け捕りの敵将

一度縄にかけられましたうえは、どうしてご奉公できましょうか。

家臣アイコン
織田信長アイコン

信長

昔、源 義平は縄にかけられたが、今は誉れの名を残しておる。気にせずともよい。

信長はそう言って縄を解かせたのであった。

その後、物かげでさわがしい音がした。

織田信長アイコン

信長

何事だ!!

家臣アイコン

とある家臣

先程の者の縄を解きましたところ、長柄を取って3人も突き殺したので、即刻討ち取りました。

織田信長アイコン

信長

なに!?
・・・一度縄をかけた辱めをそそごうとして、このようなことをしたのだろう。たとえ徒若党などを突き殺しても、生かしておいてやったものを。。

信長はその者の死を惜しんだのであった。

逸話:鳥居強右衛門の死

※『信長公記』

武田の大軍に長篠城を包囲された際、長篠城の守備隊はわずか500ほどで籠城し、武田軍の猛攻を防いでかろうじて持ちこたえていたが、数日以内に落城寸前となっていた。
5月14日の夜、長篠城主・奥平貞昌は援軍の要請のため、家臣の鳥居強右衛門らを家康のいる岡崎城に向かわせた。強右衛門は上手く城を抜け出し、5月15日の午後に岡崎城にたどり着くと、信長や家康に長篠城の窮状を伝え、翌日には織田・徳川連合の援軍が出陣することを聞いた。

強右衛門はこの報を伝えるために長篠城へ引き返すが、5月16日の早朝、城の目前で武田の兵に捕らえられてしまう。武田方は強右衛門を長篠城の前で磔にし、「城兵に向かって”援軍は来ない”と叫べば助命する」ことを持ちかけた。しかし、強右衛門は5月17日の朝、長篠城の兵に向かって「援軍はくる!」と大声で叫んだという。

こうして強右衛門はその場で武田軍に処刑された。しかし、長篠城兵の士気はあがり、援軍到着まで持ちこたえたという。

逸話:鳶ヶ巣山砦攻撃の軍議

『常山紀談』

織田・徳川連合が設楽原に到着して陣を敷いた5月20日の夜、家康家臣の酒井忠次が軍議で武田軍の背後・鳶ヶ巣山砦を攻撃するという作戦を発案したが、信長はそれを一蹴した。
にもかかわらず、軍議終了後、信長は密かに忠次を呼びつけて作戦決行を命じたのである。

これは武田軍の諜報を案じた信長が軍議ではあえて採用しなかったということである。


 PAGE TOP