丁寧に歴史を追求した "正統派" 戦国Webマガジン

「織田信雄」野心と処世術を併せ持つ信長次男

織田信雄の肖像画
織田信雄は織田信長の次男。信長死後、秀吉と対立したにもかかわらず、その後に豊臣・徳川時代を生き抜いて織田家を大名として存続させた処世術とは?

伊勢攻略のため、北畠の養子に

永禄元年(1558年)織田信長と側室・生駒吉乃(いこま きつの)の間に二男として誕生。幼名は "茶筅丸"(ちゃせんまる)。信長嫡男の織田信忠は同母の兄である。

永禄12年(1569年)には、信長による伊勢攻略で早くも大きな役割が与えられた。大河内城の戦いで最終的に北畠氏と和睦すると、その条件として北畠当主の北畠具房の養嗣子として送り込まれた信雄は、具房の妹・雪姫を娶って大河内城主になったのである。

元亀3年(1572年)には元服して"北畠具豊" と称し、天正2年(1574年)の伊勢長島一向一揆攻めでは北畠軍を率いて参戦している。天正3年(1575年)には、信長の圧力によって北畠具教・具房父子が隠居したため、大河内城から田丸城に入って北畠氏の家督を相続。 "信意(のぶおき)"に改名して北畠家当主となった。以後は北畠家の実権を握るため、家臣・津田一安の補佐の元で、家中に対して信意の活発な動きがみられている。また、同年の越前一向一揆討伐にも参戦して塙直政・滝川一益・神戸信孝・長野信良と共に転戦している。

一方で当主の座を奪われた具教やその側近らは快く思っておらず、信長との間には軋轢が生まれており、天正4年(1576年)には信長はついに北畠一門を根絶やしにすることを決意し、北畠氏への一斉攻撃を指示した。
具教のいる三瀬館が滝川雄利・柘植保重・加留左京進の軍勢に密かに包囲され、具教や側近らを殺害されると、同日、信雄は田丸城に北畠一門や家臣らを一斉に呼び寄せた上でまとめて殺害したのである。(三瀬の変)

こうして信雄は北畠家中を完全に掌握。このとき具房だけは信雄の養父となっていたことから、北畠一門で唯一助命されたが、その後は滝川一益に預けられて伊勢安濃郡河内に幽閉されている。

各地を転戦、伊賀攻めでは失態も・・

その後、天正5年(1577年)の雑賀攻め天正6年(1578年)の石山本願寺攻め、中国攻め(播磨出陣)、有岡城の戦いなど、織田政権の戦いの多くに従軍している。なお、1歳年上の兄信忠はこのころ既に織田家の家督を譲られ、合戦ではたびたび信長に代わって総大将を務めるなどしており、官位も従三位左近衛権中将となっていた。

こうした兄との差を感じたのか、信雄は天正7年(1579年)に伊賀国の制圧を狙って無断で攻めこんだ挙げ句、伊賀国の土着の武士らに大敗を喫して伊勢国へ逃げ帰っている(第一次天正伊賀の乱)。

このとき信長は信意を激しく叱責して、一時は親子の縁を絶とうとしたといい、以後は自分だけでなく嫡男・信忠にも忠誠を尽くすように命じている。

信長はこの一件で伊賀国の国人らを警戒するようになり、天正9年(1581年)の第二次天正伊賀の乱につながった。このときは信雄が総大将として大軍を率いて勝利し、伊賀国を平定して前回の汚名を返上している。

その後、織田家は天正10年(1582年)に大敵の武田氏をも滅ぼし(甲州征伐)、天下統一が目前にまで迫っていたが、重臣・明智光秀の謀反によって本能寺の変が引き起こされ、父信長、および兄信忠は無念の死を遂げた。信雄は仇討ちのため、近江国甲賀郡土山まで進軍したものの、戦わないまま撤退した。なお、フロイスや『日本西教史』によれば、本能寺の変後に安土城が放火されたのは信意のしわざとしており、暗愚(=おろか者)だと評している。

信長死後、織田家の覇権を狙うも・・

その直後の清洲会議では、織田家の後継者の座を狙うも、織田家の当主候補とはならなかった。しかし、尾張・伊賀・南伊勢の約100万石を拝領し、このときに織田姓に復して "信勝"、次いで "信雄" と称している。

信長の死によって甲斐・信濃・上野国といった武田の旧領は、すぐに徳川氏・北条氏・上杉氏らの争奪戦となり、最期は徳川・北条の双方の和睦で終結したが、このときに信雄は双方の和睦を仲介している(天正壬午の乱)。

一方で織田家中では羽柴秀吉柴田勝家が織田家の覇権争いで対立し、天正11年(1583年)には織田家を二分する争い・賤ヶ岳の戦いが勃発したが、信雄は秀吉方として参戦し、勝家に味方して岐阜城に籠もる弟の信孝を攻めて降伏させた。戦後は秀吉方の勝利により、信雄は北伊勢・伊賀を加増され、三法師の後見として安土城へ入城したが、秀吉に退去させられている。

やがて秀吉との関係が悪化すると、天正12年(1584年)には、徳川家康を頼って秀吉に対抗したが、結局は秀吉に降伏して家康に無断で単独講和してしまった小牧・長久手の戦い

豊臣・徳川政権では処世術を発揮

以後は秀吉に臣従し、佐々成政討伐のために富山の役(1585年)に従軍。また、天正14-15年(1586-87年)に行なわれた九州征伐では、出陣する秀吉を勅使らとともに見送り、戦後は内大臣に叙任した。

天正18年(1590年)には豊臣政権による北条討伐(小田原征伐)にも従軍したが、戦後の国替えに対して拒否したことで秀吉の怒りを買い、改易させられてのちに下野国へ流罪となって出家し、"常真" と号した。その後は出羽国秋田、さらに伊予国へと流された。

文禄元年(1592年)には秀吉による朝鮮出兵(文禄の役)がはじまるが、このとき信雄は家康の仲介によって赦免され、御伽衆に加えられて大和国に少しの所領を与えられた。また、朝鮮出兵の前線基地として築かれた肥前名護屋城にも兵を率いて着陣したと伝わる。

秀吉の死後、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは大坂で傍観し、戦後は豊臣家に出仕したが、徳川家と豊臣家の戦いとなった大坂の陣の直前になって徳川方へ転身している。豊臣滅亡後は家康から大和国宇陀郡、上野国甘楽郡などで5万石を与えられ、のちに京都に隠居し、茶や鷹狩りなどのんびりと過ごした。


 PAGE TOP