あなたの好きな戦国武将が詳しく丸ごと早わかり! 最大級の戦国まとめサイト

織田信孝

織田信孝(おだ のぶたか、1558-1583年)は織田信長の三男。信長の伊勢攻略の際に、降伏した神戸城城主・神戸具盛の養子となって、のちに神戸氏を継ぐ。

信長の死後、清洲会議では柴田勝家の推挙もあって織田家の相続を望むも、三法師を擁した秀吉に退けられた。その後、秀吉と対立して勝家とともに戦うが、敗戦して自害に追い込まれた。

経歴

織田信孝は1558年(永禄元年)に織田信長の三男として誕生。

幼名は "三七郎" といい、実際には兄・織田信雄より20日ほど先に生まれたが、信長の耳に入るが遅く三男とされたといい、また、母の身分が低かったことから二男・信雄とは差別されていたという。

1568年(永禄11年)、信長の伊勢攻略において、北伊勢の国人領主・神戸具盛を降伏させたときの和睦条件として神戸具盛の養子となっている。

その後、三七郎は神戸具盛に冷遇されていたが、これに怒った信長は1571年(元亀2年)に具盛を幽閉。翌1572年(元亀3年)に信孝は神戸氏の家督を継いで元服し、相続後は神戸検地と呼ばれる検地を行うなど、領地経営に力を注いだ。

軍事・行政両面で活躍

織田家の軍事においては長島一向一揆(1574-75年)、越前一向一揆(1575年)との戦い、三瀬の変(1576年)、紀州征伐(1577年)、有岡城の戦い(1578年)などに参戦。

また、一方で以下のように行政官としての活躍もみられた。

  • 村井貞勝を補佐して在京し、禁裏との交渉を担う。(1580年)
  • 伊勢国で神戸城の改築。(1580年)
  • 甲州征伐(1582年)のきっかけとなった武田家臣・木曾義昌の離反の際に仲介役を務める。

信孝の官位

信孝は1577年(天正5年)には従五位下に叙位、侍従に任官しているが、このとき既に兄の信忠は従三位左中将、信雄は従四位下左中将となっていた。

また、1581年(天正9年)の京都馬揃えでは織田信忠、織田信雄、織田信包に続いて4番目に位置していたようである。

四国攻め総司令官へ

1582年(天正10年)の本能寺の変の直前には四国攻めの総司令官に任ぜられ、讃岐一国を与えられた。
このとき副将に織田四天王の一人・丹羽長秀や従兄弟の津田信澄らを付されている。

信長が明智光秀の謀反によって討たれたとき、信孝は織田重臣らの中で本能寺に最も近い位置にいたが、逃亡兵が相次いだことで明智討伐に向かえず、羽柴秀吉隊との合流を待つしかなかった。それでもその間に明智光秀の娘婿・津田信澄を共謀者とみなして殺害するなど、父の仇討ちに向けて意気盛んであったようである。

そして、秀吉と合流後は名目上の総大将として山崎の戦い(1582年)に参戦し、光秀を討った。

天下人の野望を果たせず

その直後の清洲会議では、信孝が柴田勝家によって後継者候補として担ぎ出されたが、秀吉が推薦した信忠の遺児・三法師が後継者となっている。
その結果、信孝は三法師の後見役とされ、信長とともに散った兄・信忠の領地の美濃国を与えられるにとどまった。

この会議で重臣筆頭の地位にあった柴田勝家は秀吉にとって替わられ、織田家中で秀吉と勝家による権力抗争が始まることとなる。

秀吉と勝家は互いに周囲の勢力を取りこもうと盛んに調略を行なう中、信孝は勝家に味方して秀吉と対立した。 同年末には秀吉軍に岐阜城を囲まれ、信孝は降伏して三法師を秀吉に引き渡した挙げ句、母と娘らを人質として提出させられている。

1583年(天正11年)に賤ヶ岳の戦いが勃発すると、信孝は再度挙兵して勝家に味方したものの、秀吉に味方した兄・信雄によって岐阜城を包囲され、さらに勝家が敗北して自害。
こうして信孝も降伏を余儀なくされ、壮絶な最期を遂げている。

その最期というのは、切腹の際に腹をかき切って腸をつかみ出し、床の間にかかっていた梅の掛け軸に投げつけたと伝わる。

略年表

  • 1558年(永禄元年)、織田信長の三男として誕生。
  • 1568年(永禄11年)、伊勢の国人領主・神戸具盛の養子となる。
  • 1572年(元亀3年)、神戸氏の家督を継ぎ、元服する。
  • 1574-75年(天正2-3年)、長島一向一揆、越前一向一揆の平定戦に参加。
  • 1576年(天正4年)、三瀬の変に参加。
  • 1577年(天正5年)、紀州征伐に参戦、同年、従五位下に叙位、侍従に任官する。
  • 1578年(天正6年)、有岡城の戦いに参戦。
  • 1580年(天正8年)、村井貞勝を補佐して在京し、禁裏との交渉にあたる。同年、神戸城の改築を行なう。
  • 1582年(天正10年)、四国攻めの総司令官に任ぜられる。信長横死後は山崎の戦いに参戦。清洲会議では三法師の後見役に決まる。
  • 1583年(天正11年)、賤ヶ岳の戦いで勝家方につくも、降伏して自害。享年26。


 PAGE TOP