あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

織田信長の略年表

略年表

幼年期

天文3年(1534年)
誕生。幼名は吉法師。
天文11年(1542年)
那古野城主となる。
天文15年(1546年)
元服し、織田三郎信長と名乗る。
天文16年(1547年)
今川義元領の大浜城の攻略で初陣を飾る。
天文17年(1548年)
美濃の斎藤道三と和睦し、道三の娘・濃姫を娶る。

家督継承と尾張統一戦

天文21年(1552年)
  • 父・信秀の死にともない、織田家の家督を継ぐ
  • 山口教継の謀反で交戦(赤塚の戦い)
  • 清洲織田軍を撃破(萱津の戦い)
天文23年(1554年)
  • 今川軍を撃破(村木砦の戦い)
  • 清洲織田軍を撃破(安食の戦い)
  • 織田三郎信長から "上総介信長" に改名。
弘治2年(1556年)
弟・信勝派に勝利(稲生の戦い)
弘治4年(1558年)
岩倉織田家を追放(浮野の戦い)
永禄2年(1559年)
尾張国を統一し、上洛して13代将軍・足利義輝に謁見。
永禄3年(1560年)
今川義元を討ち取る(桶狭間の戦い)

美濃攻略戦

永禄5年(1562年)
同年から美濃攻めを本格的に開始。徳川家康と軍事同盟を締結(清洲同盟)
永禄10年(1567年)
  • 斎藤義龍を撃破して美濃を平定(稲葉山城の戦い)
  • "天下布武"を掲げるようになる。

上洛と伊勢侵攻

永禄11年(1568年)
足利義昭を奉じて上洛し、第15代将軍に擁立する。
義昭の後見人となって "事実上の織田政権" を確立
永禄12年(1569年)
北畠家の大河内城を攻略(大河内城の戦い)

信長包囲網

元亀元年(1570年)
  • 越前の朝倉を攻めるも、義弟・浅井長政の離反で撤退(金ヶ崎の戦い)
  • 浅井長政への報復戦に勝利(姉川の戦い)
  • 三好三人衆・顕如との戦い(第一次石山合戦・長島一向一揆の蜂起)
  • 比叡山延暦寺に篭った浅井・朝倉軍との対陣(志賀の陣)
元亀2年(1571年)
浅井・朝倉に味方した比叡山延暦寺を焼き討ち
天正元年(1573年)
  • 義昭を追放して室町幕府を滅ぼす(槇島城の戦い)
  • 越前・朝倉氏を滅ぼす(一乗谷城の戦い)
  • 北近江・浅井氏を滅ぼす(小谷城の戦い)
天正3年(1575年)
徳川の援軍として参戦し、武田勝頼軍に大勝(長篠の戦い)
天正4年(1576年)
  • 安土城を築城
  • 本願寺勢力を討ち破る(天王寺の戦い)
  • 毛利氏との水軍対決で敗れる(第一次木津川口の戦い)
  • 柴田勝家を北陸方面の指揮官に任命
天正5年(1577年)
  • 柴田勝家軍が上杉謙信に敗北(手取川の戦い)
  • 秀吉を中国方面の指揮官に任命(中国攻め)
天正6年(1578年)
  • 播磨国・別所長治が謀反(三木合戦、1580年まで)
  • 家臣・荒木村重が謀反(有岡城の戦い、1579年まで)
  • 毛利氏との水軍対決に勝利(第二次木津川口の戦い)
天正8年(1580年)
  • 正親町天皇の勅命のもとで本願寺と和睦、石山合戦が終結
  • 柴田勝家軍が加賀国を平定

最期

天正10年(1582年)
  • 武田を滅ぼす(甲州征伐)
  • 明智光秀の謀反によって非業の死を遂げる(本能寺の変)


 PAGE TOP