丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「本圀寺の変」信長の留守中を狙い、三好三人衆が逆襲!?
──永禄12年1月(1569年)

永禄12年(1569年)1月5日、突如として将軍義昭のいる仮御所・京都の本圀寺(ほんこくじ)が包囲された。敵は三好三人衆(三好長逸・三好宗渭・岩成友通)である。

三人衆といえば、かつての三好長慶政権を支えてきた重臣だが、長慶の死後は13代将軍・足利義輝を討っており、義輝の弟である将軍義昭にとっては因縁の敵であった。そして彼らは前年に信長と義昭の上洛軍に京都で敗戦し、阿波へ逃亡を余儀なくされていた。

今回の本圀寺の包囲は京都の奪還を狙ってのことであった。このとき、信長は本國寺の警護を明智光秀を中心とする近江・若狭の国衆に任せて、自らは本国の美濃へ帰国していたのである。両軍の主な参戦武将は以下。

信長・足利義昭連合

三好三人衆ら

  • 三好政康
  • 三好長逸
  • 岩成友通
  • 三好康長
  • 斎藤龍興
  • 他・・・

明智光秀や将軍義昭らは本國寺に立て篭る中、三好三人衆らが薬師寺貞春を先陣の大将として寺へ攻めかかってきた。

織田方に若狭衆の山県源内と宇野弥七という名の知れた2人の勇士がいた。彼らは大将の薬師寺貞春の旗本に切ってかかり、多くの敵に手傷を負わせるなど、堅固ではない本國寺で奮戦したが、最期は惜しくも槍に突かれて討ち死にを遂げてしまったという。

こうした奮戦もあって、負傷者や死人がごろごろと転がり、三好の軍勢は御所へ攻め入ることができなかった。そして、陥落に至らぬまま日暮れとなったため、三好勢は兵を収めて翌日の戦闘に備えることにした。

しかし、翌1月6日になると急報を聞きつけた畿内各地から足利・織田方の援軍が到着。細川藤孝、三好義継、池田勝正、摂津国衆の伊丹親興、荒木村重らが三好軍の背後から攻め寄せてきた。このため、不利を悟った三好勢は退却しようとするが、追いつかれて桂川河畔で交戦。結果的に優勢となった足利・織田方の勝利に終わり、三好方は高安権頭・林源太郎・小笠原信定らが討ち死に。

一方、同日に岐阜に急使が到着し、信長は本國寺が襲撃された旨の知らせを受けた。信長は直ちに上洛指令をだして京に向かうも、この日は珍しくあまりの大雪だったため、信長配下の人夫や下働きの者の中には凍死者が数人出たという。そうした中で信長は本来3日かかる行程を2日で走破し、1月8日に京都に到着したときには信長と同時に駆けつけたお供は10騎もなかったという。

本國寺に入った信長は御所が安泰な様子を見て、戦功のあった池田衆の池田正秀らを賞した後、本國寺防衛の脆弱性を危惧して二条城の造営を開始するのであった。


 PAGE TOP